アコムの即日借入のメリットとデメリットは?審査方法や申し込み手順も解説!

アコムは最短当日でお金が借りられると人気の大手カードローン会社です。

中にが、今すぐお金が必要でアコムの利用を考えている方もいるかもしれません。

アコムでは最短20分で融資が可能です。

この記事では、アコムの当日借入のメリットとデメリット、審査方法や申し込み手順を詳しく解説します。

また、審査方法や注意点もあわせて紹介するので、アコムの当日借入を検討している方はぜひ参考にしてください。

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム
出典:アコム
  • 2ステップで申込み可能
  • 借り入れまでスマホ1つでOK
  • セブン銀行で手続きできる
最短20分で融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス※1無利息期間保証人不要学生OK※2独自基準審査
金利年3.0~18.0%
無利息期間最大30日間
融資時間最短20分※3
※1.収入証明書が必要な場合あり※2.20歳以上の方に限る.安定した収入がある方であればご利用可能 ※3.お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
目次

アコムの当日借入の特徴

アコムは当日借入が受けられる消費者金融カードローンです。

アコムのメリットとデメリットを解説する前に、アコムの特徴を確認しましょう。

当日借入が受けられるアコムでは、30日間の無利息期間があることをはじめとした3つの特徴があります。

  • 30日間無利息期間がある
  • 最短20分で融資を受けられる
  • 返済方法が選べる

それぞれ、解説します。

30日間無利息期間がある

アコムには契約日の翌日から30日間の無利息期間があるため、30日以内に完済すれば利息がかかりません

たとえば10万円を借りた場合、無利息期間内に完済すれば元本以外の返済はありません。

一方、無利息期間内に7万円のみ返済した場合、残った3万円に対して利息が発生します。

期間は初めて借り入れした日ではなく、契約日の翌日から30日間であるため間違えないように注意しましょう。

アコムの利息は3.0~18.0%ですが、初めての利用では多くの場合が18.0%の利息が適用されます。

無利息期間を活かし、早めに返済しましょう。

最短20分で融資を受けられる

アコムでは最短20分で融資を受けられるため、当日借入が可能です。

アコムの公式サイトには、3秒診断と呼ばれる簡単なシミュレーションがあります。

シミュレーションを利用し、自身が当日借入を受けられるかを即座に判断しましょう。

申し込みは基本的にスマートフォンのみで完結しますが、急を要する場合や確認事項がある場合、アコムから電話がかかってくることもあります。

可能な限り電話に出られる状況のときに申し込みましょう。

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

返済方法が選べる

アコムは次の5つの返済方法に対応しています。

  • インターネット
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 振り込み
  • 口座振替(自動引き落とし)

インターネットやアコムATMでは返済手数料が無料であるため、積極的に活用しましょう。

アコムATMが近くになく、インターネットでの返済が難しい場合、提携ATMを利用しましょう。

セブン銀行ATMでは、アコム専用アプリのQRコードを利用して返済できるため、便利です。近くにセブン銀行のATMがある方は利用してみてください。

アコムで融資を受ける際のメリット

ここでは、当日借入が受けられるアコムのメリットについて、次のポイントでそれぞれ詳しく解説します。

  • 土日祝日も対応してもらえる
  • ATMを利用すれば借り入れや返済手数料無料になる
  • 女性専用ダイヤルがある
  • 楽天銀行口座があれば最短10秒で借り入れできる
  • キャッシング機能付きクレジットカードが即日発行できる

他のカードローンと迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

土日祝日も対応してもらえる

アコムは土日祝日でも申し込みを受け付けているほか、振り込みでの当日借入も可能です

平日昼間に学校や仕事があり忙しい方は、アコムを利用しましょう。

ATMを利用すれば借り入れや返済手数料無料になる

アコムでは借り入れの際も、方法を選べば手数料がかかりません。

アコムの借り入れ方法は、次のとおりです。

  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 振り込み

上記のなかで手数料が無料なのは、アコムATMと振り込みです

借り入れ時はアコムATMかインターネット、返済時はアコムATMか振り込みを利用し手数料を抑えましょう。

楽天銀行口座があれば最短10秒で借り入れできる

アコムと楽天銀行は提携しており、0時10分~23時49分の間であれば最短10秒で借り入れできます

すぐに現金を受け取れるため、緊急時でも安心です。楽天銀行には店舗がなく、Web申し込みで口座を作れます。

他の銀行口座では振り込みが最大で翌営業日以降となるため、楽天銀行口座の開設がおすすめです。

キャッシング機能付きクレジットカードが即日発行できる

アコムでは、キャッシング機能付きクレジットカードも即日発行可能です。消費者金融のカードを持ち歩いていると、借金があるのではと周りの方に噂される可能性があります。

しかしアコムが発行するACマスターカードは普通のクレジットカードとしても利用できるため、お金を借りていると明らかになるケースは少ないです。

ショッピングでも利用できるカードが欲しい場合は、ACマスターカードを発行しましょう。

アコムで融資を受ける際のデメリット

アコムで当日借入を受ける際のデメリットは次のとおりです。

  • 審査に時間がかかるケースがある
  • 成人になったばかりの方は審査に通りにくい
  • 銀行系のカードローンより金利が高い

また成人されたばかりの方や年収が低い方などは審査に通りにくいです。安定した収入源を作り、前もって申し込むことがおすすめです

ここからはアコムを利用する際のデメリット、当日借入の注意点をそれぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

審査に時間がかかるケースがある

アコムで当日借入が受けられるのは、問題なく順調に審査が完了した場合のみです。

過去、お金に関するトラブルを起こしていた場合は審査時間が伸びる可能性があります。

カードローン審査に影響する内容は、次のとおりです。

  • 返済の遅れ
  • 債務整理の経験
  • 他社の借り入れ状況
  • 年齢や年収
  • 住居の形態

携帯料金の支払いが遅れている場合も、審査で問題となります。

またキャンペーン時や年末年始など、多くの方がカードローンに申し込む時期には審査が混み合います

審査が遅れた場合に備え、余裕をもって申し込みましょう。

成人になったばかりの方は審査に通りにくい

満20歳以上の方であれば、アコムで借り入れできます。

しかし借り入れするためには安定した収入が必要であるため、成人したばかりで勤務期間が短い方は不利になる可能性が高いです。

また実家の場合や賃貸住宅に住んでいると、審査に通りにくいとされます。

銀行系のカードローンより金利が高い

アコムの金利は銀行系カードローンより高めであるため、返済の負担が重くなる可能性があります。

カードローン全体の傾向として、銀行系カードローンは実質年率が低く設定されていますが、審査が厳しい傾向です。

対して消費者金融カードローンは、実質年率が高いものの審査に通りやすいカードローンとして知られています。

例を挙げるとアコムの金利が3.0~18.0%なのに対し、三井住友銀行カードローンの金利は1.5~14.5%と低めです。

当日借入が受けられるかどうかを踏まえ総合的にさまざまなサービスを検討しましょう。

アコムの当日借入の方法と流れ

ここでは、インターネット、自動契約機、電話の3つに分け借り入れ方法を解説します。

それぞれの方法の流れを確認して、いつでも借り入れできるようにしましょう。

インターネットを利用する場合

時間や場所を問わずなるべく早く融資を受けるなら、インターネットがおすすめです。

インターネット申し込みなら24時間365日申し込み可能なうえ、最短20分で融資を受けられます。

公式サイトの「今すぐお申し込み」で必要事項を入力し、申し込みましょう

ローンカードなしでも借り入れできるため、契約後はすぐにお金を受け取れます。

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

自動契約機を利用する場合

契約が完了したら、自動契約機を利用して当日借入を受けましょう。

自動契約機は全国各地に設置されており、ATMも併設されています

ATMを利用して借り入れする際はアコムのカードを入れ、契約時に決めた暗証番号4桁を入力しましょう。融資のボタンを押して借り入れ金額を入力すれば完了です。

電話を利用する場合

近くに店舗がないものの直接話しながら契約したい場合、電話を利用しましょう。アコムでは0120-07-1000から電話で借り入れの申し込みができます。

利用手順や必要書類の提出方法については、電話で詳しく確認しましょう。

ただし電話で当日借入を受けられるのは、18時までの申し込みです。審査に時間がかかる可能性もあるため、17時までには電話して申し込みの手続きを始めましょう。

アコムの当日借入の審査

アコムの審査基準について、公式ですべて明らかになっている訳ではありません。

しかし一般的なカードローン会社では、年収と借り入れ希望額のバランスが重要です。アコムで当日借入を受けるため、審査のポイントや必要書類を確認しておきましょう。

審査基準

アコムの申し込み条件は、次のとおりです。

  • 満20歳以上の方
  • 安定した収入、返済能力がある方
  • アコムの基準を満たす方

上記の条件を満たしていない状態では、収入が高くても借り入れできません。

またアコムで借り入れを申し込む際には、次の情報が必要です。

  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所
  • 住居の形態
  • 勤務先及び勤続年数
  • 年収
  • 他社の借り入れ額

名前や電話番号、住所は契約するための必須項目ですが、同時に信用情報機関への問い合わせに必要な情報です。

過去にお金に関してトラブルを起こしている場合、信用情報に問題があるとされ審査に落ちる可能性が高くなります。

必要書類

アコムの審査に必要とされる書類は、原則本人確認書類のみです

しかし借り入れ希望額が50万円を超える場合や借り入れ希望額と他社の借り入れ額が合計で100万円を超える場合、収入証明書類が必要です。

また本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合、もしくは本人確認書類に住所が記載されていない場合は、補助書類が必要になります。

アコムに提出すべき書類は、次のとおりです。

スクロールできます
本人確認書類・運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)
・マイナンバーカード
・パスポート
・保険証
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
収入証明書類・源泉徴収票
・市民税、県民税額決定通知書
・確定申告書、青色申告書、収支内訳書
・給与明細書
・所得証明書
補助書類・公共料金の領収書
・住民票の写し
参照元:【アコム公式】必要書類

それぞれ最低でも最新のものを1種類用意しましょう。

借り入れしやすくなる方法

アコムで借り入れするためには、情報を正確に入力する必要があります

虚偽の情報を入力した場合は年収や住居の形態にかかわらず、審査に通りません。

また信用を得るためには、電話による在籍確認も重要です。

当日借入を受けるため、アコムの審査方法を確認しておきましょう。

他社から借りない

他社に借金がある場合とない場合では、ない方が借り入れしやすくなります。

ほかの会社からもお金を借りていると、お金に困っているのではと判断され返済遅れを心配されます。

すでに他社から借りている場合、なるべく返済を進めて借り入れ額を減らしましょう

他社から多額の借り入れているからといって、嘘をついてもすぐに明らかになります。

嘘をつくと収入にかかわらず審査に落ちてしまうため、借り入れ金額は正確に申告しましょう。

情報を正確に記載する

名前や住所など申し込みに必要な情報は、正確に入力しましょう。

誤字や脱字によっても、虚偽申告を疑われる場合があります。

他社の借り入れ額や会社の住所などは間違えやすい点であるため、正確な情報が記入できているか提出前に確認してください。

仮に間違った情報を記載して提出してしまった際は、窓口に電話して申し込み内容に間違いがあったことを伝えましょう。

アコムから当日借入を受けるためには、信用されることが大切です。

利用限度額は必要最低限にする

利用限度額は必要最低限の金額で申し込みましょう。年収に合わない高めの利用限度額では、返済が難しいとされ審査に通りにくくなります

余裕を持って申し込んでおきたいと考える方もいますが、まずは必要最低限の額で申し込みましょう。

利用限度額が足りない場合、申請すればあとから増額できます。

在籍確認の電話に対応する

審査するうえで、勤務先で実際に働いているかどうかは非常に重要です。アコムは原則、勤務先への連絡を実施しません。

しかし審査の状況によっては在籍確認の連絡が入るため、丁寧に対応しましょう。

自身が電話に出られなくても、他の方が「〇〇は本日休みです」、「〇〇は外出中です」などと対応すれば問題ありません。

またアコムの担当者は個人名を利用して電話をするため、お金を借りていると明らかになる可能性は低いです。

アコムの当日借入の振り込み時間

アコムは24時間365日融資の申し込みに対応していますが、登録している銀行口座によって振り込み時間が異なります。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の振り込み時間は、次のとおりです。

スクロールできます
日時受付時間振り込み実施の目安
月曜日0:10~8:59
9:00~23:49
当日9:30頃
受付完了から1分程度
火曜~金曜日0:10~23:49受付完了から1分程度
土日祝日0:10~8:59
9:00~19:59
20:00~23:49
当日9:30頃
受付完了から1分程度
翌日9:30頃

その他金融機関の場合、振り込み実施時間拡大(モアタイム)金融機関であれば振り込み時間は次のとおりです。

スクロールできます
日時受付時間振り込み実施の目安
月曜~金曜0:10~8:59
9:00~17:29
17:30~23:49
当日9:30頃
受付完了から1分程度
翌営業日9:30頃
土日祝日0:10~23:49翌営業日9:30頃

モアタイム金融機関でない場合、振り込み時間は少し遅くなります。

スクロールできます
日時受付時間振り込み実施の目安
月曜~金曜0:10~8:59
9:00~14:29
14:30~23:49
当日9:30頃
受付完了から1分程度
翌営業日9:30頃
土日祝日0:10~23:49翌営業日9:30頃

モアタイム金融機関かどうかは、アコム公式サイトのこちらのページで確認しましょう。

インターネット申し込みの場合

インターネットの場合は、24 時間365 日申し込み可能です。

アコム公式サイトか、スマートフォンのアプリで申し込みましょう。

振り込みで借りる手順は公式サイトの場合、次のとおりです。

  1. マイページにログインする
  2. 「振り込みで借りる」を選択する
  3. 必要な情報を入力する
  4. 確認画面で「送信」を選択して完了

アプリを利用する場合は、次のとおりです。

  1. アコムのアプリを開く
  2. メニュー内「お金を借りる」から「口座振り込みで借りる」を選択する
  3. 必要情報を入力する
  4. 確認画面で「お申し込み」を選択して完了

アプリでは利用状況や返済期日がすぐに確認できるため、普段公式サイトを利用している方もアプリをダウンロードしておきましょう。

アコムの当日借入を受ける際の注意点

当日借入を希望する際には、店舗の休業日や在籍確認について注意しましょう。

アコムでは24時間365日融資が受けられると明記されていますが、店舗の営業は平日のみであり、土日祝日はお休みです

また申し込んでも当日中に借りられない場合があるため、注意点をあらかじめチェックしておきましょう。

土日祝日は店舗がお休みになる

アコム店舗では土日祝日が休業日となるため、来店する際は注意が必要です。

また申し込みを含む、はじめてアコムを利用する方向けのフリーコールは24時間365日受け付けです。

しかしすでにアコムを利用中の場合、総合カードローンデスクの受付は平日9時~18時であり土日祝日は営業していません。

土日祝日にトラブルがあった際は、まずよくある質問を確認しましょう。

勤務先への在籍確認が必要なケースがある

アコムは原則として、勤務先への電話による在籍確認を実施していません

しかし審査の過程で、勤務先への連絡が必要であると判断される場合もあります。

電話による在籍確認が必要と判断された場合に備え、勤務先の営業日に申し込みましょう。

当日借入を受けるためには20時半までの申し込みが必要

アコムで当日借入を受けるためには、時間制限があります。

自動契約機は基本的に21時まで稼働していますが、余裕を持って最低でも20時半までに申し込みましょう。

また電話による申し込みは18時までであるため、つながるまでの待ち時間も含めて17時前後までに連絡しましょう。

アコムの当日借入の返済方法

アコムでは複数の返済方法から自身に適したものを選択できます。

  • インターネットから返済
  • アコムのATMから返済
  • 振り込みで返済
  • 口座振替で返済
  • 提携ATMから返済

あとで戸惑わないよう、基本的な返済方法をあらかじめ確認しておきましょう。

インターネットから返済する

インターネットバンキングを利用している場合、ATMに行かなくてもインターネットから返済できます。

返済の手順は次のとおりです。

  1. マイページにログインし「インターネットで返す」を選択
  2. 必要情報を入力して「金融機関でお手続きを進める」を選択
  3. 利用しているインターネットバンキングを選択してログイン
  4. インターネットバンキング上で決済口座を選択し、支払いを実行
  5. 通常30分以内にマイページトップの残高が変更されれば完了

ただし口座にお金が入っていないと返済ができません

またインターネットバンキングの利用にはIDやパスワードが必要となるため、焦らないよう事前に確認しましょう。

アコムのATMから返済する

アコムATMでの返済は、手数料無料で24時間対応です。公式サイトから近くのアコムATMを見つけておきましょう。

アコムのATMで返済する際はカードが必要であるため、忘れずに持参してください。

返済の流れは次のとおりです。

  1. カードをATMに入れて4桁の暗証番号を入力
  2. ボタンの中から「ご返済」を選択
  3. 現金を投入口に入れ「読取」を選択
  4. 画面表示の金額を確認し「確認」を選択
  5. 明細書とカードを受け取る

ATMでは1千円未満の端数の支払いができないため、端数はインターネットを利用して返済しましょう

残った端数は無利息残高として扱われるため、利息が付きません。焦らずにインターネットバンキングから返済してください。

振り込みで返済する

アコムの口座に振り込みをおこなうことでも、返済できます。振り込みの手順は、一般的な銀行振り込みの方法と同じです

アコムの公式サイトからマイページにログインし、振り込み先を確認しましょう。

口座振替で返済する

口座振替で返済する場合は、契約後に申し込みましょう。

口座振替の申し込み方法は次のとおりです。

  1. マイページにログインし「口座振替(自動引き落とし)申し込み」を選択
  2. 引き落とし対象の金融機関口座が表示されていることを確認し、「次へ」を選択
  3. 表示された内容を確認し、「金融機関サイトへ」を選択
  4. 金融機関サイト上で手続きを済ませる
  5. 申し込み完了画面が表示されたら完了

口座振替では毎月決まった額が自動で引き落としされます。

返済日を忘れてしまいそうな場合、口座振替を利用しましょう。

提携ATMから返済する

提携ATMではアコムのカードを入れることで、返済の画面が表示されます。ATMの種類ごとに操作方法が異なるため、画面の案内を確認しましょう。

一例ですがセブン銀行ATMでの返済手順は、次のとおりです。

  1. カードをATMに入れて取引の中から「ご入金(返済)」を選択
  2. 4桁の暗証番号を入力し、入金する口座を選択
  3. お金を入れて入金内訳に問題が無ければ「確認」を選択
  4. 明細書とカードを受け取る

取引額が1万円未満の場合は110円(税込)、1万円以上の場合は220円(税込)の手数料が必要となるため、節約のため他の返済方法も検討しましょう。

まとめ

今回はアコムの当日借入のメリットとデメリット、当日借入を受ける方法や審査の注意点を解説しました。

アコムは最短20分、申し込み後は最短10秒でお金を受け取れる便利な消費者金融です。

怪我や病気で給料が少なくなったとき、急にお金が必要になったときは、アコムでの当日借入を検討しましょう。

ただし、銀行カードローンよりも金利が高い、成人したばかりの方は審査に通りにくいなどのデメリットもあります。

他のカードローンも含め、慎重に借り入れ先を選びましょう。

※本記事の情報は2023年2月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
アコム

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトにはプロモーション広告を含みます。なお、掲載されている広告の概要や評価等は事実に反して優遇されることはありません。
※マネーの庭では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

目次