低金利のおすすめカードローン12選!金利を下げる方法や利用時の注意点を解説

お金を借りたいと考えており、「低金利のカードローンを知りたい」「複数のカードローンを比較したい」と悩んでいる方は少なくないでしょう。

カードローンの種類によって金利は異なるため、返済の負担を減らすためには低金利のカードローンを選ぶことが重要です。

さまざまなカードローンを知り、金利のみならずサービス面でもしっかりと比較しましょう。

今回の記事では、低金利のおすすめカードローンやそれぞれの特徴、比較すべきポイントについて解説します。

低金利のカードローンを探している方、さまざまなカードローンを比較検討したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【目的別】大手カードローン会社比較表

スクロールできます
大手会社融資時間審査時間審査基準公式サイト

アコム
最短20分※1


簡単診断する


最短20分


銀行傘下審査


詳細を見る
プロミス
プロミス
最短3分2


簡単診断する


最短3分2


銀行傘下審査


詳細を見る

SMBCモビット
最短60分2


簡単診断する


10秒簡易審査


独自審査


詳細を見る
※1 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

\今すぐおすすめを見る!/低金利のおすすめカードローン12選!

目次

低金利のカードローンとは

おすすめのカードローンを紹介する前に、まずはカードローンの基本情報、金利の仕組みを理解しておきましょう。

金利(利率)とは

金利(利率)は、借り入れをした金額に対して支払わなければならない年間利息の割合です。

金利が高ければ高いほど支払わなければならない利息が高くなるため、金利の低いカードローンを選ぶことは重要です。

低金利と呼べる目安

消費者金融をはじめとする貸金業者における金利の平均は3.8%〜18.0%程度であるため、低金利と呼べるカードローンの目安は、年間利率1.5%〜15.5%程度でしょう。

ただし消費者金融や信販会社と比較して、銀行のカードローンの方が平均的に低金利とされています。

低金利のカードローンを探している方は、消費者金融のみならず銀行のカードローンも検討してみてください。

利息の計算方法

利息の計算式は、「借り入れ残高×利率×借り入れ期間」です

毎月の返済により借り入れ残高が減少すれば、支払わなければならない利息も減少します。

自身の借り入れ金額に応じた利息額の合計が知りたい方は、上記の計算式を用いて計算してみてください。

カードローンとフリーローンの異なる点

カードローンは専用のカードを用いて金銭を借り入れる個人向けのローンサービスであり、幅広い金融機関で取り扱われています。

一方、フリーローンは主に銀行が取り扱う個人向けローンです。カードローンとフリーローンについては、次の表で比較してみてください。

スクロールできます
カードローンフリーローン
借り入れ可能回数利用可能額以内であれば何度でも借り入れ可能1回の利用につき借り入れられる回数は1回まで
金利比較的高め比較的低め
融資スピード早い利用ごとに契約の必要あり
返済金額毎月の返済額が変動する場合ありあらかじめ定めた金額を毎月返済
借り入れ金額の管理きちんと借り入れ金額を自身で管理する必要がある一度で融資金を受け取り毎月一定額を支払うため、借り入れ金額の管理がしやすい

金利のみで見れば、フリーローンのほうが低めです。しかしフリーローンでは融資までに時間がかかるため、すぐにお金が必要なときはカードローンを検討してみてください

低金利カードローンの選び方!比較すべきポイント

ここでは、自身に適した低金利カードローンを選ぶポイントについて解説します。

申し込み条件

カードローンには申し込み条件が設定されており、条件を満たせなければ借入ができません。

一般的なカードローンでは、年齢のほか、一定の収入が条件となっています

利用限度額

カードローンの利用限度額は、利用者の経済状況や年齢、職業や勤続年数や他社からの借り入れ状況により変動します。

また融資をする会社やカードローンの種類により、同じ条件でも利用限度額が変わる可能性もあります

カードローンの種類ごとに、自身の条件で最大どのくらい借りられるのか比較してみてください。

上限金利

銀行カードローンの上限金利は、一律で年間あたり20.0%と定められています。

低金利のカードローンを探している場合は、上限金利がなるべく低いカードローンを選びましょう。

実質年率

実質年率は、借り入れ金額の利息に諸経費を加えて計算し直した実際の年率です。

実際に支払う金額は実質年率で計算されることから、実質年率を重視する方は少なくありません。

実際に支払うべき金利は、「借り入れ残高×実質年率÷365×借り入れ日数」で計算できます。

諸経費を含めた実質年率をポイントとして、カードローンを比較してみてください。

利息無料期間の有無

カードローンによっては、利息無料期間が設定されています。利息無料期間とは、初回の借り入れから一定期間内に返済をすれば利息がかからない期間です。

短期で返済できる金額の借り入れであれば、利息無料期間があるカードローンを選びましょう。

用途制限の有無

自動車ローンや住宅ローンの場合は借りたお金の用途が決まっている一方、カードローンには基本的に用途制限がありません。

ただし個人利用を想定したサービスであるため、事業用の資金には使用できません。

他にも用途制限が存在する可能性があるため、申し込み前に確認しておきましょう。

審査基準

カードローンの審査基準は運営している会社により異なります。

審査基準や難易度は公表されていないものの、口コミで審査の様子を確認してみてください

審査に落ちた場合でも、原因は公表されません。自身の生活を振り返り、改善できる点は変えていきましょう。

毎月の最低返済額

カードローンでは、毎月の最低返済金額が定められています。

毎月支払える金額を事前に計算し、支払い可能額に合うカードローンを選びましょう

返済計画に無理があると返済の遅れにつながるため、きちんと計画を立ててから借り入ることが大切です。

振り込み融資に対応しているか

振り込み融資とは、利用者が指定した口座に借りたお金が直接振り込まれる形式です。

振り込み融資に対応しているカードローンであれば、スピーディに現金を受け取れるでしょう。

すぐに現金が必要な場合は、振込融資に対応したカードローンかどうか確認してみてください。

提携ATMの多さ

提携ATMが多いと、借り入れ際に便利です。

とくにコンビニのATMと提携しているカードローンであれば、外出先でより手軽に利用できます

申し込みのまえには、提携ATMの数や自宅の最寄りの提携ATMについて調べておきましょう。

サービス内容

カードローンには入会金や年会費が無料のもの、担保や保証なしで借り入れられるものなどが多く存在しています。

具体的なサービス内容を比較し、自身に適したカードローンを探すことが大切です。

キャンペーン内容

タイミングによっては、キャンペーンを実施しているカードローンもあります。

キャンペーン内容はカードローンによってさまざまですが、利息無料期間の延長やポイントプレゼント、金利優遇などを期間限定で実施していることもあります

カードローンに申し込みをする際は、現在実施しているキャンペーンの情報を確認してみてください。

固定金利と変動金利

カードローンには、固定金利と変動金利の2種類があります。

固定金利とは、借り入れをした際に決められた金利が維持される仕組みです。

一方で変動金利とは、状況により返済の途中でも金利が変化する可能性があるものです。

変動金利の場合、金融情勢の変化により金利が変動します。

金融情勢や自身の希望を踏まえ、どちらの金利にするか選択してみてください。

\今すぐおすすめを見る!/低金利のおすすめカードローン12選!

カードローンのメリット

カードローン以外にも、お金を手に入れる方法は多数あります。ここではほかの方法と比べ、カードローンがどのような点で優れているか解説します。

即日融資してもらえる可能性がある

カードローンは審査が早く、最短30秒で仮の審査結果が表示される会社もあります。

そのため借り入れを急いでいる場合は、カードローンがおすすめです。

対応の早いカードローンであれば、即日で融資を受けられるケースもあります。

インターネットやアプリから申し込みできる

多くのカードローンでは、申し込みがWebで完結します。

インターネットやアプリを用いて簡単に申し込みできるため、窓口へ行く時間や手間を減らせるでしょう。

使い道の自由度が高い

カードローンは、個人利用であれば用途制限がありません。

そのため使い道の自由度が高く、生活費や娯楽費、結婚式や旅行などまとまったお金が必要なタイミングで利用できます。

残高スライド方式であれば計画的に利用しやすい

カードローンの多くは、残高スライド方式を採用しています。

残高スライド方式とは、借り入れ残高に応じて毎月一定額の返済をおこなうシステムです。

返済金額が毎月一定で変わらないため、残高スライド方式のカードローンであれば計画的に利用しやすいでしょう。

\今すぐおすすめを見る!/
低金利のおすすめカードローン12選!

カードローンのデメリットと注意点

続いて、カードローンのデメリットや注意点について解説します。

金利は高く設定されている

消費者金融が運営するカードローンは、フリーローンと比較して金利が高めです。

長期的に返済する場合、金利の高さが影響して支払い総額が高くなる可能性は十分にあるでしょう。

ただし短期間で返済できる場合、支払う総額に大きな違いはないといえます。

審査が厳しい

銀行のカードローンは金利が低く借り入れ限度額が高いため、審査が厳しいとされています。

収入や勤続年数、借入状況に不安がある場合、低金利でお金を借りるのは難しいでしょう。

なお、消費者金融が提供するカードローンは銀行ほど審査が厳しくありません。

審査に通るか不安な場合は、消費者金融が運営するカードローンを選びましょう

専用口座が必要な場合もある

銀行カードローンを利用する場合、指定の銀行口座が必要になるケースは少なくありません。

そのため場合によっては、新たに銀行口座を作成する手間がかかる可能性があります

銀行カードローンを利用したい場合、もともと口座を持っている銀行への申し込みをまず検討してみてください。

低金利のおすすめ消費者金融カードローン12選

ここからは、低金利のおすすめ消費者金融カードローンを紹介します。

アコム

アコム
出典:アコム
  • 2ステップで申込み可能
  • 借り入れまでスマホ1つでOK
  • セブン銀行で手続きできる
最短20分で融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス※1無利息期間保証人不要学生OK※2独自基準審査
金利年3.0~18.0%
無利息期間最大30日間
融資時間最短20分※3
※1.収入証明書が必要な場合あり※2.20歳以上の方に限る.安定した収入がある方であればご利用可能 ※3.お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムは、すべてWebから手続きができるカードローンです。

申し込みから振り込みまですべての手続きが自宅でできるため、手軽に利用できるでしょう。

さらに24時間手続きができるため、契約後はいつでも融資を受けられます。

知名度も高く信頼のある会社のため、初めての借り入れにもおすすめです。

アコムは楽天銀行と提携しており、楽天銀行口座がある場合は振り込みまで最短10秒で完了します

楽天銀行ユーザーの場合、まずはアコムを検討してみてください。

SMBCモビット

SMBCモビット
  • セブン銀行のカードレス対応
  • 返済でTポイントが貯まる
  • 最短10秒のスピード事前審査
即日融資可能24時間申込WEB完結郵送物なし電話なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1WEB完結申込時
金利年3.0%~18.0%
無利息期間
融資時間最短60分※1
※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは、三井住友カードが提供するカードローンブランドです。

最短10秒で簡易審査の結果がわかるうえ、本審査も最短30分で完了するため急いで融資を受けたい方に向いています。

またLINEで連携するとお得な情報やサービスの案内を受け取れます。

Tポイントも貯められるため、Tポイントを活用している方はSMBCモビットの利用を検討してみましょう

プロミス

プロミス

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

  • 返済でVポイントが貯まる
  • 365日24時間申込・取引可能
  • 全国の提携ATMから取引可能
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし在籍確認なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1 原則電話による在籍確認なし
金利年4.5~17.8%
無利息期間最大30日間
融資時間最短3分※2
※2 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスは最大利率が17.8%であり、他の消費者金融カードローンと比較しても低金利です。

長期的な借り入れを希望する方や、低金利のカードローンを探している方は検討してみてください。

さらにプロミスでは最大30日間の無利息期間が設けられており、初めての借り入れ日から何度借り入れをしても金利がかかりません。

無利息期間は初回借り入れ日を1日目としているため、無利息期間を無駄にする心配もないでしょう。

アイフル

アイフル
  • 最短20分で融資可能
  • 毎日24時間即日振り込み※1
  • 審査がスピーディ
当日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
金利年3.0~18.0%
無利息期間最大30日間※2
融資時間最短20分※3
※1.受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。※2.はじめての方に限る※3.お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

アイフルは、即日借り入れも可能な消費者金融のカードローンです。

Webで申し込むと最短20分で審査が完了するため、急いで借り入れをしたい方におすすめです。
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

無利息期間は最大30日間あり、30日間以内に返済をすれば利息無料で利用できます。

限度額は800万円で、少額融資から多額の借り入れが必要な場合まで幅広く利用できるカードローンといえるでしょう。
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

レイク

レイク
出典:レイク
  • 業界最長の無利息期間
  • 最短15秒の審査時間
  • 最短25分の融資時間
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1審査により在籍確認が必要
金利年4.5~18.0%
無利息期間最大180日間
融資時間最短25分

レイクでは5万円までの借り入れの場合、最大180日間の無利息期間が適用されます。

また5万円以上〜200万円までの借り入れの場合、Webから申し込みをすると最大60日間利息が無料です。

少額のみ融資を受けたい方、短期間で返済する予定のある方は検討してみましょう。

さらに申し込み完了後、審査が最短15秒で完了する点も大きなメリットです。急いでいる方は、まず公式サイトをチェックしてみてください。

au PAY スマートローン

スクロールできます
公式サイトhttps://loan.kddi-fs.com/ 
融資までの期間最短30分
金利2.9%〜18.0%
審査時間最短30分
限度額1万円〜100万円
担保や連帯保証人原則不要

au PAY スマートローンは、スマートフォンがauでない方も利用可能です。

限度額は1万円〜100万円ですが、実質年率は2.9%〜18.0%と他のサービスと比較して低めです。

入力項目が少ないため申し込みが簡単で、カードレスで借り入れから返済までスマートフォンで完結します。

さらに融資金はau PAY 残高にチャージして利用できるため、普段からau PAYをよく利用する方におすすめです。

あわせて読みたい
au PAY スマートローンは在籍確認なしで借りられるの?特徴・申し込みの流れも紹介 記事のまとめ ■auPAYスマートローンは在籍確認が必須! ただし、担当者個人名で電話がくるため、職場にカードローン利用はバレにくい。 万全を期したい方には、原則在籍...
あわせて読みたい
au PAY スマートローンの評判はどう?メリット・デメリット・返済方法を解説! au PAY スマートローンは、ケータイサービスで有名なauが展開しているカードローンです。 比較的新しいサービスのため「実際に利用している方の評判を聞いてから利用す...

セントラル

セントラル
  • 全国のセブン銀行で手軽に借入可能
  • 無利息期間ありで利息負担を軽減
  • 忙しい人に嬉しい即日融資対応
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
金利年4.8~18.0%
無利息期間最大30日間
融資時間最短即日
※平日14時までの申し込み

セントラルは、創業から50年の老舗消費者金融カードローンです。

セントラルの利用が初めての場合、契約日の翌日から最大30日間の金利無料期間があります。

最大融資金額は300万円であり、100万円以上の借り入れであれば金利が4.8%〜15.0%と100万円以下の場合より低くなります。

そのためセントラルは100万円以上の融資を検討している方に向いているでしょう。

平日14時までに申し込み受付が完了すれば、最短即日融資も可能です。

あわせて読みたい
セントラルの評判・口コミはどう?審査に通過するためのポイントも解説! 記事のまとめ ■セントラルは借入や返済が手軽で人気が高い! さらに金融ブラックでも審査に通過する可能性あり ただし電話がしつこいなどの口コミもある セントラルは、...

フクホー

フクホー
  • 創業50年以上の実績
  • 即日融資で今すぐ借りたい人にも対応
  • 日中忙しい人でも申し込みOK
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
金利年7.30~18.00%
無利息期間
融資時間最短即日

フクホーは、Webでも電話でも24時間借り入れの申し込みを受け付けています。

金利は借り入れ金額により変動し、借り入れ金額が多くなればなるほど最大金利が低くなります。

また取引中の場合でも増額の申し込みが可能で、過去に利用していた場合は再利用の申し込みもできます。

融資まで急いでいる方は、Webからの申し込みを試してみてください。

あわせて読みたい
フクホーの評判はどう?審査基準や口コミからわかったメリット・デメリットを解説 記事のまとめ ■フクホーは対応の早さと、相談に丁寧に応じてくれる点で人気が高い さらに債務整理中でも融資を受けられる可能性がある! ただし借り入れまで時間がかか...

レディースフタバ

スクロールできます
公式サイトhttps://www.futaba-cs.co.jp/ 
融資までの期間最短即日
金利初回は30日間無利息
14.959%〜17.950%
審査時間最短即日
限度額1万円〜50万円
担保や連帯保証人原則不要

レディースフタバは女性の利用者が多い消費者金融カードローンです。

より安心して利用してもらえるよう、接客にはこだわりを持って対応しています。

レディースフタバを初めて利用する場合、初回に限り30日の無利息期間があります。

さらに平日16時までに審査が終われば、最短即日融資も可能です。

一定の収入があればパートやアルバイトの方でも申し込めるため、収入に自信がない方も検討してみてください。

あわせて読みたい
消費者金融「フタバ」の評判は?利用者の評価からわかるメリットとデメリット 記事のまとめ ■フタバは柔軟な審査が受けられる正規の消費者金融 10〜50万円万円の少額借り入れなら、上限金利が相場よりも低い! 在籍確認は必須だが、他社借り入れが4...

アロー

アロー
  • Web完結で外出不要
  • 家族や会社に借入がバレにくい
  • 最短45分で借入できる
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
金利年15.00~19.94%
無利息期間
融資時間最短45分

アローは、すべての手続きがインターネットで完了する消費者金融カードローンです。

アプリをインストールすると、必要書類の振込や口座の登録、振り込みまですべての手続きがアプリ内で完了します。

またアプリから申し込みの場合、自宅に郵送物が届く心配も一切ありません。

家族や同居人に知られたくない場合はアプリを利用して手続きをしましょう。

返済日は毎月5日、10日、15日、20日、25日、月末から選択可能であり、給与の支払日に合わせて選べます。

あわせて読みたい
【独自審査で即日キャッシング】消費者金融アローについて融資条件や注意点を解説! 消費者金融のアローは、審査が柔軟で即日融資も可能なサービスです。 アローの利用には審査が必要なため、アローの融資条件や、審査の際に注意すべきポイントについて知...

ベルーナノーティス

スクロールできます
公式サイトhttps://www.b-loan.jp/ 
融資までの期間最短24時間以内
金利初めての借り入れ、完済後再度の利用が何度でも14日利息無料
4.5%~18.0%
審査時間最短30分
限度額1万円〜300万円
担保や連帯保証人原則不要

ベルーナノーティスは、通信販売で有名なベルーナグループが運営する消費者金融カードローンサービスです。

初めての利用もしくは完済後再度の利用の場合、何度でも利息が14日間無料です。

すぐに返済できる予定がある場合は、ベルーナノーティスを検討してみてください。

ベルーナノーティスでは最短30分で審査が完了するほか、簡易審査結果なら3秒で即時回答が得られます。

オリックス・クレジットのVIPローンカード

スクロールできます
公式サイトhttps://www.orixcredit.co.jp/loan/vip/ 
融資までの期間最短即日
金利1.7%〜17.8%
審査時間最短60分
限度額30万円〜800万円
担保や連帯保証人原則不要

オリックス・クレジットのVIPローンカードは、最短即日で借り入れ可能な消費者金融カードローンです。

金利は他の消費者金融カードローンと比べて低いため、低金利のサービスを利用したい方におすすめです。

また書類の郵送や申し込み書の記入は不要であり、Webですべての手続きが完結します。

また利用可能額が800万円と高めに設定されており、高額融資を検討している方に向いています。

低金利な銀行カードローンの利用も有効

一般的な銀行カードローンは、消費者金融のカードローンよりも金利が低く設定されています。

そのため金利を抑えたい方は、銀行のカードローンも検討してみましょう。

ここからは銀行カードローンの詳細や特徴を具体的に解説します。

銀行カードローンは金利相場が低い

銀行カードローンには保証会社がついており、万が一返済不能になったときにも保証会社が代わりに立て替える仕組みです

そのため消費者金融カードローンと比較して審査は厳しいものの、金利は低めです。

総量規制の対象にならない

総量規制とは、年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけないと定めた制度です。

ただし銀行で借りるお金は総量規制の対象外でありため、年収の3分の1以上の借り入れをしたい方でも安心です。

しかし銀行カードローンにも借入上限があり、好きなだけ借りられるわけではありません。

銀行カードローンを利用する際も、確実に返済できる金額のみの借入に留めましょう。

あわせて読みたい
総量規制オーバーでもお金を借りられる方法とは?総量規制の対象や借り入れ時の注意点を解説 記事のまとめ ■総量規制オーバーは、原則借り入れができない ただし、貸金業法の対象外であれば借り入れができる すぐにお金がほしい方は、銀行カードローン、おまとめ...

審査は厳しい傾向がある

銀行カードローンの審査は消費者金融と比較すると厳しい傾向にあり、審査に落ちてしまうことも少なくありません。

しかし審査に通れば低金利で借入できるため、まずは銀行カードローンに申し込んでみるとよいでしょう。

原則は翌日以降に融資

多くの銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、最短でも現金が受け取れるのは翌日です。

即日融資を希望する方や借り入れを急いでいる方は、消費者金融のカードローンを利用しましょう。

利便性は低い

消費者金融のカードローンは多くのATMと提携している一方、銀行カードローンで利用できるATMの数は少なめです。

また銀行カードローンでは提携ATM利用時、手数料が発生する場合もあります。

外出先ですぐに借りたい方、手数料を抑えたい方は消費者金融のカードローンも検討してみてください。

低金利のおすすめ銀行カードローン4選

ここでは、低金利のカードローンを探している方に向けておすすめの銀行カードローンを4つ紹介します。

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン
  • 年-0.5%の金利優待あり
  • 借入・返済時のATM手数料0円
  • 24時間365日Web申し込み可能
  • 専用口座・カード不要
24時間申込Web完結キャッシュカード借入口座開設不要
無利息期間保証人不要学生OK保証特約あり
金利年2.49%~14.79%※1
無利息期間
月々の最低返済額2,000円
融資時間最短2日※2
※1 利用限度額により借り入れの基準金利が変わります。また、無利息期間はありません。※2 仮審査は最短60分で完了しますが、本審査の結果が得られるまで2日かかります。

住信SBIネット銀行カードローンは、年2.49%〜14.79%の金利で借り入れができるカードローンです。

限度額は最大1,000万円まで設定でき、高額な借り入れを希望している方にも対応できます。

ただし、申し込んでから借り入れできるまでに、通常2週間程度かかる点は注意しましょう。

時間がかかるため、最短即日での借り入れを希望する方ではなく、計画的に借り入れたい方に向いています。

また、住信SBIネット銀行カードローンの審査では、必ず電話による在籍確認がおこなわれます。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
  • 最短翌営業日のスピード融資
  • 楽天会員の審査優遇制度あり
    (※一部例外あり)
  • 入会特典で楽天ポイント付与
24時間申込Web完結キャッシュカード借入口座開設不要
無利息期間保証人不要学生OK保証特約あり
金利年1.9~14.5%
無利息期間
月々の最低返済額2,000円
融資時間最短翌営業日

楽天銀行スーパーローンは銀行系カードローンであるものの、最短当日に審査が完了します。

銀行系のカードローンを希望しており、なるべく早く融資を受けたい方は楽天銀行スーパーローンを検討してみてください。

また楽天銀行をすでに利用している場合、楽天会員ランクに応じて審査が優遇されます(※一部例外あり)

楽天関連のサービスを利用している方は、まず楽天銀行スーパーローンに申し込んでみてください。

あわせて読みたい
楽天銀行スーパーローンの評判を調査!口コミでわかった審査に落ちやすい方の特徴まとめ 記事のまとめ 楽天銀行スーパーローンの主な評判 審査に通りやすい 電話対応が良い 融資までの期間は長め 借りやすい銀行カードローンを探している方におすすめ! 楽天...
あわせて読みたい
楽天銀行スーパーローンの審査基準は?申し込みから融資までの流れや在籍確認について解説 楽天銀行スーパーローンの利用を検討している方の中には「審査に通るか不安」「全体の流れがわからなくて困っている」などの悩みを抱える方もいるでしょう。 また、普段...

三井住友銀行カードローン

スクロールできます
公式サイトhttps://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/ 
融資までの期間最短翌日
金利年1.5%〜14.5%
審査時間最短翌日
限度額10万円〜800万円
担保や連帯保証人原則不要

三井住友銀行カードローンは、最低金利が年1.5%と低めのカードローンです

なるべく低金利の銀行カードローンを利用したい方、長期的に返済したい方におすすめです。

さらに三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座がなくても利用できます。

オンラインでの本人確認もできるため、申し込み手続きも簡単に済むでしょう。

より手軽に低金利で融資を受けられるサービスを探している方は、三井住友銀行カードローンを検討してみてください。

あわせて読みたい
三井住友銀行カードローンは即日融資不可!審査に時間がかかる理由や他の方法も紹介! 予想外の出費や給料日まで生活費が足りないなどの理由で、借り入れを検討している方もいるでしょう。 急にお金が必要になっても、どの方法でお金を借りればよいのか迷う...

三菱UFJ銀行バンクイック

スクロールできます
公式サイトhttps://www.bk.mufg.jp/kariru/banquic/index.html 
融資までの期間最短翌営業日
金利年1.8%〜14.6%
審査時間最短翌営業日
限度額10万円〜500万円
担保や連帯保証人原則不要

三菱UFJ銀行バンクイックは、三菱UFJ銀行の口座を持っていない方でも利用できるカードローンです。

金利は年1.8%〜14.6%と消費者金融カードローンと比較すると低く、月1,000円からの返済ができるため家計になるべく負担をかけず返済をしたい方におすすめです。

さらに三菱UFJ銀行のATM、提携コンビニのATMを利用する場合のATM利用手数料は無料であり、手数料も抑えられるでしょう。

融資は最短で翌営業日ですが、申し込みはWebから24時間365日可能です。

あわせて読みたい
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は厳しい?落ちる原因や対処法についても紹介 金融機関でカードローンの利用をはじめる際に、審査が心配になることもあるでしょう。 とくに三菱UFJ銀行のカードローン、バンクイックは、銀行カードローンであり、審...

りそな銀行カードローン

スクロールできます
公式サイトhttps://www.resonabank.co.jp/kojin/cardloan/ 
融資までの期間最短1週間以内
金利年3.5%〜13.5%
審査時間最短1週間以内
限度額10万円〜800万円
担保や連帯保証人原則不要

りそな銀行カードローンは、最大利率が年13.5%と低めのカードローンです。

さらに限度額は最大800万円と高く、多額の借り入れを検討している方にも向いています。

ただし、契約時にはりそな銀行もしくは埼玉りそな銀行の口座開設が必要です。

口座開設の手続きには時間がかかるため、急いでいる方は口座開設アプリや店頭での申し込みを検討してみてください。

あわせて読みたい
りそな銀行のカードローンの審査は厳しいの?他社と金利の比較やメリット・返済方法についても解説 カードローンの選択肢が数多くある中、注目されているカードローンの一つが「りそな銀行のカードローン」です。 りそな銀行のカードローンを利用するうえで、審査はどの...

カードローンの金利を下げる方法

カードローンの金利が高く返済に不安がある場合、金利を下げる方法を試せないか検討してみてください。

ここでは、カードローンの金利を下げる方法を8つ紹介します。

別のローンで利用している金融機関に申し込み

自動車ローンや住宅ローンを利用している場合、利用中の金融機関でカードローンの申し込みをしてみてください。

同じ金融機関で複数のローンを申し込むと、低金利でローンを組める可能性があります。

また経済状況や年齢、信用情報などについてはすでに審査されているため、簡単な審査で済む可能性もあります。

返済期間を短縮する

返済期間を短縮すると、支払わなければいけない金利の総額が減ります。

無理な計画を立てるのは避けるべきですが、返済期間が短縮できるよう月々の支払い金額を増やす工夫をしてみてください

借り入れ限度額を見直す

借り入れ金額が確定していない場合は、本当にその金額の借り入れが必要かどうか再検討してみましょう。

借り入れ金額を減らせば、支払わなければならない金利も減少します

おまとめローンや借り換えをする

おまとめローンは、複数の金融機関で借り入れしているローンをひとつにまとめられる商品です。

複数社で借入をしている場合、おまとめローンで借り入れ先を1社にまとめれば金利や返済の負担を減らせるでしょう。

交渉で金利を変更してもらう

多額の借り入れをしており金融機関との信頼関係が築けている場合、金利を交渉で変更してもらえる可能性があります。

とくに借り換えを検討している場合、他社への借り替えを検討していると伝えることで交渉が成立しやすくなります

低金利の金融機関を見つけた場合は、借り入れを前提として交渉してみてください。

利息無料期間のみ利用する

消費者金融のカードローンや銀行のカードローンには、利息無料期間が定められていることがあります。

利息無料期間がある場合、少額のみの借入に抑えて短期間で返済すれば支払う利息をなくせるでしょう。

銀行系カードローンで優遇金利を適用

銀行のカードローンの場合、特定の条件を満たすことで優遇金利が適用される可能性があります。

低金利で借りたい場合は優遇金利を設定している銀行をチェックして、キャンペーン情報を見逃さないようにしましょう

利用限度額を増やす

利用限度額や借り入れ金額に応じて、金利を引き下げている消費者金融や銀行は少なくありません。

一般的に利用限度額が大きいほど金利は低くなるため、利用限度額を増やせば利息の支払いを減らせる可能性は高いでしょう。

ただし利用限度額を増やすには、審査に通過する必要があります。

\おすすめ12選に戻る!/低金利のおすすめカードローン12選!

低金利カードローンについてよくある質問

最後に、低金利のカードローンについてよくある質問に回答します。

収入が少なくても借りられる?

収入が少ない方でも、少額であればカードローンを利用できる可能性はあります。

ただし収入がまったくない場合は借入できないため、カードローン以外の方法を検討してみてください。

あわせて読みたい
フリーターでも借りられるカードローンは?利用条件や審査に通過するコツを徹底解説 記事のまとめ ■フリーターでも借りやすいおすすめカードローンは以下の5社! プロミス アコム SMBCモビット アイフル レイク 利息をなるべく抑えたい方は、最大30日間の...

10万円未満の少額融資は消費者金融と銀行どちらがよい?

10万円以下の少額融資を希望する場合、返済にかかる期間により適切なカードローンは変わります。

消費者金融のカードローンは利息無料期間を定めていることが多いため、すぐに返済できる予定であれば消費者金融のカードローンがよいでしょう。

一方、銀行カードローンは金利が低く、長期的な返済を希望している場合は銀行カードローンが向いています。

それぞれの金融機関により利息無料期間や金利は異なるため、今回の記事を参考にして自身に合うものを選んでみてください。

カードローンで800万円〜1000万円の借り入れは可能?

カードローンにも、800万円〜1,000万円の借り入れができるサービスがあります。

ただし自身の経済状況や収入により借り入れ上限額が定められるため、誰でも1,000万円まで借りられるわけではありません。自身の収入に応じて、適切な借り入れ額を検討してみてください。

50万円以上の借り入れだと収入証明書が必須?

収入証明書の提出が必要になる条件は、金融機関により異なります。

50万円以上の借り入れで収入証明書の提出が必要な金融機関がある一方、収入証明書の提出が不要な金融機関もあります。

収入証明書の提出が必要かどうかは、各金融機関で確認してみてください。

あわせて読みたい
ブラックリストでも50万借りたい方におすすめの消費者金融・カードローン10選!審査なしでお金を調達す... 記事のまとめ ■ブラックリストでも50万借りたい方におすすめカードローン10選 セントラル フクホー アロー いつも フタバ プラン ライオンズリース キャッシングスペー...

低金利カードローンでも電話で在籍確認がある?

電話での在籍確認が実施されるかどうかは、各金融機関により異なります。

在籍確認が不安な場合、電話での在籍確認があるかどうか、電話以外の方法で在籍確認ができるか問い合わせてみましょう

保証人や担保は必要?

多くのカードローンは、保証人や担保なしで利用できます。

しかし担保や保証人が不要な分、有担保のローンより金利は高めに設定されています

また原則担保なしで借りられるカードローンでも、何らかの原因で保証人が必要となるケースもあります。

返済が遅れるとどうなる?

カードローンの返済に遅れると、遅れた日数に応じて遅延損害金が発生します。遅延損害金は、次の式で計算可能です。

遅延損害金の計算式

遅延損害金=延滞元金×遅延損害金利率÷365日(うるう年の場合は366日)×延滞日数

また返済が遅れると数日以内にカードローンの利用が停止され、信用情報にも傷がつきます。長期間返済しない場合は訴訟される恐れもあるため、期日通り返済し続けましょう。

まとめ

今回は低金利のおすすめカードローンやそれぞれの特徴、比較すべきポイントについて解説しました。

カードローンには主に消費者金融カードローンと銀行カードローンがあり、それぞれに特徴があります。銀行カードローンは低金利ですが、即日の融資ができません。

一方、消費者金融カードローンの金利は銀行カードローンと比較すると高めですが、即日融資を受けられます。

現在の悩みにあわせて、自身に適したカードローンを選びましょう。

\おすすめ12選に戻る!/低金利のおすすめカードローン12選!

あわせて読みたい
カードローンとは?メリットや注意点をわかりやすく解説!申し込み手順も紹介 記事のまとめ ■カードローンはコンビニや銀行で手軽にお金を借りられる便利なサービス! 中には申し込み当日に借りられる「即日融資」を提供する会社もあり ただしサー...

※本記事の情報は2023年2月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
アコム
プロミス
アイフル

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトにはプロモーション広告を含みます。なお、掲載されている広告の概要や評価等は事実に反して優遇されることはありません。
※マネーの庭では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

目次