即日融資が利用可能なキャッシングサービスは?選び方のポイントも紹介!

「どうしても、今すぐにお金が必要…!」このようなときに、非常に便利なのが即日融資できるキャッシングサービスです。

しかしキャッシングをするためには、申し込み手続きをおこない、審査を受ける必要があります。

せっかく早く申し込みをしても、キャッシングサービスによっては審査時間が長く、お金を借りるのに時間を要します。

今すぐにお金が必要な場合は、審査結果の反映が早く、即日融資のできるキャッシングサービスがおすすめです。

本記事では、即日融資ができるキャッシングサービスの種類や、選び方のポイントを解説します。

ATMで即日利用できたり、最短で当日発行したりしてくれるクレジットカードも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

【目的別】大手カードローン会社比較表

スクロールできます
大手会社融資時間審査時間審査基準公式サイト

アコム
最短20分※1


簡単診断する


最短20分


銀行傘下審査


詳細を見る
プロミス
プロミス
最短3分2


簡単診断する


最短3分2


銀行傘下審査


詳細を見る

SMBCモビット
最短60分2


簡単診断する


10秒簡易審査


独自審査


詳細を見る
※1 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
目次

即日キャッシングの方法は2種類

即日キャッシングをする方法は、大きく分けてクレジットカードのキャッシングサービスか、カードローンを利用するかの2種類があります。

この見出しでは、それぞれの内容や特徴について解説します。

クレジットカードのキャッシングサービス

クレジットカードは、「ショッピング利用枠」と「キャッシング利用枠」の2種類があります。

ショッピング利用枠は、お店やネットで商品などを購入したときに利用する枠です。

キャッシング利用枠は、クレジットカードを使ってお金が借りられる枠です。

キャッシング利用枠を使えば、急ぎでお金が必要な場合も、近くのコンビニや銀行のATMでお金が借りられます。

また、海外対応しているものであれば、現地のATMでもお金が借りられるメリットがあります。

クレジットカードのメインは、買い物や生活費などで利用するショッピング枠ですが、お金をすぐに借りたい場合は、キャッシングサービスに申し込んでみてください。

あわせて読みたい
クレジットカードのキャッシング枠とは?確認方法やメリット・デメリットを解説! 予定外のイベントなどで、現金が必要になったときに便利なのがキャッシングです。 とくに、キャッシング枠が付帯されているクレジットカードであれば、すぐに提携ATMな...

カードローン

カードローンは、金融機関や貸金業者が提供している融資サービスです。

申し込みをおこない、審査に通れば、利用限度額の範囲内で自由にお金が借りられます。

ブライダルローンや自動車ローンなどとは異なり、利用目的が問われないため、いつでも、何度でも自由に利用できる点が特徴的です。

クレジットカードと同じで、近くのコンビニや銀行のATMでも借り入れや返済ができます。

カードローンのカードは買い物には使えず、お金を借りることを目的として貸付されている点には注意が必要です。

すでにクレジットカードを保有しており、今後クレジットカードを作る予定がない方や、すぐにお金が必要な方はカードローンがおすすめです。

あわせて読みたい
カードローンとは?メリットや注意点をわかりやすく解説!申し込み手順も紹介 記事のまとめ ■カードローンはコンビニや銀行で手軽にお金を借りられる便利なサービス! 中には申し込み当日に借りられる「即日融資」を提供する会社もあり ただしサー...

クレジットカードのキャッシングのメリット

クレジットカードのキャッシングには、大きく分けて3つのメリットがあります。クレジットカードの利用を検討している方は、ぜひチェックしておきましょう。

予め枠を設定してあれば即日利用可能

すでにお持ちのクレジットカードに、ショッピング枠とキャッシング枠がある方は、必要なときにすぐお金が借りられます。

お金の借り方の手順は、自身の銀行預金からお金を引き出すのと大きな違いはありません

ATMの画面から「お引き出し」ボタンを押して、クレジットカードを挿入し、暗証番号や返済方法を選んで希望金額を入力します。

手続きが終われば、ATMからお金が出てきますので、クレジットカードと利用明細と一緒に受け取りましょう。

なお、キャッシング枠の設定をしていない方は、あとから設定できますが、再度審査が必要です。

審査に通ればキャッシングが利用できますが、使えるまで時間がかかる点に気を付けましょう。

10代でも借入できる

民法改正により、成年年齢が20歳から18歳に引き下げされたため、高校生を除く18歳と19歳の方であれば親権者の同意なしでクレジットカードの申し込みが可能です。

保有するクレジットカードにキャッシング機能が付いていれば、未成年の方でもお金が借りられます。

また、クレジットカードにはクレジットカードの契約者の家族に追加で発行される「家族カード」が提供されており、契約者と同等のサービスが受けられます。

家族カードにキャッシング機能が付いていれば、10代でも借り入れが可能です。

ただし、家族カードも、原則として高校生を除く18歳以上の方しか持てません。

海外でもキャッシングが利用できる

クレジットカードのキャッシングは、国際ブランドのものを保有していれば、海外でも利用可能です。

現金通貨での出金が可能であり、海外渡航時は便利な機能といえます。

また、海外も日本と同じで24時間対応しているATMが設置されており、いつでも必要なタイミングでお金が借りられます

海外でキャッシングを利用する場合、キャッシングした日の実勢レートで換算されるため、ケースによってはATM手数料や利息がお得になることもあるでしょう。

なお、利息は日割り計算になるため、早めに返済するとよりお得になります。

カードローンのメリット

それでは次に、カードローンの6つのメリットについて見ていきましょう。

それぞれのメリットを見比べてみて、より魅力的に感じたほうにすれば、自身に合ったキャッシングの使い方ができるでしょう。

24時間・365日申し込み可能な所もある

カードローンは、Web申し込みにすれば、大半が24時間・365日申し込み可能です。

申し込みから実際に融資を受けるまでの流れは、次のとおりです。

  1. 申し込み
  2. 審査・在籍確認
  3. 契約
  4. 借り入れ

カードローンは、店頭窓口や無人契約機、郵送、電話、Webと多くの申し込み方法があります。

Web以外の方法だと、会社ごとに受付時間が異なるため、即日で利用したい方や平日仕事で忙しい方などはWeb申し込みがおすすめです。

ただし、申し込みは24時間・365日できても、夜間だと審査の都合で即日融資が受けられない可能性があります。

確実に即日融資を受けたい方は、できる限り午前中までに申し込みを済ませましょう。

借入・返済方法が豊富

カードローンは、借入・返済方法が豊富なため、ライフスタイルに適した方法を選択できます。

カードローンの主な借入方法は次のとおりです。

  • 自身の口座への送金
  • ATM

口座への送金方法は、主にWebやスマートフォンのアプリから24時間いつでも、必要なタイミングで依頼できるため、お金に困ったときに役立ちます。

ATMでの返済も可能であり、自宅の近くにコンビニがあれば、手軽にお金が借りられるでしょう。

主な返済方法については次のとおりです。

  • インターネット
  • ATM
  • 振り込み
  • 口座振替

毎月返済がある方は、決められた日に自動で引き落とされる口座振替が便利です。

お金を一括で返済できる方は、ATMやインターネットがおすすめです。

カードローンによってはネットだけで手続きが完了できる

カードローンの種類によっては、ネットのみで手続きが完了できる「Web完結」があります。

Web完結とは、申し込みから契約、お金を借り入れするまでの工程が、すべてWeb上でおこなえる手続きになります。

自宅ですべて手続きができ、契約手続きのために来店する必要がなく、家族や友人に知られにくい点が大きなメリットです。

即日融資を希望する方にとって、申し込みから契約まで手続きに時間をかける余裕がないケースが多く見られます。

スマートフォンやパソコンがあれば簡単に手続きができるため、即日融資を希望する方にはWeb完結がおすすめです。

融資限度額が大きい

カードローンの融資限度額は「総量規制」のルールに則り、申し込み者の年収の3分の1までの金額で設定されます。

審査では、過去のカードローンの借入状況や返済トラブルがないかなど、信用情報の確認をおこない、勤務先や年収なから総合的に判断されます。

カードローンは、設定された融資限度額内であれば、すべてお金が借りられる点が大きなメリットです。

一方クレジットカードの融資限度額は、ショッピング枠とキャッシング枠の2つがあり、キャッシング枠は基本的にショッピング枠よりも金額が低く設定されています。

したがって、融資限度額が同じであれば、キャッシングよりもカードローンの方が多くお金を借りられます。

大手消費者金融系カードローンなら審査が早い

消費者金融系カードローンは、消費者金融が提供するカードローンであり、アイフルやプロミスなどが挙げられます。

大手の消費者金融系カードローンであれば、審査が最短で30分程度で完了するため、即日融資が可能です。

カードローンには銀行が提供する銀行系カードローンもあり、三井住友カードカードローンや横浜銀行カードローンなどが挙げられます。

銀行系カードローンでは、審査に警察庁データベースへの照会フローがあるため、審査に時間を要する場合が多く、即日の借り入れが難しいです。

一方消費者金融系カードローンは、警察庁データベースの照会フローがないため、比較的審査時間が早くなります。

自宅への郵送物を回避できる方法がある

カードローンの申し込みをすると、契約書類やローンカードが自宅に郵送されるため、郵送物で家族に知られてしまう可能性があります。

郵送物なしでカードローンを利用する方法は次のとおりです。

  • カードレスにする
  • Web完結で申し込みをおこなう
  • 自動契約機で契約する

Web完結とは、申し込みから借入までの手続きをWeb上で完結できる手続きであり、申し込み書が自宅に届かずに、契約書は電子書面で交付されるため安心です。

また、ローンカードがないカードレスタイプの利用やローンカードが手元に欲しい場合は、自動契約機を利用すればその場でカードを発行してもらえるためおすすめになります。

最短即日で利用可能なクレジットカード5選

契約後にATMを利用して、即日でお金が借りられるクレジットカード5選を紹介します。

自宅の近くにコンビニがあり、契約後は主にATMでお金の借入・返済を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

楽天カード

申し込み条件満18歳以上
金利実質年率12.25~15.00%
限度額最高100万円
審査時間最短10分
年会費永年無料
返済方法・ATM
・インターネット
・振込
・口座振替
※料金は全て税込表示です。

楽天カードは、入会すると新規入会特典2,000ポイント、カード利用特典3,000ポイントの合計5,000ポイントがもらえます

楽天市場や楽天グループサービス以外にも、普段の買い物でクレジットカードを利用すればポイントがたまります。

貯まったポイントは、楽天サービスで利用したり、月々の支払いに充てたりできる点が魅力です。

ただし、キャッシング枠は事前の申し込みが必要なため、カードを申し込みする段階で希望の利用可能枠を設定しましょう。

年会費は永年無料で審査は最短10分で完了し、即日でお金が借りられるため、楽天ユーザーや急いでお金が欲しい方におすすめです。

三菱UFJカード

申し込み条件本人、または配偶者に安定した収入がある18歳以上の方
金利実質年率12.25~15.00%
限度額10~100万円
※学生の方は10~30万円
審査時間最短即日
年会費1,375円
※初年度年会費無料
返済方法・口座振替
・ATM
・振込
※料金は全て税込表示です。

三菱UFJカードは、新規入会特典として最大10,000円相当のグローバルポイントが付与されます。

2022年7月より、セブンイレブンかローソンで買い物をすると、利用金額の5.5%がグローバルポイントで還元されるサービスも始まりました。

グローバルポイントは、三菱UFJカードを使って貯めるポイントプログラムです。貯めたポイントは商品などに交換したり、キャッシュバックしたりできるのが魅力となります。

年会費は2年度目以降が1,375円(税込)ですが、年1回ショッピング利用すれば翌年度も無料です。普段からクレジットカードをお使いの方であれば、実質無料となるでしょう。

三井住友カード(NL)

申し込み条件日本国内在住で満18歳以上の方
金利実質年率12.00~14.75%
限度額最高100万円
審査時間5~10分
年会費永年無料
※ETCカードを申し込みの場合、次年度以降550円
返済方法・ATM
・インターネット
・口座振替
※料金は全て税込表示です。

三井住友カード(NL)は、クレジットカードにカード番号の記載がないので、盗み見られる心配がありません。

三井住友銀行との共通ポイント制度で、銀行取引やカード決済の両方でポイントが貯まり、使えます。

また、海外旅行傷害保険に無料で加入できるため、海外旅行中に病気やケガになっても安心です。

万が一アクシデントに遭った場合も、三井住友海上の「緊急アシスタンスサービス」により、24時間・365日日本語でサポートしてくれるでしょう

キャッシングサービスは、ATMならその場でお金が借りられます。口座振込も、最短即時で対応してくれるため、急ぎの支払いがある場合に非常に便利です。

SAISON CARD Digitalセゾンカード

申し込み条件・18歳以上のご連絡が可能な方
・セゾンカードの提携する金融機関に決済口座をお持ちの方
金利実質年利12.00%~18.00%
限度額年収から生活維持費と年間請求予定額を差し引いた支払可能見込額の90%以内までとセゾンカードの基準による
審査時間最短5分
年会費永年無料
返済方法・口座振替
・ATM
・銀行振込
※料金は全て税込表示です。

SAISON CARD Digitalは、国内初の「完全」ナンバーレスカードです。

申し込み後最短5分で、公式スマートフォンアプリの「セゾンPortal」に、デジタルカードが発行されます。

ナンバーレスカードは後日、自宅に郵送されますが、アプリのデジタルカードがあればショッピングに利用できるため、急ぎの方にもおすすめです。

また、「ONLINEキャッシング」では、最短20分で必要なお金も借りられます。

ただし、即日でお金を借りるためには、平日14:30までにONLINEキャッシングで手続きする必要があります。時間に余裕をもって、午前中に申し込み手続きできるようにしましょう。

ACマスターカード

申し込み条件18~69歳の方安定した収入がある方
金利実質年率10.0~14.6%
限度額10万円~300万円
審査時間最短30分
年会費永年無料
返済方法・インターネット
・アコムATM
・提携ATM
・振込
・口座振替
※料金は全て税込表示です。

ACマスターカードは、カードローンにショッピング機能が付帯したクレジットカードです。

18~69歳までの方で、安定した収入があれば雇用形態は問われません

収入のない専業主婦は厳しいですが、アルバイトやパート、自営業の方でも作れるのは大きな魅力です。

審査時間は最短30分、自動契約機(むじんくん)コーナーでその場でカード発行できます。

実店舗やインターネット問わず、世界中のMastercard加盟店でショッピング利用できるため、1枚持っておけば非常に便利といえるでしょう。

支払い回数を1回とすれば、自動的にリボルビング払いになるので、毎月の支払いにも余裕ができます。

即日融資が受けられる消費者金融8選

消費者金融は、即日融資に対応している業者が大半です。

しかし、どの消費者金融でも審査にかかる時間は長く、即日融資が受けられない可能性もあります。

そのため即日融資を受けられる可能性が高い消費者金融を紹介します。

各社のサービス内容もあわせて確認し、どの消費者金融を利用するのかを検討しましょう。

アコム

アコム
出典:アコム
  • 2ステップで申込み可能
  • 借り入れまでスマホ1つでOK
  • セブン銀行で手続きできる
最短20分で融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス※1無利息期間保証人不要学生OK※2独自基準審査
金利年3.0~18.0%
無利息期間最大30日間
融資時間最短20分※3
※1.収入証明書が必要な場合あり※2.20歳以上の方に限る.安定した収入がある方であればご利用可能 ※3.お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムは最短20分で審査が完了し、当日融資を受けられます。公式サイトでは、審査結果を簡易診断できるシミュレーションサービスも利用可能です。

審査を通過して当日融資を受けられるのか不安な方は、3秒診断サービスを利用しましょう。

ほかにもアコムは、初回利用時限定で契約日の翌日から起算して30日間は利息がかからないため、一時的にお金が必要な方や、返済総額を抑えたい場合におすすめです。

また、アコムはローンカードを発行せずとも当日融資が受けられるため、家族や友人、知人に消費者金融の利用を知られることが不安な方におすすめです。

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

SMBCモビット

SMBCモビット
  • セブン銀行のカードレス対応
  • 返済でTポイントが貯まる
  • 最短10秒のスピード事前審査
即日融資可能24時間申込WEB完結郵送物なし電話なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1WEB完結申込時
金利年3.0%~18.0%
無利息期間
融資時間最短60分※1
※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは審査が最短30分で完了し、申し込んだ時間帯によっては即日融資が可能です。

即日融資を受けたい方は、平日の14時50分までに契約を完了させ、契約と振込手続きを済ませる必要があります。

SMBCモビットでWeb完結申し込みをすると、窓口や自動契約機などへ足を運ぶ必要がなく、ローンカードと郵送物なしで契約できます。

ただしATMから借り入れしたい方は、ローンカードが必要となるため、別途ローンカードの発行手続きをしましょう。

SMBCモビットのWeb完結サービスの利用は条件を満たす必要がありますが、時間も場所も問わずインターネット上で手続きできる点は大きなメリットといえます。

アイフル

アイフル
  • 最短20分で融資可能
  • 毎日24時間即日振り込み※1
  • 審査がスピーディ
当日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
金利年3.0~18.0%
無利息期間最大30日間※2
融資時間最短20分※3
※1.受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。※2.はじめての方に限る※3.お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

アイフルはWebから申し込むと審査がスピーディーにおこなわれ、最短20分で融資を受けられることが特徴です。

さらに保証人や担保なしで融資が可能で、初回利用時は最大30日間利息が無料になります。

無利息期間を活用すれば元本を返済するのみでよく、返済が負担になりにくいと考えられます。

また、アイフルは本人確認書類や収入証明書などの必要書類を揃え、審査受付時間に申し込めば即日融資が可能です。

加えてアイフルには、女性スタッフが対応する専用ダイヤルが設けられているため、女性でも安心して借り入れられます。

スピーディに借り入れを始めたい方は、アイフルへの申し込みを検討しましょう。

プロミス

プロミス

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

  • 返済でVポイントが貯まる
  • 365日24時間申込・取引可能
  • 全国の提携ATMから取引可能
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし在籍確認なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1 原則電話による在籍確認なし
金利年4.5~17.8%
無利息期間最大30日間
融資時間最短3分※2
※2 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスのWeb申し込みは審査時間が最短3分で、スピーディに即日融資を受けられます。

Web完結サービスはローンカードの発行が不要で、銀行口座の情報を利用してインターネット上から契約に関する手続きをおこないます。

ローンカードの発行が不要なうえに、申し込みから契約までがスピーディー、自宅に郵送物が届かない点が大きなメリットです。

また初回利用時には30日間無利息サービスが適用され、借り入れ希望額が50万円以下の場合は、本人確認書類のみ提出すると審査を受けられます。

さらに増額できるタイミングや、利息がどの程度がかかるのかなど、申し込み手続きと同時に疑問や不安を解決できる点が魅力です。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

レイク

レイク
出典:レイク
  • 業界最長の無利息期間
  • 最短15秒の審査時間
  • 最短25分の融資時間
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1審査により在籍確認が必要
金利年4.5~18.0%
無利息期間最大180日間
融資時間最短25分

レイクは最短即日融資が可能なことに加えて、振込手数料無料で入金や返済方法を自身で選択できる点が特徴です。

即日融資が受けられるWeb申し込みの時間は、平日と土曜日で21時、日曜日のみ18時までです。即日融資を希望する場合は、時間内に手続きを済ませましょう。

またレイクはSBI新生銀行系カードローンのATMを利用すると、手数料が無料になる点も魅力です。

ほかにもレイクは返済の3日前と、返済日当日に通知が届くシステムが採用されています。

忙しい方でも返済日を忘れず、滞納のトラブルを防げるでしょう。

セントラル

セントラル
  • 全国のセブン銀行で手軽に借入可能
  • 無利息期間ありで利息負担を軽減
  • 忙しい人に嬉しい即日融資対応
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
金利年4.8~18.0%
無利息期間最大30日間
融資時間最短即日
※平日14時までの申し込み

セントラルは、昭和48年創業の老舗消費者金融です。受付時間は24時間ですが、即日融資を希望している場合は平日の午後14時までに申し込みましょう。

セントラル公式サイトではすぐにお金を借りたい方向けのページがあるため、「いますぐ申し込み」から同意事項を確認して申し込んでみてください。

またセントラルには通常のカードローンに加え、女性向けのカードローン「マイレディス」があります。

マイレディスでは女性スタッフが対応をおこなうため、男性に話しにくい悩みを抱えている場合は利用してみましょう。

マイレディスでも通常のカードローン同様、平日の午後14時までの申し込みで即日融資が受けられます。

あわせて読みたい
セントラルの評判・口コミはどう?審査に通過するためのポイントも解説! 記事のまとめ ■セントラルは借入や返済が手軽で人気が高い! さらに金融ブラックでも審査に通過する可能性あり ただし電話がしつこいなどの口コミもある セントラルは、...

フクホー

フクホー
  • 創業50年以上の実績
  • 即日融資で今すぐ借りたい人にも対応
  • 日中忙しい人でも申し込みOK
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
金利年7.30~18.00%
無利息期間
融資時間最短即日

フクホーは創業50年の実績があり、安心、安全にお金を借りたい方におすすめの消費者金融です。

24時間・365日いつでも即日融資の申し込みができ、パソコンやスマートフォン、電話などから自身に合った方法で手続きがおこなえます。

契約書類は郵送以外にも、セブンイレブンのマルチコピー機を利用して受け取り可能です。

家族にカードローンの利用を知られたくない方も、安心して申し込みができるでしょう。

スピーディな審査を望んでいる方や来店しなくても契約をしたい方は、ぜひフクホーに申し込みをしてみてください。

あわせて読みたい
フクホーの評判はどう?審査基準や口コミからわかったメリット・デメリットを解説 記事のまとめ ■フクホーは対応の早さと、相談に丁寧に応じてくれる点で人気が高い さらに債務整理中でも融資を受けられる可能性がある! ただし借り入れまで時間がかか...

ニチデン

二チデン
  • 柔軟スピーディな審査・融資で便利
  • 初回限定100日無利息で利息を軽減
  • 信用情報が不安な方にやさしい審査
即日融資可能24時間受付Web完結郵送物なしプライバシー厳守※1
カードレス無利息期間保証人不要※2学生OK独自基準審査
金利年4.8~17.52%※3
無利息期間最大100日間
融資時間最短即日※4
※1 電話による対応はありますが、担当者の個人名による連絡またはメールでの対応も可能です。※2 通常は不要ですが、法人の場合に限り保証人が必要になります。※3 フリーローンは7.3〜17.52%、不動産担保ローンは4.8〜14.6%、事業者ローンは4.8〜17.52%です。※4 14時までの申し込みに限ります。

ニチデンは、大阪や奈良などに拠点を構える中小消費者金融です。

貸付利率は7.3%~17.52%で、18.0%以下の上限金利を設定しています。

他社の消費者金融は上限金利を18.0%に設定していることが多いため、ニチデンを選ぶと利息負担の軽減が見込めます。

はじめての方であれば、最大100日間利息0円のキャンペーンを受けられる点も魅力です。

利息による返済の負担を抑えたい方は、安心の金利が特徴のニチデンに申し込んでみましょう。

あわせて読みたい
ニチデン(日電社)の キャッシングに関する口コミや評判は?メリットや審査情報も解説 ニチデンは、都道府県から登録を受けている消費者金融です。 利用を検討している方の中には、申し込む前にニチデンの評判を詳しく知りたいと考えている方も多いでしょう...

即日利用したい場合に注意するポイント

クレジットカードやカードローンは、それぞれの会社によって審査時間や条件が異なります。

すぐにお金が必要な方は、申し込みをする前に、この見出しで解説する9つのポイントに気を付けましょう。

即日融資に対応しているか

お金がすぐに必要な方は、必ず即日融資に対応しているかを確認してください。

カードローンを提供している金融機関は多くありますが、銀行系カードローンよりも消費者金融系カードローンのほうが即日融資に対応している会社が多いです。

銀行系カードローンは、警察庁のデータベースを用いて審査を行うため、消費者金融系よりも遅い傾向があります

時間に余裕がある方であれば問題ありませんが、即日利用したい方は、消費者金融系カードローンを検討しましょう。

審査時間の目安は、カードローン会社の公式サイトを見れば書かれていますので、申し込み前に一応チェックしておくと安心です。

審査可能時間と融資金受け取り可能時間に気をつける

クレジットカードやカードローンに申し込みする際には、審査可能時間と融資金受け取り可能時間に気を付けましょう

審査可能時間とは、申し込みした会社で審査がおこなわれる時間を指します。

会社ごとに異なりますが、インターネット申し込みの場合は9時~21時、店頭窓口の場合は10時~18時程度です。

夜遅くに申し込みした場合は、審査が後日になる可能性があるため、すぐにお金を借りられません。

融資金受け取り可能時間の場合、契約すれば24時間・365日いつでも融資可能のケースが多いです。

お金を早く借りたい方は、できる限り午前中には申し込み手続きをおこない、審査を進めましょう。

金利を確認する

カードローンやクレジットカードを利用する際に、必ず確認しておきたいのが「金利」です。

ローン会社を比較したときに、金利が低いほうを選べば、同じ金額を借りても返済額は少なくて済むからです。

実質年率は、どこのローン会社も「実質年率〇〇〜〇〇%」と幅を持たせています。

一般的に初めてカードローンに契約する方や、借入限度額が低い方は上限金利で設定されることが多いため、ローン会社の定める上限金利を確認しましょう。

カードローンによっては、30日、60日と無利息期間を設けているものもあるため、一時的にお金が必要で、全額返済ができる方は、無利息期間があるカードローンにへの申し込みもおすすめです。

ネットまたは電話で申し込めるかどうか

店舗に来店して申し込みをするよりも、ネットか電話で申し込みしたほうが手間が少なく利便性が高いです

とくにネット申し込みなら、24時間・365日対応しているため、忙しい方でも安心です。

しかし、ネットで申し込みをする場合は、Web申し込み可能かWeb完結かで大きく異なる点に注意が必要です。

Web申し込み可能は、ネットで申し込みできても、必要書類は郵送だったり、契約は店舗に行かないとできなかったりします。

一方でWeb完結であれば、申し込みから契約まですべてネットで手続き可能です。急ぎの方は、必ず事前にWeb完結ができるかどうかを確認してください。

借入希望額を出来るだけ低く設定する

クレジットカードやカードローンに申し込みする際に、必ず記入する項目に借入希望額があります。

借入希望額には、申し込み者が必要なお金を記入するところですが、必要以上に高くすると審査が厳しくなります

審査の通過率を少しでも上げるためにも、借入希望額は必要な金額のみを記入してください。

仮に急ぎで必要なお金が高額ではない場合は、申し込みする会社の最低金額を記入しましょう。

なお、借り入れ希望額以上のお金が必要になった場合は、再度審査が必要ですが増額申請が可能です。

電話での在籍確認なしのカードローンを選ぶ

カードローンを申し込みする際に、申し込み者の多くが「在籍確認なしでお金は借りられないの」と考えることが多いです。

前提として、カードローンやクレジットカードを申し込みする際に、「在籍確認自体をなくす」ことはできません。

しかし、次に挙げるカードローン会社なら、原則として在籍確認の電話連絡なしで契約が可能です。

  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット

ただし、あくまでも「原則」電話での在籍確認をおこなっていないのであって、審査結果によっては在籍確認が必要なケースもあります。

まとめて複数申し込まない

クレジットカードやカードローンは、審査があるため、複数申し込みをしたい気持ちはわかります。

しかし、まとめて複数の会社に申し込みをすると、「申し込みブラック」になるかもしれません

カードローンの審査に使われる信用情報には、カードローンに申し込みをした記録も含まれます。

信用情報は約6か月間保有されるため、期間中に複数のカードローン会社に申し込みをすると、悪い印象を与える可能性が高くなります。

貸し倒れの可能性があるかもしれないと思われてしまっては、審査に通りにくくなるでしょう。

したがって、まとめて複数申し込みするよりも、1社に絞り込むほうが審査に通りやすくおすすめです。

申し込みしたい会社の条件をクリアしている

カードローン会社によって、申し込み条件は細かく異なります。申し込みをするまえに、必ず条件を確認して、基準を満たしているかどうかを確認してください

とくに、一番気を付けたいのが各社の年齢条件です。

カードローンで即日融資を受けるためには、年齢条件をクリアして、安定した収入があることが最低条件だからです。

会社によっては、高校生を除く18歳以上69歳以下を条件とするところもあれば、満20歳以上69歳以下でないと申し込みができないところもあります。

年齢制限に気づかないまま申し込みをすると、年齢だけで審査に落とされてしまうため、十分に気を付けましょう。

必要書類を準備しておく

カードローンの審査では、申し込み者の申告内容に偽りがないか、安定した収入があるかなどを確認するために、本人確認書類や収入証明書類の提出が必要です。

主な本人確認書類は、次のとおりです。

■ 運転免許証

■ 健康保険証

■ パスポート

■ マイナンバーカード

■ 住民票

■ 住民基本台帳カードなど

また、収入証明書類は、次に挙げるものを用意しておきましょう。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 税額通知書など

収入証明書に関しては、高額な借り入れを希望する場合や他者との借入金が100万円を超える場合に求められるケースが多いです。

また金融機関の判断により、必要に応じて収入証明書の提出を求められる可能性もあるため、事前に準備しておきましょう。

まとめ

即日キャッシングする方法は、大きく分けてクレジットカードのキャッシング枠か、カードローンを利用するかの2つがあります。

それぞれにメリットも異なるので、特徴をよく理解して、自身に合った商品を選びましょう

お金をすぐに借りるために、クレジットカードかカードローンを申し込みする場合、気を付けるポイントは次のとおりです。

即日融資に対応した商品か

審査可能時間内に申し込みを行う

金利を確認する

Web完結の商品か

借入希望額はできる限り低く設定する

電話での在籍確認なしの商品にする

まとめて複数申し込みをしない

審査にかかる時間は、商品によって大きく異なるため、即日融資を希望する方はまず申し込みから契約までの時間が短いものを選びましょう。

また、前提として在籍確認がない商品はないため、職場への在籍確認を避けたい方は、「原則」行っていない商品を選ぶことをおすすめします。

本記事で紹介をしたクレジットカードも参考にして、自身に合った商品を選んでみてください。

あわせて読みたい
即日融資できる銀行カードローンはある?早く融資を受けるポイントや流れを解説 急にお金が必要になったとき、金利が低く、安心して利用できる銀行カードローンを検討する方も多いでしょう。 銀行カードローンには、申し込みから融資までWeb上で完結...

※本記事の情報は2022年10月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
楽天カード
三菱UFJカード
三井住友カード

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトにはプロモーション広告を含みます。なお、掲載されている広告の概要や評価等は事実に反して優遇されることはありません。
※マネーの庭では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

目次