エポスゴールドカードのメリット・デメリットは?ポイント還元や申し込みの流れも紹介

お得に利用できるゴールドカードを探している方の中には、エポスゴールドカードが気になる方もいるでしょう。

エポスゴールドカードは、マルイグループの店舗やネットショッピングなどでお得に利用できるクレジットカードです。

エポスゴールドカードには、ポイント還元アップや空港ラウンジの無料利用などの特典があります。

この記事では、エポスゴールドカードのメリットとデメリットのみでなく、申し込みの流れやよくある質問も紹介します。

エポスゴールドカードに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

一般からの招待でゴールドカードに申し込むと年会費無料に!

エポスカード
こんな方におすすめ!
  • 資産形成に興味がある
  • 現金支払いが面倒
  • 家計簿をつけている
年会費無料
国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
申し込み対象18歳〜
メリット
ポイント投資・カード積み立て対応
8種類のキャッシュレスが設定可能
アプリでカード明細がすぐわかる
デメリット
還元率が低い
ポイントは2年間の有効期限つき
家族カードは作成できない
目次

エポスゴールドカードの基本情報

エポスゴールドカードの基本情報について紹介します。

エポスゴールドカードの発行を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

エポスゴールドカードとは

エポスゴールドカードは、エポスカードの上位カードです。

自身で申し込むかインビテーション(招待状)が届くことで入会できます。

自身で申し込みをした際は、年会費が5,500円かかりますが、年間50万円以上の利用で翌年以降永年無料です。

エポスカード同様に国内外のVisa加盟店で利用できます。

また、海外旅行傷害保険の上限金額アップや年間利用額によるボーナスポイントなどメリットが豊富です。

一般のエポスカードよりもお得なポイント還元率アップサービスやボーナスポイントを活用できます。

エポスゴールドカードのポイント還元率

エポスゴールドカードのポイント還元率は、エポスカード同様に基本的には0.5%です。

年会費がかかる分エポスカードと比較して損していると感じるかもしれません。

しかし、マルイでのカード利用では還元率が2倍や選べるポイントショップではポイント還元率が3倍になるサービスもあります。

基本還元率は高くはありませんが、ポイント還元率を高める方法は多くあるのが特徴です。

エポスゴールドカードは、エポスカードよりもお得にポイントを貯められるクレジットカードといえるでしょう。

エポスカードの利用額次第でインビテーションあり

エポスゴールドカードは、通常申し込みで入会する以外に、エポスカードの利用でインビテーションが届く場合でも入会可能です。

自身で申し込みする場合と異なりインビテーションでの入会の場合は、初年度から年会費が無料でお得に入会できます。

エポスカードの年会利用額次第で、インビテーションが届く可能性があるといえるでしょう。

エポスゴールドカードのメリット

エポスゴールドカードのメリットを7つ紹介します。

一般のエポスカードでもさまざまなメリットがありますが、エポスゴールドカードの方がよりお得なメリットがあります。

エポスゴールドカードの発行に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

年間50万円以上の利用で年会費が無料

エポスゴールドカードでは、インビテーションを受けずにカードを発行すると通常5,500円(税込)の年会費がかかります。

しかし、年間50万円以上の利用で翌年以降の年会費が無料となり、お得にゴールドカードを所有できる点はメリットです。

エポスゴールドカードには、年間利用額に応じてボーナスポイントが貰えるサービスもあります。

そのため、年間50万円以上継続利用する場合にもエポスカードゴールドはお得といえるでしょう。

空港ラウンジが無料で利用できる

国内外の空港ラウンジが無料で利用できるのも大きなメリットです。

空港ラウンジでは、出発前や乗り継ぎの待ち時間に搭乗口の近くで快適に過ごせるスペースです。

空港ラウンジでは、快適に過ごすために次の物が用意されています。

  • ドリンクや軽食
  • Wi-Fiや電源
  • 新聞や雑誌

国内外の空港ラウンジが利用可能で、国内では主要な20ヶ所で利用できます。

たとえば次の空港ラウンジが利用できます。

  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新千歳空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港
  • 那覇空港

空港を仕事やプライベートなどでよく利用する方におすすめの特典です。

ただし、空港ラウンジを無料で利用できるのはゴールド会員のみで同行者は別途料金がかかる点には注意しましょう。

最大5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

エポスゴールドカードには、海外旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険は、海外での事故や病気などによる医療費や損害賠償費などを補償する保険です。

海外旅行時には、保険適用外となり高額な医療費がかかる場合があるため、海外旅行傷害保険があると安心です。

他のクレジットカードと比較しても補償額が充実しており補償額も3,000万円から5,000万円に引き上げられています。

海外旅行傷害保険は自動付帯でなく、利用付帯のため適用条件に注意しましょう。

海外旅行傷害保険の適用条件は、エポスゴールドカードで海外旅行の航空券やホテルなどの代金の一部以上を支払うことです。

海外旅行の費用をエポスゴールドカードで支払えば、利用条件は満たせるためハードルが低い点も魅力です。

マルイでのカード利用でポイント還元率アップ

エポスゴールドカードは、通常のポイント還元率は0.5%ですが、マルイでのカード利用でポイント還元率がアップします。

通常のポイント還元率は、利用金額200円につき1ポイントで0.5%です。

しかし、マルイでのカード利用では、ポイント還元率が2倍となり、還元率は1%となります。

マルイは関東や関西に加えて、東海と九州に店舗があり、店舗で利用すればポイント還元率アップが可能です。

また、店舗以外にもネットショップでの利用でも還元率アップでお得に利用できます。

家族もゴールド会員に招待できる

エポスゴールドカードは、家族もゴールド会員に招待できるのも特徴の一つです。

通常ゴールドカードの利用には年会費が5,500円かかります。

ゴールド会員またはプラチナ会員の紹介の紹介の場合は、家族の年会費が永年無料となるメリットがあります。

家族をゴールド会員に紹介すればファミリーボーナスポイントとポイントシェアを利用可能です。

ファミリーボーナスポイントでは、家族合計の年間利用額に応じてポイントがプレゼントされます。

家族全員がゴールド会員の場合は次の通りです。

  • 年間利用額が100万円以上:1,000ポイント
  • 年間利用額が200万円以上:2,000ポイント
  • 年間利用額が300万円以上:3,000ポイント

また、ポイントシェアでは家族同士で1ポイントからシェアできるため、ボーナスポイントをシェアも可能です。

エポスポイントの有効期限が無期限

エポスポイントは、1ポイントを1円で利用可能です。

エポスポイントは、マルイの店舗や通販での商品購入やギフト券交換などにさまざまなものと交換可能です。

交換範囲が広く便利なエポスポイントですが、一般のエポスカードのポイント有効期限は2年です。

しかし、エポスゴールドカードになるとエポスポイントの有効期限は無期限です。

有効期限なしで好みのタイミングで利用できるようになるため、エポスポイントが無駄になる心配がありません。

年間の利用分に応じたボーナスポイント

エポスゴールドカードは、年間の利用額に応じてボーナスポイントが付与され、最大10,000ポイントまでです。

ボーナスポイントは、年間利用額が50万円の場合は2,500ポイントで、100万円の場合は10,000ポイントです。

ボーナスポイントは、集計後翌々月の中旬に配布予定で、ボーナスポイントはエポスポイントと同じように利用できます。

そのため、年間の利用額が多い方は、エポスゴールドカードをよりお得に利用できるでしょう。

エポスゴールドカードのデメリット

エポスゴールドカードは、年間50万円以上で年会費無料だったり、空港ラウンジが無料で利用できたりとメリットが豊富です

お得なメリットが豊富なエポスゴールドカードですが、デメリットがないわけではありません。

エポスゴールドカードのデメリットについて2つ紹介します。

基本の還元率が0.5%と低い

エポスゴールドカードの基本のポイント還元率は0.5%で、他のゴールドカードと比較しても低い水準です。

たとえば、楽天ゴールドカードやdカードゴールドなどのゴールドカードは基本の還元率が1.0%です。

普通にカードを利用してポイントを貯める理由では、エポスカードゴールドはあまりおすすめではありません。

しかし、エポスゴールドカードでは対象ショップの中からショップ登録をするのみで、カード利用時のポイントが3倍になります。

他には、年間利用ボーナスや家族紹介サービスなどポイント還元率が上がる仕組みが数多くあります。

基本の還元率が低い点はデメリットですが、一般のエポスカードよりもポイントをお得に貯められる点はメリットです。

国際ブランドがVisaのみ

エポスゴールドカードは国際ブランドがVisaのみです。

Visaが利用できない店舗や国がある場合は、エポスゴールドカードでは支払いができません。

そのため、海外でのカード利用に制限がある場合やVisaの手数料が高い場合でもVisaを利用するしかありません。

他のゴールドカードでは、国際ブランドがMastercardやJCBなどの選択肢がある場合が多いです。

国際ブランドの幅が広い方が、海外でのカード利用に便利なため、エポスゴールドカードのデメリットといえるでしょう。

しかし、Visaは加盟店が多く国際的に利用されているため、海外でも十分に活用できると言えます。

エポスゴールドカードの申し込みの流れ

エポスゴールドカードの申し込みの流れを紹介します。

エポスカードを所有しているかに関係なく公式サイトから申し込み可能です。

受け取り方法により本人確認書類の有無が異なるため、事前に確認しておきましょう。

 1:Webで申し込み

エポスゴールドカードの申し込みは、エポスカードを所有しているかどうかで申し込み方法が異なります。

エポスカードを所有している場合は、Webで公式サイトにアクセス後にエポスカードをお持ちの方を選択します。

また、エポスカードを所有していない場合は、Webで公式サイトにアクセス後にエポスカードをお持ちでない方を選択しましょう。

会員規約の確認と必要情報を入力して申し込みを完了します。

はじめてエポスカードに申し込む際に必要な情報は次の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 性別
  • 職業
  • 年収

必要事項を入力後に本人確認書類を選択して提出と口座振替手続きもおこないます。

2:入会審査

エポスゴールドカードの申し込みをすると入会審査が開始されます。

入会審査は、エポスカードを所有している場合はエポスカードの利用状況や信用情報などをもとに判断されます。

エポスカードを所有していない場合も同様に入会審査がおこなわれ、審査結果はすぐにメールで確認可能です。

ただし、審査申し込みの時間帯により翌日に審査結果が届く場合もあるため、発行手続きに余裕を持たせておきましょう。

入会審査に通過した場合に、エポスゴールドカードのカード受け取り方法を選択します。

3:カード受け取り

エポスゴールドカードの審査に通過したら自宅受け取りまたは店舗受け取りのどちらかを選択可能です。

店舗受け取りの場合は最短当日に受け取りができる点が特徴です

店舗受け取りの際は、審査結果メールと本人確認書類に加えてキャッシュカードが必要となります。

本人確認書類として利用できる主な書類は次の書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 個人番号カード

自宅での受け取りを希望した場合は、1週間ほどでカードが自宅に届きます。

受け取り時には、本人確認書類不要の簡易書留で届くため、本人確認書類の準備は必要ありません。

エポスゴールドカードに関するよくある質問

エポスゴールドカードに関するよくある質問をまとめました。

エポスゴールドカードをスムーズに発行するためにも、ぜひ確認しておきましょう。

学生でもゴールドカードの申し込みはできる?

エポスゴールドカードは、学生の場合年齢に関係なく申し込みできません。

ゴールドカードの申し込み条件の1つに20歳以上の条件があります。

ただし、学生以外の方ですでにエポスカードを所有している場合は、18歳や19歳でも申し込み可能です。

また、プラチナやゴールドカードを家族の方が所有している場合は紹介制度を活用しましょう。

プラチナやゴールド会員の家族の方は、通常年会費5,500円が永年無料で利用できます。

ゴールドカードに切り替えるとカード番号は変わる?

ゴールドカードに切り替えると以前のカードが利用できなくなるためカード番号は変わります。

カード番号が変わるため、保険料金の支払いや公共料金などの支払いにエポスカードを利用している場合は注意が必要です。

カード番号が変わると引き落としができないため、カード切り替え後にカード番号を変更しましょう。

エポスカードの発行方法は?

エポスゴールドカードの発行方法は、次の2種類のいずれかの方法です

  • 直接店舗またはエポスNetから申し込み
  • インビテーションを受け取る

直接店舗で申し込むか、エポスNetから申し込む場合は公式サイトから申し込みが可能です。

ただし、インビテーションを受け取り申し込み場合と異なり年会費がかかる点には注意しましょう。

インビテーションを受け取る場合は、翌月までに申し込みをおこない、エポスカードゴールドを受け取ります。

インビテーションを受けた際は、年会費が永年無料となりお得です。

また、インビテーションを受けずに直接申し込みをした際でも年間50万円以上の利用で翌年以降の年会費が無料となります。

あわせて読みたい
エポスカードでキャッシングを利用する方法は?限度額の増額や返済方法も解説 マルイの店舗で即日発行ができるエポスカードは、発行後すぐにキャッシング機能を利用できるクレジットカードです。 お金を借りたい方のなかには「エポスカードのキャッ...

まとめ

エポスゴールドカードは、エポスカードの上位カードで、海外旅行傷害保険の上限額アップや空港ラウンジの無料利用などのメリットが特徴です。

基本還元率の低さや国際ブランドの選択肢の少なさなどのデメリットもありますが、エポスカードゴールドは選べるポイントショップや年間利用額によるボーナスポイントなどポイントを多くもらう手段が豊富です。

エポスカードから招待を受けてゴールドカードに申し込むと5,500円(税込)の年会費が無料になるため、エポスゴールドカードにメリットを感じた方はまずエポスカードを発行してみましょう。

あわせて読みたい
エポスカードはどんなカード?ポイント還元やメリット・デメリットについて徹底解説 年会費無料のクレジットカードを発行したいものの、クレジットカードの種類が多くどうすればよいか困る方もいる方もいるでしょう。 今回紹介するエポスカードは、年会費...

<参考>
エポスゴールドカード公式サイト

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトにはプロモーション広告を含みます。なお、掲載されている広告の概要や評価等は事実に反して優遇されることはありません。
※マネーの庭では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

目次