【初心者必見】仮想通貨の始め方を詳しく解説!おすすめの取引所4選も紹介!

近年、新たな投資先として注目なのが仮想通貨です。

2020年頃には多くの「億り人」が話題を集め、仮想通貨に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

しかし、仮想通貨は「具体的に何をすればいいのか」「そもそも自分でもできるのか」など始め方がわからない方も多いです。
結論からいうと、仮想通貨は簡単に始められます。

今回は、仮想通貨の始め方や知っておきたい基礎知識について解説します。この記事を理解すれば、すぐに仮想通貨を始められるでしょう。

また、おすすめの取引所も紹介するため、これから仮想通貨を始めたい方は参考にしてください。

そもそも仮想通貨(暗号資産)とは

「仮想通貨(暗号資産)」とは、インターネットを通じて商品等を購入できたり換金したりできるネット通貨です。ビットコインをはじめとするさまざまな銘柄があります。

仮想通貨の特徴は次のとおりです。

・ブロックチェーン技術を利用したデジタル通貨
・仮想通貨と暗号資産の違い
・価格が需要と供給の関係で大きく変動する

それぞれ、解説します。

ブロックチェーン技術を利用したデジタル通貨

ブロックチェーン技術とは、過去の取引データを鎖状につなぎネットワーク上に公開するシステムです。
それぞれのデータがつながり公開されることで、データ破損や不正取引のリスクを大きく下げられます。

そのため、大手金融機関を介することなく当人同士で財産的価値をやり取りできることが仮想通貨の最大の特徴といえるでしょう。

仮想通貨と暗号資産の違い

「仮想通貨」と「暗号資産」に違いはありません

仮想通貨の正式名称は、令和2年5月の資金決済法施工により、「暗号資産」に変更されました。正式名称が変わった理由には諸説あるものの、1つは、「国会などで誤解を生まないため」です。

国会では、「crypto-asset(暗号資産)」との表現が用いられていたり、「仮想通貨」という名称は法定通貨との誤解を生みやすかったりすることが、理由の1つとされています。

価格が需要と供給の関係で大きく変動する

仮想通貨の価格は、需要と供給の関係で決まります。

たとえば、インフルエンサーが保有している仮想通貨を売却すると、インフルエンサーを信用している方も同銘柄を売却する可能性があります。そのため、一般的には需要が下降します。

一方で、インフルエンサーがある銘柄を購入した場合、その銘柄の需要が高まる傾向にあります。

このように仮想通貨の価格は、需要と供給の関係で簡単に変動します。価格の変動幅は需要の高さにより異なるものの、大きく変動する可能性があります。

仮想通貨(暗号資産)を選ぶ方法

自身が購入する仮想通貨を選ぶ際は、次のポイントに注目するのがおすすめです。

・ホワイトリストに登録されている通貨を選ぶ
・時価総額の高い通貨を選ぶ
・将来性が高い通貨を選ぶ

上記が1つでも満たされていない仮想通貨は、利益が生まれない可能性があるため、注意が必要です。それぞれ解説します。

ホワイトリストに登録されている通貨を選ぶ

仮想通貨の選び方の1つは、信用度の高い銘柄かどうかです。

仮想通貨はインターネットで取引される特性上、詐欺に利用されることも珍しくありません。当然、詐欺にあうと所有していた銘柄をすべて失います。

そのため、銘柄を選ぶ際には信用度の高さが重要になってきます。信用度の判断基準の1つが「ホワイトリストに登録されているか否か」です。ホワイトリストとは、金融庁による審査を通った銘柄の一覧のことです。

金融庁の審査を済ませた銘柄は、信頼度が高いとされています。ただし、ホワイトリストに登録されている銘柄を、とりあえず購入すればいいわけではありません。

あくまで信頼度が高いだけであり、価格が暴落するリスクがあります。ホワイトリストに登録されている銘柄は、信頼度が高いものの、価格が下がる可能性もあることを覚えておきましょう。

時価総額の高い通貨を選ぶ

時価総額は、「発行通貨数×価格」で算出され、銘柄の需要の高さを示す指標の1つです。一般的に、時価総額が大きいほど需要が高いため、価格が暴落しにくい特徴があります。銘柄を選ぶ際は、時価総額が最低でも100億円以上のものを選びましょう

それよりも低い時価総額の銘柄を選ぶと、次のようなデメリットが生じる可能性が高くなります。

・扱っている取引所が少ない
・注文が通りづらい
・価格変動が激しい

2022年10月時点では、時価総額が100億円以上の銘柄は75種類あります。より安定性を求めるなら、時価総額が1,000億円〜2,000億円以上の銘柄を選ぶのがおすすめです。

中でもおすすめは、ビットコインやイーサリアムなどの、大規模な仮想通貨です。これらの銘柄は、マイナーな銘柄に比べると価格が暴落する可能性が少なかったり、扱っている取引所が多かったりするため、初心者でも安心して購入できます。

将来性が高い通貨を選ぶ

仮想通貨の長期運用を検討している方は、将来性が高い通貨を選ぶことが重要です。将来性の高い仮想通貨を見極める際は、次のポイントを確認してください。

・プロジェクトが活発に動いているか
・大手企業と提携しているか

仮想通貨は、何かしらの目的があって作られています。

たとえばビットコインは、決済手段が目的で作られており、幅広く利用可能な仮想通貨です。このような決済手段の導入プロジェクトなどが活発に動いている仮想通貨は、将来性が見込めます。

反対に、将来性の低い仮想通貨は、プロジェクトが活発に動いていない傾向があります。プロジェクトの進行度合いは、仮想通貨のWEBサイトやSNSなどで確認できます。

また、大手企業と提携している仮想通貨も、将来性が高い傾向にあります。

たとえば、ビットコインは「スターバックス」や「コカ・コーラ」と提携しており、大手企業と提携している仮想通貨は将来性が高いことを示唆しています。

このように、プロジェクトが活発に動いていたり、大手企業と提携していたりする仮想通貨を選びましょう。将来性の高い仮想通貨は価格が暴落するリスクが低いため、安心して仮想通貨の運用を行えるでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の始め方

仮想通貨のはじめる際の手順は、次のとおりです。

1:仮想通貨取引所の口座を開設
2:口座に日本円を入金
3:仮想通貨を購入

それぞれ、解説していきます。

1:仮想通貨取引所の口座を開設

まずは、仮想通貨の取引所を決めます。おすすめの取引所は後ほど紹介しますが、今回は「DMM Bitcoin」の取引所を例に解説します。DMM Bitcoinの口座は、主に次の流れで開設できます。

1:登録フォームやアプリなどからメールアドレスを登録する
2:基本情報の入力
3:本人確認
4:審査
5:完了

DMM Bitcoin はじめての方へから、メールアドレスを登録できます。続いて、口座開設にあたって、基本情報を入力します。2種類の本人確認方法が設けられており、スムーズに口座開設したい方は、「スマホでスピード本人確認」を選んでください。

郵送物の受け取りが不要なため、DMM Bitcoinの中では最短で口座開設できます。

なお、スマートフォンでスピード本人確認に必要な書類は、次のうち1点です。

運転免許証
マイナンバーカード(通知カード不可)
パスポート
在留カード

本人確認が終われば、口座開設の審査に入ります。結果は、登録したメールアドレスに送られてきます。本人確認方法で、「スマホでスピード本人確認」以外を選んだ方は、郵送物の受け取りが必要のため、審査結果を確認できるまでにある程度の時間が必要です。

審査に通れば、口座開設完了です。

2:口座に日本円を入金

仮想通貨を購入するには、事前に、口座に日本円を入金する必要があります。入金時に注意すべきポイントは入金手数料の有無です。

条件問わず手数料が無料の場合や、時間帯や入金額によって手数料が変動する場合など手数料の有無は取引所によっても異なります。

入金のたびに手数料が発生するケースもあるため、入金手数料の有無も参考にして取引所を選びましょう。

3:仮想通貨(暗号資産)を購入

入金が反映されると、取引所で扱っている中から好きな仮想通貨を選んで購入できます。銘柄を選ぶ際は、本記事で紹介した仮想通貨を選ぶ方法を参考にしてください。

関連記事

初めて仮想通貨の取引をはじめる際には、「どの仮想通貨がおすすめなのか」、選び方に困ることも多いものです。そもそも仮想通貨にはどのような銘柄の種類があるのか、リスクを少しでも抑えて取引できる初心者向けの銘柄は何なのかなど、慣れていない方は気に[…]

仮想通貨おすすめランキング取引所と購入方法

【初心者向け】仮想通貨(暗号資産)のおすすめ取引所4選!

初心者におすすめの仮想通貨の取引所は、次のとおりです。

・コインチェック
・bitFlyer
・GMOコイン
・DMM Bitcoin

取引所ごとの特徴をみていきましょう。

コインチェック

取引通貨数 18通貨
取引手数料 無料
最低取引金額 500円
運営会社 コインチェック株式会社

コインチェックの特徴は、次のとおりです。

・取り扱い通貨数が豊富
・取引画面が見やすい
・アプリダウンロード数国内No.1
・取引手数料が無料

コインチェックは、2021年上半期においてアプリダウンロード数国内No.1を記録した取引所です。

取引画面はシンプルなデザインで作られているため、スマートフォンで手軽に仮想通貨の運用を始めてみたい方は、まずはコインチェックから利用するのがおすすめです。

また、コインチェックでは取引に手数料がかからないため、仮想通貨取引初心者の方でもスムーズに取引できるでしょう。

\アプリDL数No.1/
コインチェックをチェック

bitFlyer

取引通貨数 17通貨
取引手数料 無料
最低取引金額 1円
運営会社 株式会社 bitFlyer Holdings

bitFlyerの特徴は、次のとおりです。

・取引手数料が無料
・Tポイントを貯められる
・取り扱い通貨数が豊富
・セキュリティ技術が優れている
・大手企業が出資しており信頼性がある
・ビットコインを1円から購入できる
・口座開設が最短10分

bitFlyerをTポイントと連携させると、お得にTポイントを貯められます。具体的には、ビットコインで500円分の買い物をするたびに、Tポイントが1pt貯まります。

決して大きなポイントではありませんが、もらえることには越しません。ビットコインはさまざまな店舗で利用できるため、bitFlyerと連携させて、お得にTポイントを保有しましょう。

またbitFlyerは、セキュリティ技術が優れていることも特徴の1つです。これまでにハッキングされたことがなく、サイバー犯罪で仮想通貨を損失するリスクは低いです。ただし、今後必ずハッキング被害に遭わないわけではありません。

国家レベルに優れているセキュリティにも、抜け目があるといわれています。そのため、「パスワードを簡易的にしない」や「2段階認証設定を行う」など、個人で行える範囲でも、セキュリティ対策をしておきましょう。

加えてbitFlyeには、「みずほフィナンシャルグループ」や「三菱UFJキャピタル」などの大手企業が出資しています。大手企業が出資している取引所は、基本的に信頼性が高いと考えられます。

信頼性や優れたセキュリティ技術に加えて、ビットコインが1円から購入できるため、仮想通貨初心者の方にもおすすめできる取引所です。

以上のようにbitFlyeには、お得にTポイントを貯められたり、セキュリティ技術が優れていたりなどの特徴があります。

\ビットコインFX取引手数料が無料/
bitFlyerをチェック

GMOコイン

取引通貨数 22通貨
取引手数料 無料
最低取引金額 1円
運営会社 GMOフィナンシャルホールディングス株式会社

GMOコインの特徴は、次のとおりです。

・1円から取引できる
・セキュリティが高い
・レバレッジ取引できる通貨が多い
・ステーキングできる
・レンディングできる

GMOコインの特徴の1つは、レバレッジ取引できる通貨が多いことです。レバレッジとは、取引所から借り入れして資金を増やすことです。レバレッジを利用するとハイリターンの取引が行えます。

レバレッジ取引は、GMOコイン以外の取引所も対応していますが、扱える銘柄が少ない傾向にあります。しかしGMOコインでは、ビットコインやイーサリアム含む、計8種類の銘柄でレバレッジ取引が可能です。

また、仮想通貨で利益を得る手段の1つに、「ステーキング」があります。ステーキングとは、ブロックチェーンのネットワークに仮想通貨を預けることで、報酬を得られる仕組みです。

以前はビットコインなどでもステーキングできていましたが、現在は中止しています。そのためGMOコインは、ステーキングできる数少ない取引所の1つです。

仮想通貨で利益を得る手段には、ステーキングのみでなく、「レンディング」もあります。レンディングとは、仮想通貨を貸し出して、定められた金利を受け取れる仕組みです。

レンディングの金利は、基本的に1%〜5%で定められています。100万円分の仮想通貨を貸し出した場合、1年で1万円〜5万円受け取れる計算です。

GMOコインにはレバレッジやステーキング、レンディングなど、利益を生み出せる機能が多く備わっています。上手く活用できれば、少ない資金でも多くの利益を得られるでしょう。

以上のことからGMOコインには、レバレッジ取引できる銘柄が多く、トレード以外からでも報酬を得られる特徴があります。

\最短10分でビットコイン購入/
GMOコインをチェック

DMM Bitcoin

取引通貨数 22通貨
取引手数料 無料
最低取引金額 1,000円
運営会社 株式会社 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴は、次のとおりです。

・レバレッジ取引できる通貨が多い
・アプリの利便性が高い
・BitMatch注文ができる
・LINEで365日サポートが受けられる
・口座開設で即時2,000円もらえる

DMM Bitcoinのアプリは、利便性が高いことで知られています。具体的には、「STモード」と「EXモード」の2種類の取引スタイルが用意されています。

STモードはシンプルさを重視して作られているため、細かな機能は省かれています。画面の見やすさと簡易的な操作が特徴の取引モードです。なお、レバレッジ取引には対応していません

一方でEXモードは、STモードとは正反対で、画面の設計は多少複雑なものの、細かな機能が利用できます。さまざまな注文方法や、チャート分析機能などが用意されているため、中級者以上の取引モードです。

またDMM Bitcoinは、LINEで年中無休のサポートを受けられます。口座開設から取引方法まで不明点はLINEで解消できるため、初心者の方でも安心して取引できます。

友達追加方法は、DMM Bitcoin LINEでのお問い合わせを参照してください。なお、LINE IDや問い合わせ可能時間は、次のとおりです。

・LINE ID:@dmmbitcoin
・受付時間:7:00 ~ 22:00(土日祝含む)
\入出金手数料が無料/
DMMビットコインをチェック

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨取引のメリットは、次のとおりです。

利益が発生する可能性がある
海外送金に手数料がかからない
少ない金額から購入可能

それぞれ解説します。

利益が発生する可能性がある

仮想通貨取引の1つ目のメリットは、利益が発生する可能性があることです。それも、少額で大金を狙える可能性があります。仮想通貨市場は成長の一途をたどっており、銘柄によっては、1、2年で100倍以上の価格になるケースも珍しくありません。

有名なのは、「シバイヌコイン(SHIB)」です。シバイヌコインは、2021年1月時点で、0.0000000076ドルでした。しかし、同年の下半期には、0.00390335ドルまで値上がりしました。

値上がり率は、約51万倍です。他にも「ガラ(GALA)」は1年で約493倍まで価格が跳ね上がっています。

仮想通貨の取引方法によって利益が発生するのはもちろん、上記のように51万倍ほどの跳ね上がりを見せる銘柄も存在します。

このように少額で大金を狙えるのは、市場が成長の一途をたどっている仮想通貨ならではの特徴といえるでしょう。

海外送金に手数料がかからない

子どもが留学していたり、海外で働いている方が家族に仕送りしたりするケースなどでは、銀行を通して海外送金する必要があるでしょう。しかし、銀行を通して海外送金すると、次のようなデメリットがあります。

・送金されるまで1週間ほどかかるケースがある
・手数料が1,000円以上かかるケースがある
・銀行の営業時間でなければ送金できない

銀行を仲介役にして行う海外送金は、手数料が高額なだけでなく、送金されるまでにある程度の日数を要します。人によっては、何回も海外送金を利用するケースもあるでしょう。

利用するほど費用面で大きく損をします。これらのデメリットは、仮想通貨では起こりません。仮想通貨を通しての海外送金は、基本的に手数料がかかりません。

また、仮想通貨の取引状況にはよるものの、即時送金されます。加えて、送金は24時間いつでも可能です。銀行を通して海外送金する際に銀行を通すとさまざまなデメリットが起こりますが、仮想通貨はそれらの欠点をすべて補っています。

仮想通貨であれば、懸念点を感じずに気軽に海外送金できるでしょう。

少ない金額から購入可能

少ない金額から購入できるのも、仮想通貨の特徴です。仮想通貨取引に似ているものに、「株」や「FX」があります。ある程度の利益を狙うなら、最低でも10万円ほどは必要になるため、参入障壁は低いとはいえません。

しかし、仮想通貨は、取引所によっては1円から購入できるため、参入障壁が低くお試し感覚で始められます。本記事で紹介した中で、1円から仮想通貨を購入できる取引所は、次のとおりです。

・bitFlyer
・GMOコイン

費用に余裕のない方や、お試し感覚で仮想通貨を始めたい方は、まずは上記の取引所で口座を開設するのがおすすめです。

銘柄によっては1年で何倍にも跳ね上がる可能性があるため、ローリスクハイリターンの取引ともいえます。1円で銘柄を購入して、トレードの勉強をするのもいいでしょう。

仮想通貨取引のデメリット・注意点

仮想通貨取引のデメリットや注意点は、次の2つです。

損失が発生する・価値が0になる可能性がある
ハッキングされる可能性がある

仮想通貨には、ローリスクハイリターンを狙えるなどの特徴があります。しかし、デメリットもあります。メリットだけでなく、デメリットなども加味したうえで、取引するか検討してください。

損失が発生する・価値が0になる可能性がある

仮想通貨はローリスクハイリターンを狙える取引です。しかし、価格が上昇傾向にある銘柄でも、短期間で暴落する可能性があります。ビットコインの価格変動を元に、具体的にみていきましょう。

ビットコインの価格は、2020年3月には、30万円前半でした。1年後の2021年には、700万円ほどの価格まで上昇したのです。しかし、2022年10月時点では、約280万円まで下がっています。

このようなビットコインの価格変動をみて、「暴落って怖い」と感じた方もいるでしょう。しかし、ビットコインの価格変動の恐ろしさは序の口です。ある銘柄では、たった1日で、42億分の1にまで下がりました。それは、「TITAN」です。

2016年のお昼過ぎは64.19ドルだったものの、翌日には、0.000000015109ドルまで下がりました。実質的な価値は0円です。

このように、ハイリターンを狙える反面、暴落する可能性もあります。場合によっては、価格が0円になるケースも考えられます。仮想通貨の取引はメリットのみでなく、大きな損失が発生する場合があることも覚えておきましょう。

ハッキングされる可能性がある

日本での被害の大きいハッキングは3件あり、すべて取引所が狙われています。中でも有名なハッキングは、2018年に仮想通貨の「XEM(ネム)」が盗まれた事件です。原因は、取引所が「ホットウォレット」で管理していたこととされています。

ホットウォレットとは、仮想通貨をインターネットに接続された状態で保管するウォレットです。インターネットに接続されているため、ハッキングの対象になりました。

もしXEMが、すべてのウォレットを「コールドウォレット」で保管していれば、ハッキングに遭っていなかったでしょう。

コールドウォレットとは、インターネットから遮断された状態で保管するウォレットのことです。コールドウォレットに保管されているウォレットには、インターネットからアクセスできないため、ハッキングの心配は不要です。

しかし、このようなハッキング事件以降、2段階認証が導入されるなどして、セキュリティは強化されました。ハッキング事件をきっかけに、仮想通貨に不安を感じるようになった方は多いでしょう。

このように仮想通貨には、ハッキングのリスクがあります。メリットだけでなく、デメリットも加味したうえで、仮想通貨を運用するか検討してください。

仮想通貨(暗号資産)に関するよくある質問

仮想通貨に関するよくある質問は、次のとおりです。

仮想通貨取引所の口座開設に本人確認は必要ですか?
日本円の入金はどの銀行口座からでも行えますか?

質問に対する回答をみていきましょう。

仮想通貨取引所の口座開設に本人確認は必要ですか?

少なくとも国内の取引所で口座開設するには、必ず本人確認が必要です。本人確認の際には、次の書面のうち1つ以上提出する必要があります。

運転免許証
マイナンバーカード(通知カード不可)
パスポート
各種健康保険証
住民基本台帳カード(顔写真あり)
住民票
住民票記載事項証明書
印鑑登録証明書

国内の取引所では、基本的に上記の書類を提出すれば、審査に進めます。顔写真がついていない書類であれば、2点以上の本人確認書類が必要です。

日本円の入金はどの銀行口座からでも行えますか?

口座からの入金は、取引所と提携している銀行であれば可能です。本記事で紹介した取引所が提携している銀行を、次の表にまとめているため参考にしてください。

取引所 提携銀行
コインチェック ・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
bitFlyer ・三井住友銀行
・住信SBIネット銀行
GMOコイン ・GMOあおぞらネット銀行 
・楽天銀行 
・住信SBIネット銀行 
・PayPay銀行 
・ゆうちょ銀行
・三菱UFJ銀行
 ・三井住友銀行
 ・みずほ銀行
 ・りそな銀行
 ・埼玉りそな銀行
DMM Bitcoin ・りそな銀行

取引所ごとに扱っている銀行は異なるため、注意してください。

まとめ

NFTコンテンツの魅力

仮想通貨とは、価格が需要と供給の関係で変動する「インターネット上のお金」です。仮想通貨を選ぶ際は、ホワイトリストに登録されているかや、時価総額を確認してから、銘柄を購入しましょう。

これらの条件を満たしている仮想通貨は、比較的安全であり、利益が発生しやすいです。

ただし仮想通貨には、メリットだけでなく、損失が発生するなどのデメリットもあります。メリットとデメリットを照らし合わせて、仮想通貨をはじめるか検討してください。

仮想通貨をはじめるなら、まずは本記事で紹介した取引所で口座開設するのがおすすめです。安全な取引所のため、初心者の方でも安心して取引できるでしょう。

※本記事の情報は2022年10月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
コインチェック
bitFlyer
GMOコイン