仮想通貨TENSET(10SET・テンセット)の特徴・将来性を解説!

デフレトークンやステーキング機能などの特徴がある「TENSET」。

しかし、TENSETがどのような仮想通貨かわからない方の中には「TENSETの特徴は?」「購入方法が知りたい」このような悩みがあり、購入できていない方も多いのではないでしょうか。

株式市場と仮想通貨市場をつなぐ目的の仮想通貨であり、仮想通貨へ投資している方の中で人気のある仮想通貨です。

本記事では、TENSETの特徴や将来性、購入方法などを解説するため、TENSETへの投資を検討している方は、参考にしてみてください。

目次

TENSET(10SET・テンセット)の特徴とは?

TENSETがどのような仮想通貨なのかまったくわからない方は、まず特徴を理解しましょう。TENSETの主な特徴は次の4つです。

1つずつ解説します。

株式市場と仮想通貨市場をつなぐ目的の仮想通貨

TENSETは、株式市場と仮想通貨市場をつなぐ目的の仮想通貨です。

株式投資をおこなう場合は、証券口座を開設する必要があります。そのため、発展途上国や十分な収入がなく口座を持っていない方などは、そもそも株式投資ができません。

そのような方でも、インターネット環境とスマートフォンやパソコンが使用できれば、仮想通貨へ投資できるようにTENSETが立ち上げられました。

大前提として、株式市場と仮想通貨市場をつなぐ目的のある仮想通貨と覚えておきましょう。

ETF(上場投資信託)を導入したプラットフォーム

TENSETは、ETFを導入したプラットフォームです。

ETFとは、投資してもらったお金を投資のプロが分散的に投資し、運用で得た利益を投資してもらった方に分配する形式の金融商品を指しています。

自身で銘柄を選ぶのではなく、投資のプロが利益のでそうな銘柄に投資してくれるため、投資に関する知識が少ない方でも利益を得られる可能性の高い金融商品です。

1つの銘柄にすべて投資するのではなく、分散的に投資する点も特徴といえます。1つの銘柄で利益がでなかった場合でも、その他の銘柄で利益が上がる可能性があり、投資のリスクを分散できるのは大きなメリットです。

仮想通貨への投資を始めてみたいと考えているものの、どの銘柄に投資したらいいのかわからない方や、プロに運用を任せたい方などは、TENSETを利用してみましょう。

デフレトークン

トークンの中には、供給量が一定のものや増加するものもありますが、供給量が減少するトークンもあります。供給量が一定の量まで減少し続けるトークンがデフレトークンです。

デフレトークンを採用すると、価格を上昇できます。TENSETが価格を上昇させるためにおこなっている施策は次のとおりです。

・ETFの運用益でTENSETが買い戻されてそのトークンをバーンする
・流通量が210万枚になるまでバーンする
・取引手数料の1%をバーンする

「バーン」とはトークンを消滅する意味と理解してください。上記の施策を実行し、トークンの価値をデフレにする目的があります。

2022年8月時点で1,700万枚のTENSETがバーンされているため、今後はさらに多くのTENSETがバーンされて、供給量が減少するでしょう。
※参考:ファイナンスナビ 

ステーキング機能で所有しているだけでコインがもらえる

TENSETは、ステーキング機能を利用すると、所有しているとコインがもらえます。
2022年6月からステーキングが開始され、長期間ステーキングするほど多くのコインが受け取れるため、利用者から人気のある機能です。

ステーキングの期間は、次の4つから好みの期間を選べます。

・24時間
・30日
・60日
・90日

ステーキングを利用し、TENSETを預けている期間は自由に引き出せません。そのため、長く預けると多くの報酬が受け取れるという理由で90日を選ぶのは危険です。

利用する際は、よく考えて期間を決めてみてください。

関連記事

BITPOINTやGMOコインで取引できる「エイダコイン」。名前は聞いたことがあるものの、どのような仮想通貨かわからない方も多いです。 「エイダコインの特徴は?」「将来性はある?」このような疑問を抱いたまま投資するのは、非常に不安では[…]

仮想通貨エイダコイン ADA 特徴

仮想通貨TENSET(10SET・テンセット)の価格動向

TENSETに投資しようか迷っている方の中には、価格動向が気になる方も多いのではないでしょうか。直近1年の価格動向を画像で確認してみましょう。

2021年11月29日は約113円ですが、そこから2022年1月5日には約421円まで上昇しています。その後1月後半から下降しますが、再び上昇トレンドにのって2022年4月4日には約540円になりました。

2022年5月は300〜400円を行ったり来たりしている中、いきなり6月8日に約15円まで下降しています。6月の大幅な下落は、スマートコントラクトの移行の影響です。

しかし、2日後の6月10日には300円台まで上昇しました。7月7日には直近1年の間で最も高い約562円を記録し、2022年11月現在は170円台に落ち着いています。

関連記事

仮想通貨ネムが気になっている方の中には「ネムの特徴は?」「将来性はある?」このような疑問がある方も多いでしょう。 これまでネムは価格が何度も上昇したりNFTやDeFi分野への参入の動きがあったりするため、将来性のある仮想通貨といえます[…]

TENSET(10SET・テンセット)の将来性

TENSETへの投資を検討している方は、TENSETの価格動向のみでなく将来性についても検討し、投資するか決めてみてください。

TENSETの将来性は、次の項目で判断してみてください。

・大手取引所も取り扱いしている仮想通貨
・供給量が下がることで希少性が高まる
・株式投資が誰でもできるようになる

1つずつ解説します。

大手取引所も取り扱いしている仮想通貨

TENSETは、海外の大手取引所も取り扱っている仮想通貨のため、投資しようと思えば多くの方が投資できる環境にあります。

そのため、大手取扱所で取り扱われていない仮想通貨と比較すると、将来性のある仮想通貨といえるでしょう。また、現在取り扱っていない取引所やDEXへ上場すると、さらに多くの方の目にとまり価格も上昇すると考えられます。

たとえば「バイナンス」や「コインチェック」などの大手取引所への上場が決定すれば、保有者が増える可能性が高いです。
TENSETの将来性が気になる方は、今後の動きに注目してみてください。

供給量が下がることで希少性が高まる

TENSETの特徴の部分でもお伝えしたとおり、TENSETはデフレトークンを採用しており、価格を上昇させるためにTENSETをバーンする施策をいくつも実施しています。

そのため、供給量が下がり希少性が高まるでしょう。

しかし、確実に価値が高まるとは断言できません。先ほど価格の推移をお伝えしたとおり、2022年11月現在の価格は170円台です。約562円の時期もあるため、上昇している時期と比較すると約400円下落しています。

デフレトークンを採用しているからといって、確実に価値が高まるわけではないと理解しておきましょう。

株式投資が誰でもできるようになる

TENSETは、株式市場と仮想通貨市場をつなぐ目的の仮想通貨です。そのため、TENSETのプロジェクトがうまくいけば、株式市場と仮想通貨市場にアクセスできる可能性も高まります。

TENSETの目的が達成されれば、インターネット環境さえあれば株式投資できるため、さらに多くの方がTENSETを利用する未来を実現できるでしょう。

プロジェクトの動きに注目し、TENSETの目的が達成できそうか検討してみてください。

TENSET(10SET・テンセット)に関する口コミ

TENSETが気になっている方は、TENSETに関する口コミを参考に、実際に投資している方がどのような意見を持っているのか確認しましょう。

TENSETに関する口コミの中でも、次の3つの項目に対する口コミを紹介します。

それぞれ確認してみてください。

将来性についての口コミ

まずは、TENSETの将来性についての口コミを紹介します。

上記のとおり、将来性に関しては「GEMの将来性に期待している」「プロジェクトに将来性を感じる」このような内容が目立っています。

TENSETは「TENSET GEM」と呼ばれるプロジェクトを実施しています。プロジェクト内では、将来性のある仮想通貨をリリースしており、実際にリリースされた仮想通貨の多くの価格は高騰しています。

TENSETへ投資している方の多くは、TENSET GEMに将来性を感じているため、同じようにプロジェクトに将来性を感じる方は投資を検討してみてください。

インフィニティに関する口コミ

TENSETのインフィニティとは、仮想通貨であるTENSETをロックし、トークンをエアドロップで受け取る際のプラットフォームの名前です。

TENSETのインフィニティに関する口コミを確認してみましょう。

上記のとおり「将来価格が高騰する可能性のあるコインがもらえる」「50種類のコインがもらえた」このような口コミが見られました。

TENSETのインフィニティを利用すると、無料でコインがもらえます。インフィニティ内に集まっているすべての暗号資産が受け取れるため、インフィニティを高く評価している方が多いです。

中には有名な銘柄のコインが紛れ込んでいる場合もあるため、気になる方は参加してみましょう。

エアドロップに関する口コミ

エアドロップとは、仮想通貨やトークンを無料で利用者に配布するイベントです。無料で配布し、宣伝につなげる目的があります。

エアドロップに関する口コミは次のとおりです。

上記のとおり「52種類のエアドロップを獲得できる」「エアドロップの恩恵が大きい」このような内容が見られました。口コミのとおり、エアドロップは利用者から高評価です。

2022年10月におこなわれた第52回のエアドロップへ参加した方は、インフィニティ内にある暗号資産52個をエアドロップとして受け取れました。

今後もエアドロップが開催され、そのたびに暗号資産が追加されるため、52個以上の暗号資産を受け取れます。エアドロップがない他の仮想通貨よりも大きな恩恵を受けられるため、エアドロップ目当てに投資する方も多いです。

TENSET GEMとは?5つのプロジェクト

TENSETには、TENSET GEMを保有している方限定で参加できるサービス「TENSET GEM」があります。TENSET GEMは、TENSETが将来性のある仮想通貨をリリースするプロジェクトです。

これまでにおこなわれたプロジェクトをまとめてお伝えします。

・ METAHERO
・KANGA EXCHANGE
・EVERDOME
・FAME MMA
・Satoshi Island

プロジェクト内容を詳しく解説するため、気になる方は確認してみてください。

METAHERO(メタヒーロー)

METAHEROは、3Dスキャンを利用して人やさまざまな物をNFT化し、メタバースに持ち込む目的で立ち上げられたプロジェクトです。

METAHEROは「HERO」と呼ばれる仮想通貨を発行します。

日本の企業であるSONYがMETAHEROと提携している点から、注目度の高さがうかがえるのではないでしょうか。

KANGA EXCHANGE(カンガエクスチェンジ)

KANGA EXCHANGEは、暗号資産取引所です。KANGA EXCHANGE独自のトークンである「KNG」を発行しています。

暗号資産取引所と聞くとオンライン上の取引所をイメージする方も多いですが、KANGA EXCHANGEは実店舗を設けており、実店舗へ足を運べば現金化も可能です。

EVERDOME(エバードーム)

EVERDOMEは、メタバースに特化した火星がモチーフのプロジェクトです。

TENSET GEMの2弾目のプロジェクトである「METAHERO」の3Dスキャン技術を採用しており、グラフィックの綺麗さが高く評価されています。

EVERDOMEは、独自トークンである「DOME」を発行しており、海外取引所で購入可能です。

最近メタバース業界は注目されているため、今後もさまざまな企業が参加し、大きな盛り上がりを見せると推測できます。

FAME MMA(フェーム・エムエムエー)

FAME MMAは、ポーランド発の格闘技プロジェクトです。FAME MMAでは「FAMEトークン」が発行されます。

FAME MMAは、すでに多くのフォロワーを獲得しており、熱狂的なファンも存在するため、非常に注目されているプロジェクトです。次のような媒体で試合の映像や情報を発信しています。

・YouTube
・Instagram
・TikTok
・Twitter
・Facebook

SNSマーケティングを利用し、アメリカで人気の格闘技である「UFC」につぐPPVの記録を樹立しています。

FAME MMAは、TENSET GEMの4弾目のプロジェクトです。2022年4月25日に実施され、48時間限定で参加者全員に購入可能枠が付与されました。

Satoshi Island (サトシあいランド)

Satoshi Islandは、NFTを購入してバヌアツ共和国のプライベートアイランドの土地を保有する目的で立ち上げられたプロジェクトです。

もちろんバヌアツ共和国公認のプロジェクトであり、現実世界に実在する島の土地を所有できるため、多くの方からの注目が集まっています。Satoshi Islandでは「Satoshiトークン」が使用され、Satoshi Islandで支払いをおこなう際は必須のトークンです。

また、Satoshi Islandには、土地NFTと市民権NFTも存在しており、それぞれのNFTを購入すると次の権利を獲得できます。

土地NFT ・土地の所有権

・住居を建てる権利 など

市民権NFT ・住む権利

・働く権利

・決議権

・NFTミントとエアドロップのアクセス権

 

Satoshi Islandの前に実施されたTENSET GEMのプロジェクトはすべて価格が上昇したため、第5弾目のSatoshi Islandは非常に注目されていました。

関連記事

ゲームをプレイするだけでお金を稼げると人気の「NFTゲーム」。今では種類も増えて、さまざまなジャンルのNFTゲームがリリースされています。 これからNFTゲームを始める方の中には「NFTゲームってそもそもどんなゲームなの?[…]

TENSET(10SET・テンセット)の購入方法・流れ

ここまでの解説で、TENSETが魅力的に感じた方も多いのではないでしょうか。そのような方は、次の流れでTENSETを購入してみてください。

・1:国内の取引所で仮想通貨を購入
・2:海外の取引所に送金
・3:USDTでTENSETを購入

順番に解説します。

1:国内の取引所で仮想通貨を購入

TENSETは海外の取引所でのみ取引可能な仮想通貨のため、国内の取引所で口座を開設し仮想通貨を購入する必要があります。

2:海外の取引所に送金

国内取引所で仮想通貨を購入した後は、海外の取引所に送金します。送金するには、海外の取引所の口座を開設する必要があります。

記事後半では、おすすめの海外取引所を紹介しているため、特徴を理解して自身に最適な取引所を選んでみてください。
海外の取引所へ送金する手順は、次のとおりです。

・1:海外取引所のマイページで仮想通貨の入金アドレスを取得
・2:国内取引所のマイページで海外取引所の出金先アドレスを追加
・3:送金完了

口座を開設した取引所によって操作は異なりますが、大まかに上記の手順で送金できます。

3:USDTでTENSETを購入

最後に、送金国内取引所から海外取引所へ送金した仮想通貨をUSDTにトレードし、USDTでTENSETを購入してください。

\入出金手数料が無料/
DMMビットコインをチェック

TENSET(10SET・テンセット)が購入できる!海外の仮想通貨取引所5選

TENSETは、国内の取引所で購入できないため、海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。2022年11月時点でTENSETを取り扱っている海外取引所は、次の5つです。

・Pancake Swap
・Uniswap
・Gate.io
・Kanga Exchange
・BitMart

1つずつ取引所の特徴を解説します。

Pancake Swap

Pancake Swapは、分散型の取引所であり「CAKE」と呼ばれる仮想通貨が使用されます。

AMMの仕組みが採用された取引所のため、流動性を確保する設計で構築されており、CAKEを預けると利息分のCAKEが受け取れる点が特徴です。

従来の分散型取引所は、通貨の流動性の低さが問題視されていました。しかし、Pancake Swapの場合、AMMの仕組みからユーザーがCAKEを積極的に預けるため、流動性が生み出されています。

また、イーサリアムのガス代のように手数料の問題も解決しており、安い手数料で取引可能です。イーサリアムとは別のバイナンススマートチェーン上で取引できるため、ガス代の影響は受けづらいといえます。

安い手数料で取引したい方は、Pancake Swapを検討してみてください。

Uniswap

Uniswapは2018年から運用が始まった分散型取引所です。1,500種類以上の仮想通貨を取り扱っており、本人確認不要で簡単に取引を始められます。

手数料に関しては、Uniswap自体が非営利目的で運用しているため、他の取引所と比較して圧倒的に安いです。

国内の取引所は、多くが中央集権型の取引所であり営利目的のため、取引にかかる手数料をユーザーが負担しなくてはなりません。

手数料が圧倒的に安い一方で、金融庁の認可を得ていない点はデメリットです。認可を受けていない取引所で取引をする場合、リスクを許容した上で利用する必要があると理解しておきましょう。

Gate.io

Gate.ioは、2013年に設立された取引所で、700種類以上の仮想通貨を取り扱っています。利用者数は100万人を超えている実績から、安心して利用できる方も多いはずです。

Gate.ioは、セキュリティレベルの高さも特徴といえます。

ネットワークから隔離した場所で通貨を保管する「コールドウォレット」や2段階認証などのセキュリティを採用しているため、海外取引所が不安な方も安心してください。

しかし、Gate.ioは日本語に対応していない取引所のため、英語が読めない方は利用する際に戸惑ってしまうでしょう。

また、入出金手数料は無料ですが、取引手数料は発生します。割引される場合もありますが、比較的高めに設定されているため、利用する際は手数料に注意してください。

Kanga Exchange

Kanga Exchangeは、銀行のように実店舗が設けられているめずらしい取引所です。ポーランド政府から認可を受けている取引所のため、比較的安心して利用できます。

Kanga Exchangeは、TENSETのTENSET GEMのプロジェクトに参加した実績があるため、将来性のある取引所と言えるのではないでしょうか。

また、ステーキングの利息が高い点も大きな特徴です。

変動はありますが、5.5%ほどの年利で報酬を受け取れます。また、毎日0.3%分のボーナスも受け取れるため、他のステーキングよりも多く報酬を受け取れる可能性が高いです。

ステーキングを検討している方は、Kanga Exchangeを利用してみてください。

BitMart

BitMarkは、2018年の3月に取引を開始した海外取引所です。海外取引所ではあるものの、日本語に対応しているため、英語がわからない方も安心して利用できます。

手数料の安さも特徴です。BitMartの通常の取引手数料は0.25%のため、他社よりも割高と感じるでしょう。しかし、BMXを支払いに利用すると25%割引できるため、仮想通貨であるBMXを発行する方におすすめです。手数料の割引額は、BMXの保有量と取引高によって変動します。

BitMartは、iPhoneやAndroidスマートフォンのアプリをリリースしており、スマートフォンから簡単に取引できる点は大きなメリットです。

外出先でも手軽に取引できるため、通勤や通学中にもチリ引きしたい方は、アプリを利用してみてください。

TENSET(10SET・テンセット)に関するよくある質問

ここでは、TENSETに関するよくある質問に回答します。TENSETの発行上限や日本円の価格などについて解説するため、気になる方は確認してみましょう。

TENSET(10SET・テンセット)の発行上限は何枚ですか?

TENSETの発行上限は、2億1000万枚です。

インキュベーターとはなんですか?

インキュベーターの言葉の意味は「乳児を育てる保育器」ですが、TENSETで使用されるインキュベーターは「起業家やベンチャー企業を支援する」このような意味です。

TENSET(10SET・テンセット)の現在の日本円の価格はいくらですか?

2022年11月5日時点でTENSETの日本円の価値は、187.30円です。

※参考:CoinMarketCap

まとめ

今回は、TENSETの特徴や将来性、口コミなどについて解説してきました。あらためてTENSETの特徴を確認しておきましょう。

・株式市場と仮想通貨市場をつなぐ目的の仮想通貨
・ETF(上場投資信託)を導入したプラットフォーム
・デフレトークン
・ステーキング機能で所有しているとコインを獲得可能

TENSETは、株式市場と仮想通貨市場をつなぐ目的で発行された仮想通貨です。

株式投資と同じように、ETFを導入したプラットフォームである点も特徴と言えます。

投資のプロが銘柄を選んで投資をおこない、獲得したり利益を受け取れるため、仮想通貨の知識がない方も安心して投資できるのではないでしょうか。

TENSETへの投資を検討している方は、記事内で紹介したTENSETの購入方法を参考に始めてみてください。

※本記事の情報は2022年11月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。