レイクは在籍確認なしで借りられる?在籍確認方法や借り入れまでの流れも解説

普段の生活で「急な出費に対応できない」「現金が足りない」などの悩みを経験したことがある方もいるでしょう。

そのような悩みに便利なサービスが、「レイク」のカードローンです。レイクでは、24時間365日いつでも申し込み可能で簡単な入力作業を済ませれば最短25分で融資可能と、急いで借入をしたい方にとって嬉しいサービスです。

しかし、レイクに限らずすべてのカードローンを利用するにあたって悩むポイントが職場への在籍確認です。

借入を検討している方の中には「職場や家族に内緒で借入できないか」「職場での印象が悪くなるのではないか」「在籍確認なしで融資を受けられないか」など可能なかぎり在籍確認をせずに融資を受けたいと感じる方も多くいるでしょう。

そこで今回の記事では、レイクの在籍確認の方法や借入をするまでの流れを解説します。レイクを利用するにあたってよくある質問もあわせて紹介していくため、借入前に不安を解消できるよう、レイクの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※右にスクロールできます

おすすめの
大手消費者金融

アイフル

プロミス

SMBCモビット

レイク

アコム

金利(実質年率) 3.0%~18.0% 4.5~17.8% 3.0~18.0% 4.5〜18.0% 3.0~18.0%
融資時間 最短25分 最短25分 最短60分 最短25分 最短30分
審査時間 最短25分 最短25分 最短10秒 最短15秒 最短30分
借り入れ限度額 1〜800万円 1〜500万円 1〜800万円 1〜500万円 1〜800万円
無利息期間 最大30日間 最大30日間 最大180日間 最大30日間
審査優先サービス × × ×
電話の在籍確認なし Web完結の場合なし
郵送物なし
公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

簡単診断

簡単診断してみる

簡単診断してみる

簡単診断してみる

簡単診断してみる

簡単診断してみる

レイクをチェック

レイクの審査時の在籍確認方法とは?

 

在籍確認は、申し込み者が申告した職場で実際に働いているのか、事実を確認するための手続きです。安定的な収入があることや、虚偽の申告をしていないのかの確認は融資する側にとっては当然のことといえます。

そのため、すべてのカードローンサービスでは、在籍確認の実施が義務付けられています。レイクも例外ではなく、在籍確認なしでは借入できません。

しかし、レイクは借入申し込み者のプライバシーに最大限の配慮をしており、在籍確認が原因で周囲の方にお金に困っていることを気が付かれ、不利益となってしまうことはまずありません。

レイクがおこなうプライバシーに配慮した、基本的な在籍確認方法について紹介していきます。

レイクの基本的な在籍確認方法は電話

レイクに借入の申し込みをすると、申し込み者が働いている職場への電話による在籍確認があります。電話連絡が一番確実で、スピーディーに在籍確認が可能であるからです。

たとえば、レイクから申し込み者の職場への電話連絡で申し込み者本人が電話に出た場合のほか、申し込み者本人が不在のタイミングであっても、代わりに電話に出た方の対応から申し込み者が申告した職場に在籍していることを判断できれば在籍確認は終了できます。

一方で、レイクでは電話連絡による在籍確認が難しい事情がある場合には、書類による在籍確認をおこなう可能性があります。職場への電話連絡が難しい事情がある場合は、在籍確認の方法を書類提出に変更を希望する意向を相談してみましょう。

在籍確認の電話がかかってくるタイミング

レイクの職場への電話連絡による在籍確認は、借入を申し込みした後におこなう本審査の際におこなわれます。本審査のタイミングは申し込み者がおこなった申し込み方法によって異なるため、申し込み方法別にそれぞれ紹介していきます。

まずはWebで申し込みをおこなった場合には、在籍確認は次のようなタイミングでおこなわれます。

  • 最短15秒で画面上に審査結果が表示
  • 本人確認書類の提出と同じタイミングで申し込み者の連絡先に、本人の確認の電話がくる
  • 本人確認の電話の後、職場へ在籍確認の連絡がおこなわれる

次に自動契約コーナーで申し込みをおこなった場合、在籍確認は次のようなタイミングでおこなわれます。

  • 自動契約コーナーを利用して必要事項の入力や本人確認書類の提出などをおこなう
  • 申し込み後、申し込み者本人が自動契約コーナー内にいる間に在籍確認がおこなわれ、審査の結果が通達される
  • 審査が通過すれば、契約やカードの受け取りが可能

最後に、電話で申し込みをおこなった場合、在籍確認は次のようなタイミングでおこなわれます。

  • 申し込み電話でオペレーターに氏名や勤務先などの情報を伝え、審査開始
  • 電話での在籍確認が必要な場合、審査開始時に同時におこなわれる
  • 9時~21時の申し込み電話であれば、審査結果はすぐに教えてもらえる
  • 申し込み状況によっては後刻、あらためて電話連絡がおこなわれる

レイクは借入の申し込み手続き後、すぐにレイクの審査が始まり、問題がなければ本審査へと進みます。在籍確認の基本的なタイミングは、本審査から契約までの間にする本人確認書類の提出と同じタイミングで職場への在籍確認がおこなわれます。

確認や書類提出などを手間に感じる方にとっては、Webでの申し込みはスマートフォンひとつですべての手続きが可能なため、急いで融資が必要な方におすすめです。

レイクはどの申し込み方法を選択しても、最終確認のような位置付けとして在籍確認がおこなわれます。しかし、プライバシーに配慮しているため、電話で在籍確認がおこなわれる場合には、突然職場に電話をかけることはありません。

レイクから、申し込み者本人に連絡し、事前確認したあとに在籍確認がおこなわれます。それぞれの申し込み方法によって少しずつ在籍確認のタイミングが異なるため、確認したうえで自身にあった申し込み方法でおこないましょう。

レイクの在籍確認は基本的に初回のみ

レイクは、毎回借入のたびに在籍確認をおこなうわけではありません。職場への在籍確認は基本的に初回の利用申し込み時のみです。そのため、初回の審査に通過すれば、以降は職場への在籍確認なしで借入可能になります。

しかし、初回利用時と比較して次のような事項にあてはまる場合は再度在籍確認が必要になる場合があります。

  • 転職をしている
  • 勤務先が変わった
  • 年収に大きな増減がある
  • 基本的な情報に変更がある

などにあてはまらない場合にかぎり、在籍確認されることはありません。

レイクをチェック

【例文付き】レイクの在籍確認の電話内容

 

レイクを利用した場合の在籍確認について説明してきましたが、実際にどのような電話内容がくるのか不安になるものです。レイクでは、そのような申し込み者の気持ちに配慮するため、職場への電話連絡の際に社名を名乗らないことを次のとおり明言しています。

審査の結果によりお電話での確認が必要となる場合があります。お勤め先に在籍確認をする際は、お客さまのプライバシーには十分な配慮をし、ご本人さま以外には「レイク」や「新生フィナンシャル」という名称はお出しいたしません

非通知もしくは発信専用の番号で、担当者の個人名にてお電話をおかけしていますので、ご安心ください。

さらに、職場への電話連絡の際には次の事項に配慮し、プライバシーへ最大限の配慮をしているため、周囲の方に気が付かれる可能性は低いといえます。

  • 借入申し込み者以外に要件を話さない
  • 借入申し込み者が職場に在籍していることが確認できれば再度の電話はかけない

では、職場への在籍確認の際に申し込み者本人が職場にいる場合と、本人が不在の場合の実際の通話例文をそれぞれ紹介していきます。

申し込み者本人が職場にいる場合

まずはレイクから職場へ在籍確認があった際に、申し込み者本人が職場にいた場合の通話例文を次のとおり紹介します。

  • 電話口の同僚:はい。〇〇株式会社です
  • レイクオペレーター:〇〇(個人名)と申します。〇〇(申し込み者)様はいらっしゃいますか
  • 電話口の同僚:どのようなご用件でしょうか
  • レイクオペレーター:個人的な要件です
  • 電話口の同僚:承知しました。少々お待ちください
  • 申し込み者:お電話かわりました。〇〇です
  • レイクオペレーター:新生フィナンシャル株式会社の〇〇(個人名)と申します。カードローンのご契約に関してご連絡させていただきました。今回の電話をもって在籍確認を完了させていただきま

以上で終了となります。短時間で上司や同僚に知られることなく在籍確認がおこなえます

申し込み者本人が職場にいない場合

次にはレイクから職場へ在籍確認があった際に、申し込み者本人が職場にいない場合の通話例文を次のとおり紹介します。

  • 電話口の同僚:はい。〇〇株式会社です
  • レイクオペレーター:〇〇(個人名)と申します。〇〇(申し込み者)様はいらっしゃいますか
  • 電話口の同僚:〇〇(申し込み者)は席を外しております。戻り次第、折り返しお電話するようにお伝えしましょうか
  • レイクオペレーター:いいえ。個人的な要件なため結構です。失礼いたしました

上記のように、職場への在籍確認の電話連絡は必ずしも申し込み者本人が電話に出られるとはかぎらないため、申し込み者本人が職場に不在であっても、電話対応している方から申し込み者の在籍を確認できれば手続きは完了します。

レイクをチェック

レイクの在籍確認をなしで借りる方法

レイクでは在籍確認は必須の審査であるため、省略はできません。

しかし、レイクでは職場への電話連絡による在籍確認を書類で代替できる可能性があります。レイクで職場への在籍確認が書類に代替されるケースについて紹介していくため、職場への電話連絡に不安を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

書類提出で在籍確認を完了できる可能性もある

レイクでは、電話での在籍確認の連絡が難しい場合には、職場への在籍証明ができる書類提出によって代替の確認とするケースがあります

具体的には、職場の代表電話番号に個人宛の電話がかかってくる職種ではない場合や電話で在籍確認が難しい職業と判断される場合などは、書類での代替えによる在籍確認が可能になります。

そのような場合には、事前にレイクに相談しておきましょう。

在籍証明として使用できる書類

レイクでは、職場への電話連絡による在籍確認の代替えとして求める提出書類について、在籍を証明できる書類としています。

在籍を証明できる書類の具体的な例は次のとおりです。

  • 写真付きの社員証
  • 社会保険証
  • 在籍証明書
  • 雇用契約書
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

すべて直近のもので、職場の社名が記載されていることが条件になります。書類で在籍確認ができれば、在籍確認によって万が一職場に借入が判明する恐れがなくなるため、安心してレイクを利用できます。

レイクをチェック

レイクの4つの貸付条件

レイクには4つの貸付条件があります。条件を満たしていない場合には、審査を受けてもレイクの申し込み資格がないとして、審査に落ちてしまう可能性があるため、事前に確認しておきましょう。

満20歳〜70歳の方

レイクから借入可能な方は、満20歳以上で70歳以下の方です。また、満71歳に達した時点から新規の借入はできません。対象年齢以外で安定的な収入があったり社会的な地位が高かったりしても、貸付条件を満たさないため申し込み入力画面には「お申し込みができません」と表示されます。

レイクの貸付条件に例外はないため、注意しましょう。

国内居住の方または日本の永住権を持っている方

レイクの貸付条件には、日本国内居住の方または日本の永住権を取得されている方であることが必要となります。

いずれかに該当しない方はレイクの申し込みには本人確認書類の提出が必要なため、必ず発覚して審査を通過できません。

虚偽の申告は絶対にしないようにしましょう。

毎月安定した収入のある方

レイクの貸付条件には、申し込み者自身が安定した収入を得ていることも含まれます。

一般的に安定した収入とは次の事項にあてはまる方です。

  • 毎月決まった収入を得ている
  • 毎月の収入に激しい変動がない
  • 金額に多少の違いはあっても、毎月の給料を得ている会社員は安定した収入のある方と判断される

一方で、レイクの公式サイトでは「パートやアルバイトでも安定収入があれば利用できる」と記載しており、パートやアルバイトの方でも、毎月の収入を安定して得ていれば、安定した収入のある方として貸付条件にあてはまると判断されます。

自身のメールアドレスを持っている方

レイクは借入の申し込みを受け、審査後の結果はメールで届きます。また、プライバシーの観点から個人のメールアドレス宛に連絡をおこなっています

そのため、自身のメールアドレスを保有していることが貸付条件になっているので、自身のメールアドレスを保有していない方は申し込み前に取得しておきましょう。

また、申し込み時期によってはなかなかメールが届かない場合があります。レイクからの連絡を見逃している可能性があり、不安な方はレイクの公式サイトから審査状況を確認してみることをおすすめします。

レイクをチェック

レイクの申し込みから借り入れまでの流れ

 

レイクに借入を申し込みしてから実際に借入を受けるまでの流れを5つにわけて紹介します。借入をおこなう前に手順を確認し、不安のない状態でレイクを利用しましょう。

1:WEBサイト、自動契約機、電話から申し込みをする

レイクの借入申し込み方法は次の3種類から選択できます。

  • スマートフォンまたはパソコンからのWeb申し込み
  • 日本全国のいずれかの自動契約コーナーからの申し込み
  • フリーダイヤルによる電話からの申し込み

それぞれの申し込み方法には特徴があります。Web申し込みは24時間いつでも手続き可能で、審査結果は最短15秒、融資まで最短25分とスピーディーな点が魅力です。

レイクの公式サイトから申し込みフォームに必要事項を入力していき、必須と記載のある項目は審査に必要なため、必ず入力しましょう。また、審査や書類提出などの手続きがWeb上で完結可能なため、秘密で借入をおこないたい方にもおすすめな申し込み方法です。

自動契約コーナーから申し込みをおこなう場合には、ローンカードを発行するまでのすべての一連の流れを自動契約コーナーで完結できます。コーナー内でローンカードが発行されるので、すぐに借入をしたい方におすすめです。

自動契約コーナーの操作に困った場合にもオペレーターに連絡しながら操作可能なため、借入が初めての方でも安心して利用できます。フリーダイヤルによる電話申し込みはオペレーターと直接会話をしながら申し込みするため、不明な点を確認したり、不安なことを相談したりしながら申し込み可能なことが特徴です。

24時間受け付けているため、自身にとって都合のいいタイミングでおこなえます。

2:審査結果の連絡が来る

レイクの審査は仮審査と本審査の2つの審査がおこなわれます。

まず、仮審査は申し込み情報をもとに融資の可否について判断します。申し込み後、最短15秒で仮審査の結果が判明するため、非常にスピーディーな審査といえます。仮審査を通過した後には本審査に移行し、申し込みの情報をもとに本人確認や在籍確認をおこない、本審査の手続きに問題なければ、審査通過となります。

仮審査と本審査の両方をスピーディーに通過できる保証はありませんが、レイクは最短25分で融資可能としており、素早い手続きが魅力のサービスです。

3:振り込み先情報などを入力し契約

レイクの借入の審査を通過した後は振込先情報として口座登録をおこない、契約完了となります。入金や返済をおこなう大切な情報になるので、入力誤りのないように気を付けながらおこないましょう。

4:本人確認書類の提出

レイクの借入に必要な本人確認書類とは、身分を証明する書類を意味します。レイクでは次の書類のなかから1点を提出する必要があるとしています。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード(外国籍の場合)
  • 特別永住者証明書(外国籍の場合)

借入可能な年齢であれば難しい書類ではありませんので、自身の状況に応じたものを提出しましょう。

5:融資開始

本人確認書類の提出が済むと、契約が完了し、レイクから融資を受けることが可能です。レイクに申請し、口座へ融資希望金額を振り込んでもらう方法や、公式スマートフォンアプリ「e-アルサ」を利用した便利な借入方法も利用可能です。

生活スタイルにあわせ、無理のない返済計画をたてながら利用しましょう

レイクをチェック

レイクの在籍確認でよくある質問

レイクの在籍確認に関するよくある質問に回答します。お申し込み前に確認し、不安を減らしましょう。

電話をかけるオペレーターの方の性別は指定できますか?

レイクでは申し込み者の電話による在籍確認時の電話オペレーターの性別を指定できます。なぜなら、職場によっては電話をかけた性別によって不審に思われる場合もあるため、申し込み段階でフリーダイヤルから、オペレーターの性別を希望可能です。

自身の職場にあわせて選択しましょう。

電話がかかってくる時間を指定できますか?

レイクでは細かな時間指定まではできませんが、おおよその時間指定は可能です。

また、休憩時間中や夕方遅めの時間帯など、ビジネスとして通常は避ける時間帯の希望も可能であるため、自身の都合にあった時間の希望をおすすめします。

また、時間指定の希望は、借入申し込み後にレイクのサービスセンターへ電話で希望するとスムーズに進みます。

パートやアルバイトでも在籍確認の電話はありますか?

レイクではパートやアルバイトなどの正社員以外の方が借入申し込みをした場合でも、電話による在籍確認がおこなわれます。在籍確認方法は正社員の場合と同様です。派遣社員の方は、派遣元と派遣先とどちらに在籍確認が来るのか判然としないため、注意しましょう。

まとめ

 

レイクの在籍確認方法や借入までの流れなどを紹介しました。レイクの借入申し込み者の職場への在籍確認は、プライバシーに最大限の配慮をおこなっているため、厳しいものではありません。

契約開始前の最後のチェックとしておこなわれる要素が強く、職場への在籍が確認できれば審査に影響はなく、秘密も保たれる可能性は高いといえます。自身の収入にあった借入をおこなうと、スピーディーな審査で急な出費にお金を借りられることから上手に利用すると非常に便利なサービスです。

しっかりとした返済計画をたてたうえで無理なくレイクを利用しましょう。

レイクをチェック

※本記事の情報は2023年3月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

〈参考〉
レイク