レイクは無職でもお金を借りられる?無職や収入が不安定な方がお金を借りる方法を解説

記事のまとめ

■原則、無職の場合はレイクでの借り入れは難しい!

ただし、安定した収入があれば借入可能な場合も!

無職の方はレイク以外でお金を借りられる方法もチェックしよう!

無職でレイクの利用を検討している方は「無職でもレイクでカードローン審査に通るのか」と考える方もいるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、無職の方がレイクのカードローン審査に通るのは難しいでしょう。

本記事では、無職の方がレイクからお金を借りられる可能性について解説します。

無職で収入が不安定な方がお金を借りる方法や、お金を借りる際の注意点についても詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

レイク
出典:レイク
  • 業界最長の無利息期間
  • 最短15秒の審査時間
  • 最短25分の融資時間
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1審査により在籍確認が必要
金利年4.5~18.0%
無利息期間最大180日間
融資時間最短25分
目次

【無職でも安定した収入がある方必見!】レイクの審査通過率を調査

レイクの審査通過率を調査の記載されたカード

レイクに申し込みを検討している方は、あらかじめ審査通過率を確認しておきましょう。

レイクの審査通過率は次のとおりです。

期間審査通過率
2022年12月30.4%
2023年3月26.4%
2023年6月26.6%

レイクの審査通過率は、レイクに申し込んだ方の中で融資を受けられた割合を示しています。

大手消費者金融の審査通過率は概ね30~40%台のため、レイクの審査通過率はやや低い印象でしょう。

ただし、審査基準や条件は消費者金融ごとに異なるため、審査通過率が低いとはいえ、必ずしも審査が厳しいわけではありません。

無職でも安定した収入がある方は、レイクに申し込んでみましょう

レイクは無職でもお金を借りられる?

レイクは無職でもお金を借りられる?が記載されたカード

結論、無職の方が消費者金融のカードローン審査に通るのは難しいでしょう。

無職の方がレイクでお金を借りられる可能性について、次の2点を軸に解説します。

  • 貸付条件には年収の項目がない
  • 希望融資額によっては収入証明書が必要

まずはレイクの貸付条件や、融資と収入の関係について確認しましょう。

貸付条件には年収の項目がない

レイクの貸付条件には、年収の項目がありません。

具体的な貸付条件は、次のとおりです。

  • 満20歳以上〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
  • 安定した収入のある方(パート、アルバイトで収入のある方も可)

レイクの貸付条件は、安定した収入のある方と記載があるのみで、具体的な年収については明記されていません。

ただし無職で収入がない場合は、2つ目の貸付条件である安定した収入のある方に該当しないため、審査通過は難しいでしょう。

希望融資額によっては収入証明書が必要

レイクのカードローン審査に申込む際は、申し込み者の希望借入額により収入証明書が必要になります。

収入証明書が必要なケース
  • レイクの借入総額が50万円を超える場合
  • レイクと他社の借入総額が100万円を超える場合
  • 提出した収入証明書が発行日から3年以上経過している場合

希望借入額が50万円以上である場合や、レイクと他社の借入総額が100万円を超える場合は、カードローン審査の際に収入証明書の提出が必要です。

またレイクに収入証明書を提出したことがある方は、収入証明書の提出から3年以上が経過している場合に再提出が求められます。

無職の場合は収入証明書が提出できないため、基本的に多額の借り入れはできないでしょう。

レイク以外は無職でもお金を借りられるのか

レイク以外は無職でもお金を借りられるのかの記載されたカード

無職でお金が必要な方は「無職でもお金を借りられる方法がないのか」と気になるでしょう。

無職の方がお金を借りられる可能性について、次の点を中心に解説します。

  • 無職で無収入では原則融資不可
  • 収入が不安定だと融資を受けにくい
  • 無職でもお金を借りられるケース

一つ一つ具体的に解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

無職で無収入では原則融資不可

無職で無収入の方は、原則としてレイクを含む消費者金融から融資を受けられません。

無収入の方は返済能力がないと判断されるため、カードローン審査を通過できないためです。

消費者金融は貸金業法を遵守する義務があり、過度な借り入れから債務者を守るための「総量規制」と呼ばれるルールが存在します。

総量規制とは年収の1/3以上の融資を規制する法律で、無職で年収がない方はレイクを含む消費者金融から融資を受けられません。

無職の方がお金を工面したい場合は、消費者金融以外でお金を準備する必要があります。

収入が不安定だと融資を受けにくい

収入が不安定な状態では返済能力が低いとみなされるため、レイクを含む消費者金融から融資を受けることは困難です。

消費者金融は貸し倒れリスクを避けるために、カードローン申し込み者の返済能力を重視しており、返済能力は申込者の収入に基づいて判断されます。

収入が不安定である場合は返済能力が不足していると判断され、融資を受けることが難しくなります。

消費者金融のカードローン審査では安定した収入が、融資の条件であると理解しておきましょう。

無職でもお金を借りられるケース

無職の方でも所得がある場合は、お金を借りられる可能性があります。

所得の例としては株式の配当、不動産収入、年金などの不労所得などが挙げられるでしょう。

不労所得を継続して得られている場合、安定した収入があるとみなされ、お金を借りられるケースがあります。

しかしお金を借りるためには、一定期間安定した金額を得ている証明が必要です。

不労所得を安定収入と認めるかどうかは消費者金融によっても異なるでしょう。

レイク以外で無職でもお金を借りられる方法

レイク以外で無職でもお金を借りられる方法が記載されたカード

無職で無収入の状態では、レイクでお金を借りられません。

レイク以外で無職でもお金を借りる方法としては、上記の方法が挙げられます。

お金を借りる方法について、具体的に解説します。

家族や友人から借りる

無職の方が金融機関から融資を受けるのは難しいですが、家族や友人から借りることはできます。

消費者金融やカードローンとは異なり、親しい方であれば無利子でお金を借りられる可能性もあるでしょう。

お金が必要な理由を説明し、返済期間を明確にすれば即日でお金を借りられるかもしれません。

しかし借入が長引いたり、返済が遅れたりすると、関係を悪化させる恐れがあるため注意が必要です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用

クレジットカードのキャッシング枠は、無職の方がお金を借りる方法の一つです。

キャッシング枠はクレジットカードのショッピング限度額とは別に設定されており、キャシングの限度額内であればいつでもお金を借りられます。

元からキャッシングが付帯されているクレジットカードであれば、審査なしで即日借り入れが可能です。

クレジットカードのキャッシング枠は契約者によって異なりますが、総量規制によって年収の1/3までに制限されます。

なお、キャッシング枠が付帯されていないクレジットカードを保有する方は、キャッシング機能を追加するための審査が必要です。

貴金属やブランド物を質入れする

無職の方は、自宅にある貴金属やブランド物などの質入れもおすすめです。

質屋では、持ち込んだ商品を担保にして評価額の範囲内でお金を借りられます。

査定額は商品の状態や市場価値によって決定し、期限内に商品代金と利息を返済すると商品が手元に戻る仕組みです。

しかし返済期限内に返済できない場合は商品が売却され、商品代金が返済に充てられます。

借り入れのリスクや取り立ての心配はありませんが、返済できない場合は持ち込んだ商品を手元に戻せなくなるため注意が必要です。

これ以上借金を増やしたくない方は、質屋を利用するとよいでしょう。

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用

無職の方でも定期貯金があれば、ゆうちょ銀行の自動貸付を利用できます。

ゆうちょ銀行の自動貸付とは、通常貯金が残高不足になった場合に不足分を自動的に貸し付けてもらえる制度です。

自動貸付では担保定額貯金または担保定期貯金を担保として、預入金額の90%以内を借り入れできます。

ゆうちょ銀行自動貸付の金利は、次のとおりです。

  • 担保定額貯金の場合:返済時の約定金利(%)+0.25%
  • 担保定期貯金の場合:預入時の約定金利(%)+0.5%リスト

※約定金利とは、契約によって定められた金利のことです。

貸付金額と利子分を通常貯金に預け入れると、自動的に返済となります。

ゆうちょ銀行に預け入れがある方は、自動貸付を検討しましょう。

生命保険の契約者貸付を利用

無職の方でも、生命保険の契約者貸付制度を利用するとお金を借り入れできます。

契約者貸付制度とは、保険契約を解約した際に支払われる解約返戻金を担保に保険会社から融資を受ける制度です。

生命保険契約を解約せずに解約返戻金の約7〜8割の借り入れができるため、リスクもありません。

ただし定期保険のように掛け捨てタイプの生命保険では利用できないため、契約者貸付制度を利用できる保険を事前に確認しておきましょう。

【契約者貸付制度を利用できる保険のタイプ一例】

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 外貨建て保険

なお、解約返戻金を超えて借り入れをすると、保険を解約されてしまう可能性があるため注意が必要です。

内定者専用ローンを利用

就職先の内定を持つ学生は、銀行や労働金庫などの内定者専用ローンを利用できます。

内定者専用ローンとは学生向けに提供される金融商品で、将来の返済能力を見込んで融資を受けられる制度です。

銀行は総量規制の対象外であり、収入のない学生でも総量規制に抵触せずに融資を受けられます。

貸付条件は金融機関により異なりますが、満20歳以上で内定が証明できる書類を提出可能で、保証会社の保証を受けられる方が主な対象者です。

また内定者専用ローンの取り扱いがある金融機関でも、貸付条件として対象地域に居住していることや就職先の都道府県が指定されている場合もあります。

公的な機関から融資を受ける

失業中や無職の状態を理由に生活に困窮している場合、生活資金を一時的に支援する生活福祉資金貸付制度を利用できます。

生活福祉資金貸付制度の対象は、低所得者世帯、障がい者世帯、高齢者世帯です。

また、貸付資金の種類は、次の4種類に分かれています。

  • 総合支援資金
  • 福祉資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金

資金貸付の種類は、目的別に分かれており、それぞれ貸付条件や金額が異なります。生活福祉資金貸付制度に含まれる総合支援資金の概要は次のとおりです。

スクロールできます
資金の種類貸付限度額利用用途貸付利子
生活支援費【単身】
月15万円以内
【2人以上】
月20万円以内
生活再建までに必要な生活費保証人あり:無利子保証人なし:年1.5%
住宅入居費40万円以内敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
一時生活再建費60万円以内就職や転職の技能習得の費用公共料金の支払い債務整理保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%

連帯保証人がいる場合は無利子、連帯保証人がいない場合は年1.5%貸付金利子が発生します。

単身世帯でも月15万円以内の貸付を受けられるため、生活が困窮している方は、生活福祉資金貸付制度を利用しましょう

求職者支援資金融資を受ける

無職でハローワークの職業訓練を受講中の方は、求職者支援資金融資を受けられます。

求職者支援資金融資は職業訓練受講給付金を受給している方で、受講中の生活費が不足する場合に受けられる融資です。

貸付額は、月額5万円(単身)または10万円(2人以上世帯)で、受講予定の訓練月数に応じて決定されます。

求職者支援資金融資の対象者は、職業訓練受給給付の支給決定を受けた方かつハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方です。

再就職や転職スキルアップを目指す方の支援として設けられた融資制度であり、金利も3.0%と非常に低いためローリスクでお金を借りられます。

すぐにお金を用意する方法

融資の手続きは借り入れまで数日~1か月かかることがあり、即日お金が必要な方には不向きです。

無職の方で即日借り入れが希望であれば、リサイクルショップや買取サービスを利用するとよいでしょう。

フリマアプリでも手軽に現金化できますが、取引に数日かかるためすぐにお金が必要な方は店舗利用がおすすめです。

不用品が手元にない方は、日払いのアルバイトも選択肢の一つになります。

通常のアルバイトでも前払いや日払いシステムがある場合は、手続きをおこなうことで即日振り込みしてもらえるケースがあります。

アルバイトをしている方は、給与形態について確認しておくとよいでしょう。

無職でお金を借りる際の注意点

無職でお金を借りる際の注意点が記載されたカード

無職でお金を借りる際の注意点は次のとおりです。

  • カードローン申し込み時に虚偽申告をしない
  • 闇金を利用しない
  • クレジットカード現金化をしない

リスクが高いうえに場合によっては法律に抵触する可能性があるため、注意点をよく確認しておきましょう。

カードローン申し込み時に虚偽申告をしない

カードローン申し込み時は職業や年収を偽らず、正確な情報を申告しましょう。

カードローン審査では勤務形態や年収、家族構成などさまざまな点を参考に審査をおこない、融資可能かどうかを判断します。

カードローン審査に落ちることを懸念して職業や年収を偽ると、虚偽申告となりカードローン審査を通過できません。

信用情報に傷がつき、今後の融資やクレジットカード申し込みに影響を与えるかもしれません。

また万が一契約できたとしても、虚偽申告が発覚すると強制解約や一括返済を求められるため非常に危険です。

闇金を利用しない

無職の方がお金を借りる際には、闇金ではなく貸金業者の登録をしている消費者金融を利用しましょう。

アイフルやレイクのような大手消費者金融は貸金業法を遵守し、金融庁に登録されている信頼性が高い貸金業者です。

一方で闇金は違法に営業しており、違法な金利や取り立てなど利用自体が危険です。

また、法外な金利を要求する闇金を利用することにより、多額の借金やトラブルに見舞われるケースもあります。

誤って闇金を利用しないためにも、借り入れ申し込みの際には正規の消費者金融であることを事前に確認しましょう。

クレジットカードの現金化をしない

お金を工面する際の注意点として、クレジットカードの現金化があります。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、現金が必要になった際に利用するのはキャッシング枠です。

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠で購入したものを売却して現金化する行為を指します。

ショッピング枠の現金化がクレジットカード会社に発覚した場合、借りたお金をすぐ返済する必要があり、最悪退会処分を受ける可能性もあります。

ショッピング枠の現金化は明確には違法ではありません。

しかしクレジットカード作成の規約で禁止事項に該当する場合が多いため、クレジットカードの現金化は避けましょう。

無職でお金を借りる際によくある質問

無職でお金を借りる際によくある質問が記載されたカード

無職でお金を借りる際によくある質問は上記のとおりです。

無職でもお金を借りる方法を探している方は、回答をぜひ参考にしてみてください。

審査不要のカードローンは危険?

「審査不要」や「審査が甘い」のような表記がされているカードローンは、違法である可能性が高い危険な業者です。

正規のカードローン会社は、審査不要のような表記を利用しません。

違法業者のカードローンを利用すると、法外な金利での貸し付けや理不尽な返済を求められてトラブルになります。

どうしてもお金を工面したい状態では、審査不要のような言葉に惹かれるかもしれません。

しかしカードローン申し込みをする際には、違法業者を見極めることが重要です。

わかりにくい場合は貸金業者の登録番号を参考にして、信頼できる消費者金融を選びましょう。

また借り入れ前には必ず契約内容や金利について、事前に十分確認することが重要です。

収入以外で審査に落ちる原因は?

収入だけでなく、他社の借り入れ状況や信用情報に問題がある場合でも審査に通らない可能性があります。

たとえばクレジットカードの滞納や債務整理の経験は、審査に悪影響を及ぼす可能性が高いでしょう。

債務整理とは借金が返せない場合に、借り入れの免除や返済猶予を伸ばす方法のことです。

信用情報には、借り入れ金やクレジットカードの支払い状況、金融事故までが記録されており、返済の延滞やトラブルは審査に通過できない原因になります。

融資を受ける際は、借り入れ遅延や信用情報に傷がないかどうかも確認しておきましょう。

カードローンで借り入れをする際の必要書類は?

カードローンで借り入れをする際には、本人確認書類と収入証明書の2つが必要です。

本人確認書類には運転免許証やマイナンバーカードなど、収入証明書には源泉徴収票や確定申告書などがあります。

しかし50万円以下の申し込みであれば、本人確認書類のみで原則申し込み可能です。

50万円を超える場合や他社とあわせて100万円以上のお金を借りる場合には、収入証明書を用意しましょう。

無職では銀行系カードローンは利用できない?

銀行系カードローンも安定した収入が貸付条件に含まれているため、無職の方が審査に通ることは難しいでしょう。

ただし、不労所得を安定して得ている方は、カードローンの審査に通過する可能性もあります。

また銀行系カードローンを申込む際には、無職の方でも安定した収入を証明する書類提出が必要です。

銀行系カードローンは借り入れ基準が厳しいため、書類を提出してもカードローンを契約できるとは限らない点には注しましょう。

レイクの申し込み時に無職だとバレる?

レイクの申し込み時に無職であることは、基本的にバレます

申告時の情報は厳しくチェックされるため、無職であることを隠しても虚偽の申告は高確率で発覚します。

虚偽の申告は信用情報にも悪影響を与える可能性があるため、申込時の情報は正確に記入しましょう。

レイクのカードローンは保証人なしで借りられる?

レイクは保証人不要で利用可能です。

満20歳以上70歳以下で安定した収入がある方なら利用できるため、保証人が用意できない場合でも申し込んでみましょう。

レイクで無職が10万円借りるのは厳しい?

無職の状態でも安定した収入があれば、レイクで10万円を借りられる可能性があります

しかし、無職かつ無収入の場合、レイクからの融資を受けることは難しいでしょう。

消費者金融から融資を受ける際には総量規制が適用されるため、年収の1/3以上の融資は受けられません。

そのため、無職で収入がない状態だと、10万円の融資は受けられないでしょう。

まとめ

レイクでは、無職で無収入の場合はカードローン契約ができません。

無職に限らず収入が不安定だと融資を受けるのは難しいため、審査に通過したい方は安定収入とみなされるアルバイトやパートを始めてみましょう。

安定した収入を得られる仕事に就くのが難しい方は、家族や友人から借りる方法や、公的機関の融資制度などを検討してみてください。

また、現状のままでは借り入れができないからといって、申し込み時に虚偽の申告や闇金の利用をしてはいけません。

現在無職の方はアルバイトやパートで安定した収入を得てから、レイクへの申し込みを検討するとよいでしょう。

レイク
出典:レイク
  • 業界最長の無利息期間
  • 最短15秒の審査時間
  • 最短25分の融資時間
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1審査により在籍確認が必要
金利年4.5~18.0%
無利息期間最大180日間
融資時間最短25分

※本記事の情報は2023年4月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考URL>
レイク

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトにはプロモーション広告を含みます。なお、掲載されている広告の概要や評価等は事実に反して優遇されることはありません。
※マネーの庭では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

目次