カードローンの再審査に通るための対処法は?審査に落ちる原因も解説

急な出費への対応や、どうしても現金が必要なときに便利なカードローンですが、審査に落ちてしまい利用できないケースもあります。

カードローンの審査に落ちてしまったときに慌ててしまい、何故審査に落ちてしまったのかを考えずに、すぐに再審査の申し込みやほかのカードローン審査に申し込みをしてしまいがちです。

しかし、カードローンの審査に落ちたことには原因があるため、冷静に原因と対策の検討が大切です。

今回の記事では、カードローンの再審査にとおるための対処法や審査に落ちた原因を解説していきます。カードローンの再審査を検討している方や、何故審査に落ちるのかわからずに困っている方はぜひ参考にしてください。

【目的別】大手キャッシング会社比較表

スクロールできます
大手会社融資時間審査時間審査基準公式サイト

アイフル
最短20分※1


簡単診断する


最短20分※2


独立審査


詳細を見る

アコム
最短30分※1


簡単診断する


最短30分


銀行傘下審査


詳細を見る

プロミス
最短25分※3


簡単診断する


最短25分※3


銀行傘下審査


詳細を見る

SMBCモビット
最短60分※4


簡単診断する


10秒簡易審査


銀行傘下審査


詳細を見る
※1 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。 WEB申込なら最短20分融資も可能です。※2 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。※3 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。※4 。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
目次

カードローンの審査に落ちる5つの原因

カードローンの審査に落ちたときは、原因を冷静に考えることが必要です。カードローンで借入する場合には必ず審査が必要であるため、そのまま再度申し込んでも再び審査に落ちることになってしまいます。

カードローンの審査に落ちてしまう代表的な5つの原因を紹介していくため、自身と照らし合わせ、1つずつ解決していきましょう。

申し込み内容に虚偽がある

申し込み内容に虚偽の記入があれば、当然ながら信用を失い、カードローンの審査にはとおりません。カードローンの審査は、申し込み書に記入された内容から審査を受けて借入可能の可否を判断するためです。

少しの誤りであれば訂正で済みますが、虚偽の申し込みは詐欺の恐れがあるため信用を失い審査に落ちてしまいます。

多くのカードローン会社は信用情報機関に登録されている情報と照らしあわせて審査を判断します。信用情報機関とは、クレジットカードやローンの情報などが登録されている期間のことで、個人情報や借入情報などが判明するため基本的に虚偽の申し込みは発覚します。

たとえば、噓の勤務先や収入を記入すると、審査に落ちるのみではなく、不正な申し込みとしてみなされ、信用を無くして再申請できなくなる可能性もあります。

自身の情報はすでに相手にも判明していると考え、申し込み内容はありのままを記入しましょう。

過去に返済を延滞したため、信用情報に傷がある

カードローンの審査を通過するには信用性が大切です。そのため、過去にカードローンを借入、返済を遅延したことがあると信用情報に登録され、いわゆるブラックリストに入っている可能性があります。

遅延情報が登録されていれば、カードローンの審査に落ちてしまうほか、クレジットカードや住宅ローンの審査も通過できなくなってしまうため注意が必要です。

また、一度登録された信用情報は約5年~10年の間は残るとされており、登録されている期間中は借入が難しくなります。信用情報に悪い影響を与える主な情報は次のとおりです。

  • クレジットカードの支払いを61日以上または3か月以上延滞
  • カードローンを2か月以上延滞
  • 債務整理(自己破産や個人再生)をおこなった

クレジットカードやカードローンの延滞以外にも、借金の減額や支払いの猶予を伸ばせる債務整理をした場合も信用情報に傷がつきます。

自身の今までの行動を振り返り、上記に該当する項目があれば株式会社日本信用情報機構に信用情報の開示請求をおすすめします。過去の記録から、カードローンの申し込み可能な状態かどうなのかを確認しましょう。

複数社から融資を受けている

複数社から融資を受けているかどうかも審査基準の1つです。カードローンの審査をする際には申し込み者の信用情報から過去の履歴を確認するため、借入件数が審査に大きく影響します。

一般的に他社3社以上から借入を受けている場合は、カードローンの借入が難しくなる可能性が高まり、他社5件以上の借入がある場合は、カードローンの審査はとおりません。とくに5件以上の借入は多重債務とされる可能性があるので注意しましょう。

他社の借入が多いと、カードローンを申し込まれた金融機関は返済能力が低いと判断します。しかし、他社で借入がある場合にも、カードローンの申し込み欄には正確に事実を記載し、虚偽の申告はしないように注意しましょう。

借入希望額が年収の3分の1以上

カードローンには審査基準があり、借入希望額と年収が見合ったものでなければ審査の通過はできません。消費者への過剰な貸付を防止するために、総量規制という制度が設けられており、消費者金融は申し込み者の年収の3分の1までが貸付の上限になります。

たとえば、年収が500万円であった場合に200万円のカードローンの申し込みをしたとしても年収の3分の1を超えるため、審査には通過できません。申し込みをする前に、自身の年収に見合った希望額に設定しているかを確認しておきましょう。

収入が安定していない

カードローンの審査は、収入の安定性が求められるため、サラリーマンのような正社員の方が通過しやすいといえます。もちろん、自営業やパートなどの場合でも、カードローンの審査がとおらないわけではありませんが、収入が安定していることをチェックされます。

年収が安定していなかったり、収入が不定期なものばかりであったりすると審査に落ちてしまう可能性があります。自身の収入状況を確認しておきましょう。

複数社に同時に借入の申し込みをしている

同時期や短期間に複数社へ借入の申し込みをすると、金融機関の情報は共有されるため、多重債務者になる可能性が高いと判断されて審査に落ちやすくなります。

同時期や短期間に複数社へ申し込むと「申し込みブラック」と呼ばれる状態になります。ブラックリストに登録されてしまい、信用情報にも残ってしまうため注意しましょう。

最初の審査に不備があって落とされてしまった場合には、慌てて複数社に申し込みをせずに、原因を整理し解決してからの申し込みをおすすめします。

カードローンの再審査にとおるためのポイント

カードローンの審査に落ちる原因について説明してきましたが、再審査を通過しやすくなるためのポイントがあります。再審査でも落ちないように次のポイントをおさえておきましょう。

 借入希望額を総量規制内にする

先ほども説明したとおり、総量規制により借入上限金額は自身の年収の3分の1までとされています。そのため、借入希望額は自身の年収に見合った金額に設定する必要があるのです。

また、借入希望額は可能な限り低めに設定すると、カードローン会社は貸し倒れのリスクが軽減され、自身にとっても計画的に生活していると判断されやすく、審査がとおりやすいといえます。

さらに、カードローンを初めて利用される方は返済実績がないため、借入希望額を高めに設定しても審査で落ちる可能性が高いことから、より低めの設定で借入希望した方が審査はとおりやすいといえます。

複数社からの借入をまとめる

複数社から借入をしている方は審査がとおりにくく、一般的に借入件数が3件以上ある方は、多重債務者になる危険性が高いとされています。そのため再審査にあたっては、借入件数を2社以下にまとめた状態で申し込みしましょう。

借入残高が少ない会社へは完済が効果的ですが、難しい場合には銀行や消費者金融がおこなっているおまとめローンのサービス利用を検討してみるのも1つの方法です。

おまとめローンは、複数社から借入をおこなっている場合にローンを1つにまとめるものです。おまとめローンのメリットは、1つにローンをまとめることにより毎月の返済が少なくなるため、生活負担が減少する可能性が高いことにあります。一方で、ローンを1つにまとめたことにより、返済期間が延びるため、返済総額が増える可能性が高いことがデメリットといえます。

再審査は6か月期間をあける

カードローンを申し込みした履歴は約6か月間信用情報に残るため、情報が残っている期間中に再審査の申し込みをしても審査は高確率で通りません。

短期間に何度も申し込みをするとカードローン会社は、多重債務の危険性があるとみなし、貸し倒れのリスクを避けるために貸付けをしようとは考えないためです。

再審査の申し込みは、信用情報の履歴が消えるまで待ちましょう。

審査に落ちた会社とは別の会社に申し込む

再審査を受ける会社は、審査に落ちた会社以外でカードローンを申し込むことも審査をとおりやすくするための1つの方法です。もちろん、審査に落ちた会社で再審査を受けることも可能ですが、カードローンの会社には独自の審査基準が設けられていることが多く、同じ条件でも会社を変えると審査にとおることがあります。

原因を分析し、解消しても、会社独自の基準で審査がとおらない可能性があるため、カードローン会社にこだわりがなければ、他社のカードローンを検討してみることをおすすめします。

信用情報の記録が消えてから申し込む

信用情報は、カードローンの再審査を受けるにあたり自身に不利益な記録が残っていないかどうなのかを確かめるうえで重要な資料になります。手数料として約500円〜1,000円発生しますが、自身で簡単に申請可能です。

自身が過去に返済を遅延していたり、複数社から借入をしていたりと問題になるような行動があれば、信用情報に記録として残っている限りカードローンの審査はとおらないといえます。信用情報は次の3つの場所から確認可能です。

  • 株式会社日本信用情報機構
  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センターは郵送のみの対応となりますが、株式会社日本信用情報機構と株式会社シー・アイ・シーには3つの開示方法があります。

  • インターネット開示
  • 郵送開示
  • 窓口開示

直接窓口に赴く必要はなく、パソコンやスマートフォンで確認可能です。

信用情報には、主に次のような記録がされています。

  • 本人を特定するための情報:住所、氏名、生年月日、性別、電話番号など
  • 勤務先の情報:勤務先の名称、住所、電話番号など
  • 契約内容に関する情報:契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額など
  • 返済状況に関する情報:入金日、入金予定日、残高額、完済日、延滞状況など
  • 取引事実に関する情報:債務整理、債権回収、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡などの有無

氏名や生年月日などの基本的な個人情報から、現在までの契約や返済に関する情報が細かく記載されています。さらに、延滞状況や債務整理は信用情報のなかでも事故記録とされ、経緯まで細かく記録されています。

信用情報を入手し、確認する際には、審査に影響を与える可能性の高い次のポイントに着目して確認しましょう。

  • カードローン申し込み履歴
  • 滞納履歴
  • 総量規制を超える借入
  • 複数社からの借入
  • 月々の返済額が収入に対して高すぎる

信用情報に審査に影響を与える記録が残っていなければ、再審査にとおる可能性があります。

また、信用情報は約6か月間は記録に残るとされています。さらに延滞や債務整理などの事故記録は、約5年~約10年間記録に残る可能性があります。自身の現状を知るうえで不安があれば確認がおすすめです。

消費者金融系カードローンでお金を借りる

金融機関のカードローンの審査がとおらず、ほかの金融機関のカードローンを検討する際には、消費者金融系のカードローンからの借入の検討も1つの方法です。

消費者金融も審査をおこなっているため、必ず借入可能なわけではありません。しかし、金融機関のカードローンは、会社によって審査の基準が異なることから、審査の結果も異なってしまうデメリットがあります。

一方、消費者金融のカードローンは成約率を公開しています。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が公表しているデータとして、大手消費者金融機関の1つであるプロミスの成約率は次のとおりです。

  • 新規申し込み数 57,803人
  • 新規顧客数 24,772人
  • 成約率 約42.9%

半数近くの方が借入できていることがわかります。金融機関のカードローン審査と比較すると、即日融資や簡単手続きなどを売りにしている消費者金融カードローンも多くあります。

 再審査におすすめの消費者金融系カードローン5選

【目的別】大手キャッシング会社比較表

スクロールできます
大手会社融資時間審査時間審査基準公式サイト

アイフル
最短20分※1


簡単診断する


最短20分※2


独立審査


詳細を見る

アコム
最短30分※1


簡単診断する


最短30分


銀行傘下審査


詳細を見る

プロミス
最短25分※3


簡単診断する


最短25分※3


銀行傘下審査


詳細を見る

SMBCモビット
最短60分※4


簡単診断する


10秒簡易審査


銀行傘下審査


詳細を見る
※1 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。 WEB申込なら最短20分融資も可能です。※2 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。※3 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。※4 。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

カードローンの審査に落ちてしまい、再審査に困っている方へおすすめの消費者金融系カードローンを5つ紹介します。それぞれおすすめの理由や特徴などを紹介していくため、再審査の参考にしてください。

プロミス

プロミス
  • 返済でVポイントが貯まる
  • 365日24時間申込・取引可能
  • 全国の提携ATMから取引可能
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1審査により在籍確認が必要
金利年4.5~17.8%
無利息期間最大30日間
融資時間最短25分

大手消費者金融の1つであるプロミスは、借入や返済のシミュレーション機能やサポートに優れ、はじめて借入をおこなう方でも安心して利用可能な体制が整っているおすすめの消費者金融です。

他の大手消費者金融の金利上限は18%が多い中で、17.8%とやや低めである点が特徴です。融資スピードも最短25分と非常に早いため、再審査の申請ですぐに結果が知りたい方にも向いています。

サービスを利用すると、コンビニや薬局などさまざまな場所で利用できるTポイントが貯まるのも嬉しいところです。お得に借入をしたい方は、返済でポイントが貯まるプロミスに申し込んでみてください。

アイフル

アイフル
  • 最短20分で融資可能
  • 毎日24時間即日振り込み※1
  • 独自審査で審査基準が柔軟
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
金利年3.0~18%
無利息期間最大30日間※2
融資時間最短20分※3
※1.受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。※2.はじめての方に限る※3.お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

アイフルはアプリの口コミ評価が非常に高く、素早い借入可能診断や、自身にあった借入方法の診断など、困ったときに頼れる消費者金融の1つです。

審査が厳しい銀行の傘下に入っておらず、独立した賃金業者なため柔軟な審査が期待できます。他のカードローン会社で審査に落ちてしまった方も、アイフルであれば通る可能性があります。

手続きはすべてスマートフォンで完結する、Web完結が可能な点も魅力です。消費者金融の審査に落ちた経験がある方には、審査が柔軟なアイフルをおすすめします。

 アコム

アコム
出典:アコム
  • 2ステップで簡単申込み
  • 借り入れまでスマホ1つでOK
  • コンビニ対応が豊富で手続きが楽
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス※1無利息期間保証人不要学生OK※2独自基準審査
金利年3.0~18%
無利息期間最大30日間
融資時間最短30分
※1.収入証明書が必要な場合あり※2.20歳以上の方に限る.安定した収入がある方であればご利用可能

アコムは一般の方へも認知度が高く、わかりやすい手続きで人気があります。カードを作らなくてもWeb上で完結するため、周りの人に知られたくない方にも安心して利用可能です。

手続きは「申し込み・必要書類提出」と「契約」の2ステップで終了するため、「審査に落ちたあとにまた申し込むのがめんどくさい……」と感じる方でも負担をかけずに申し込めます。

利息がかからない期間が30日間(契約日の翌日から計算)あり、すばやく返済すれば金利なしで借入できる点もメリットです。申し込みの手続きを短時間で終わらせたい方は、アコムの利用を検討してみましょう。

レイク

レイク
出典:レイク
  • 業界最長の無利息期間
  • 最短15秒の審査時間
  • 最短25分の融資時間
即日融資可能24時間申込Web完結郵送物なし電話なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1審査により在籍確認が必要
金利年4.5~18%
無利息期間最大180日間
融資時間最短25分

レイクは業界最長の無利息期間のある消費者金融です。初めての方で、5万円までなら最大180日間利息なしで借入できます。

再審査による申請で、「早く結果が知りたい」と考えている方にもおすすめです。下記の時間に申し込むと、最短15秒で審査結果がわかります。

審査結果
お知らせ可能時間
8:10〜21:50
※毎月第3日曜日のみ8:10〜19:00

審査時間のみならず、融資時間も最短25分と非常に優秀です。急ぎで審査結果が知りたい、融資を受けたい方はレイクに申し込みましょう。申し込みの手続きはすべてスマートフォンで操作できます。

SMBCモビット

SMBCモビット
  • セブン銀行のカードレス対応
  • 返済でTポイントが貯まる
  • 最短10秒のスピード事前審査
即日融資可能24時間申込WEB完結郵送物なし電話なし※1
カードレス無利息期間保証人不要学生OK独自基準審査
※1WEB完結申込時
金利年3.0~18%
無利息期間
融資時間最短60分※1
※1申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは電話連絡なし、郵送物なしでキャッシングを利用できるカードローンです。返済でTポイントが貯まるため、ポイントを利用してお得に借入したい方に向いています。

全国各地にある約120,000台もの提携ATMで借入、返済可能です。セブン銀行であれば、スマートフォンで手軽に手続きできます。

また、三井住友銀行のATMを利用すれば、返済や借入などの手数料がかかりません。ネットからであれば24時間申し込み受付しているため、カードローンにもう一度申し込みたいけれど日中忙しくて時間を取れない方にもおすすめです。

三井住友銀行の口座を所持している方や、いつでも好みの時間に申し込みをしたい方は、SMBCモビットを検討しましょう。

カードローンで審査に通らない場合にお金を借りる方法

金融機関系カードローンの審査にとおらない原因や消費者金融系カードローンについて紹介してきましたが、なかなか審査にとおらず困っている方もいるでしょう。審査にとおらず、お金が必要な場合に、現金を借りる方法について紹介します。

質屋で品物を担保にお金を借りる

カードローン以外で現金を借りる方法として、自身の持っている品物を担保に質屋で借りる方法があります。

質屋は、ブランド品の小物やアクセサリーなどを担保に、現金の借入が可能です。もちろん買取りもできます。自身の持っている品物さえあれば、査定額の範囲内で借入が利用できます。カードローンのように審査がないため、審査に落ちてカードローンが利用できなかった方でも安心です。

質屋の注意点は、貸金業法が適用されず、利息が高金利である場合が多いことといえます。返済できない場合は、質に入れた品物を売ることになりますが、手元にブランド品を戻したいと考えている方は返済金額を確認しておきましょう。

両親、親族、友人からお金を借りる

カードローンの審査がとおらず、現金がどうしても必要な場合は両親や親族などの信用できる方から借りることも1つの方法です。しかし、いくら親しい方々といえども、後々のトラブルを防止するために、借用する理由を説明できるようにしましょう。

金銭絡みの関係はトラブルに発展しやすいことから、親しい方々と関係が悪化しないために金銭の貸し借りは慎重におこなう必要があります。そのため、親しい方々から金銭を借りるときには、お互いの安心材料になる借用書の作成をおすすめします。

借用書を作成する際には、次の事項を網羅した書類を作成しましょう。

  • 借りる金額
  • 返済期間
  • 毎月の返済額
  • 毎月の返済日
  • 返済方法
  • 利息について

親しい関係が金銭によって崩れることがないように注意しながらおこないましょう。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

カードローンの審査がとおらない場合には、利用しているクレジットカードに付いているキャッシング機能を利用して、現金を借りる方法も1つの手段です。

キャッシング機能の利用は、各種クレジットカードのマイページから利用申し込みをおこなうことで、提携ATMから引出しが可能です。金利はカードローンと同程度の約18%程度で借入可能な場合が多くあります。

お金を借りる際にやってはいけない注意点

カードローンの審査に落ちてしまったが、どうしても早急に現金が必要な場合もあります。しかし、八方塞がりな状況に陥ったとしても絶対におこなってはいけない注意点があります。

次に2つの注意点を説明しますが、法定金利外で貸付けされたり、違法な取り立てをされたりなどのトラブルに発展する可能性もあります。現金がどうしても必要な場合には、国や自治体に相談すると解決できる場合もあるため、危険な金銭のやり取りは絶対に避けましょう。

ヤミ金からお金を借りる

いわゆるヤミ金と呼ばれる業者は、審査なしで融資可能であったり、ブラックでも大丈夫であったりなどと、金銭に困っている方にとって魅力的な内容で誘ってきます。

通常の貸金業者は貸金業法の法律により、金利に上限が設けられていますが、ヤミ金から借入をすると貸金業法に違反した法定外の金利で貸付けをされます。

さらに、ヤミ金業者は返済のためには手段を選ばず、自身の親や会社にまで取り立てをおこなう場合もあります。さらに個人情報や電話番号などを不正利用されてしまうリスクもあるため、どれだけ困っていてもヤミ金から金銭の借入はやめましょう。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、金券などをクレジットカード払いで購入し、購入した金券の現金化する行為を指します。

一見して問題になる点が見当たらない方法のように見えますが、クレジットカードは利用料金が後払いのため、購入直後の購入物はカード会社の所有物です。そのため、クレジットカードのショッピング枠での現金化は規約違反となり、クレジットカードを強制解約されてしまう可能性があります。

クレジットカードでの借入はキャッシング枠を利用し、ショッピング枠を利用した現金化は絶対におこなわないようにしましょう。

 まとめ

カードローンの審査に落ちる原因や対処法などについて説明してきました。審査に落ちたからといって闇雲に申し込みをしては、一向に事態は改善されません。信用情報にも傷が残るため、焦らず冷静な対処が大切です。

再審査は自身の現状を見つめ直し、検討して原因を改善したうえでおこないましょう。対処法にはおまとめローンの利用や、信用情報の確認などがおすすめです。

また、どれだけ困っていても、違法な取引には絶対に関わってはいけません。冷静に判断し、自身の収入や返済可能金額に応じた借入をおこなうことが再審査の通過につながります。

本記事で紹介した方法を実践して、カードローンの再審査に無事通過しましょう。

あわせて読みたい
即日融資が利用可能なキャッシングサービスは?選び方のポイントも紹介! 「どうしても、今すぐにお金が必要…!」このようなときに、とても便利なのが即日融資できるキャッシングサービスです。しかし、キャッシングをするためには、申し込み手...

※本記事の情報は2022年12月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

目次