楽天カードからおすすめの乗り換え先5選!解約前に確認すべきポイントも徹底解説

楽天カードからおすすめの乗り換え先5選!解約前に確認すべきポイントも徹底解説

楽天カードのサービス内容変更により「改悪ばかり繰り返されている」「他のカードに乗り換えたい」と感じている方の声が多数見られます。

現在楽天カードを利用している方の中には、解約してお得なクレジットカードに乗り換えたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし楽天カードから乗り換える際は、ポイントの還元率や年会費を確認し、お得に利用できるクレジットカードを選ぶ必要があります

この記事では、楽天カードの改悪内容や解約前の確認ポイント、そしておすすめの乗り換え先についてまとめました。

本記事の内容を参考にして、自身に最も適したクレジットカードの選び直しをおこないましょう。

おすすめクレジットカード比較表

スクロールできます
クレジットカード年会費ポイント還元率還元率UPキャンペーン

JCBードW
 
永年無料

詳しく見る

1.00%~10.50%
※3
最大21倍】
Amazon
セブンイレブン
最大13,000円
キャッシュバック
※4
詳細を見る

三菱UFJカード
VIASOカード

永年無料
詳しく見る

0.5%-12.5%
【最大24倍】
楽天市場
じゃらん
最大10,000円
キャッシュバック
詳細を見る

ライフカード

永年無料
詳しく見る

0.5%
【最大25倍】
楽天市場
るるぶトラベル
最大10,000円
キャッシュバック
詳細を見る

PayPayカード

実質無料
※学生無料
詳しく見る

1.0~5.0%
【最大5%】
Yahoo!ショッピング
※5のつく日は+4%
 特典 
最大5,000円相当
プレゼント
詳細を見る

セゾンdigital

永年無料
詳しく見る

0.30%~3.3%
【最大8%OFF】
tabiデスク
最大6,000円相当
プレゼント
詳細を見る
※1 還元率やキャンペーン内容は変更される場合がございます。詳細は公式サイトでご確認ください。※2 対象店舗は一部を抜粋しています。※3 最大還元率はJCB PREMOに交換した場合。※4 2023年12月5日(火)~2024年3月31日(日)
※本ページはプロモーションが含まれています
目次

楽天カードが改悪と言われている原因

楽天カード利用者の間では、楽天カードのサービス内容が改悪されたといわれています。

改悪されたと噂される原因は、主に次の3つです。

  • ポイント獲得上限が減少
  • ポイント計算方法の変更
  • 公共料金の支払い還元率が減少

一つずつ解説します

ポイント獲得上限が減少

楽天カードは、2023年12月から対象の楽天カードのポイント獲得上限の引き下げをおこなうことを発表しました。

これまでは、楽天市場での買い物において、楽天カードの特典分であるポイント1倍に加えて、楽天プレミアムカード特典分の2倍も適用されていました。

しかし、2023年12月1日以降は、楽天プレミアムカード特典が適用されなくなります。

また、1万5千ポイントに設定されていた月間獲得上限が5,000ポイントに変更、ポイント最大5倍だったものが最大3倍に変更されます

対象の楽天カードは、楽天ブラックカードと楽天プレミアムカード、楽天ビジネスカードです。

楽天プレミアムカード特典以外にもお得な特典はありますが、楽天市場を利用する方にとっての大きなメリットがなくなるため、他のクレジットカードへの乗り換えを選ぶ方が今後増えるかもしれません。

ポイント計算方法の変更

これまで、楽天カードは月の利用料金に対してポイントを付与する仕組みを採用していました。

しかし、2023年11月の請求分から、月の利用料金ではなく1回の利用ごとのポイント付与に変更されます。

以前の計算方法の場合は、1回の支払いが99円(税込)以下の場合でも、月の利用料金が100円(税込)以上であればポイントが付与されていました。

しかし、2023年11月分の請求から適用される計算方法の場合は、1回の支払い金額ごとにポイントが付与されるため、99円(税込)以下の支払いではポイントが付与されません。

たとえば、以前の計算方法であれば、99円(税込)の買い物を月に4回した場合、396円(税込)に対して3ポイント付与されます。

しかし、2023年11月の請求分からは、何度99円(税込)以下の支払いをしても、100円(税込)に満たない場合はポイントが付与されない仕組みです

こまめに楽天カードで支払いする方の場合、還元率の低下が予想されます。

公共料金の支払い還元率が減少

楽天カードは、2021年6月分以降の請求において、公共料金の支払いに対するポイント還元率を引き下げました。

以前は電気や水道、保険料などの公共料金を楽天カードで支払った場合、1.0%の還元率でポイントが付与されていましたが、2021年6月以降は0.2%の還元率となります。

0.2%の還元率に引き下げられた公共料金の一例は、次のとおりです。

  • 東京電力エナジーパートナー
  • 東京ガス
  • 東京都水道局
  • 自動車税
  • 住民税

地方の電力会社やガス会社も対象であり、多くの方が影響を受けました。

楽天カードで公共料金を支払い、ポイントを多く貯めようと思っている方は、他の還元率が高いクレジットカードの利用を検討しましょう

楽天カードを解約する前に確認すべきポイント

楽天カードが使いにくいと感じて、解約を考えている方も多いかもしれません。

しかし、すぐに解約するのではなく、次のポイントを確認してから行動に移しましょう

  • 公共料金などの支払い方法の変更
  • ETCカードや家族カードも利用できなくなる
  • 楽天会員はそのまま残しておく
  • 乗り換えではなく切り替えや2枚持ちの検討

順番に解説します。

公共料金等の支払い方法の変更

楽天カードを公共料金などの支払いに設定している場合は、解約する前に他の支払い方法に変更しましょう。

変更せずに解約すると、支払いの延滞につながり、最悪の場合信用情報に傷がつきます

信用情報に傷がつくと、クレジットカードやローンの審査に通過できなくなります。

非常に不便な思いをするため、楽天カードを解約する前に他のクレジットカードに変更したり、振込で対応したりしてください。

ETCカードや家族カードも利用できなくなる

楽天カードを解約すると、ETCカードや家族カードも利用できなくなります。

ETCカードの利用が停止されていることに気づかずに高速道路を利用すると、入り口のバーが上がらずに事故を起こす可能性があるかもしれません。

事故を避けるためにも、解約する前に他のクレジットカードのETCに切り替えましょう。

また、楽天カードを解約すると、家族カードも利用できなくなります。

買い物で利用している方は早めに他のクレジットカードの家族カードに切り替え、スムーズに支払えるように準備しましょう。

クレジットカードによっては、ETCカードや家族カードの発行まで時間がかかる場合もあるため、できるだけ早めに申し込みをしてください

あわせて読みたい
おすすめの家族カード15選を目的別に紹介!夫婦や家族で利用するメリット・選び方や活用方法も解説 家族カードとは、クレジットカードの利用者の家族が利用できる追加カードのことです。 また、年会費を抑えて本カードと同じようなサービスや特典が受けられるため、お得...

楽天会員はそのまま残しておく

楽天カードを解約する際は、楽天会員まで解約する必要はありません。

楽天会員を解約すると、保有している楽天ポイントがすべて失効します。

反対に、楽天会員を解約しなければポイントは残るため、普段の買い物や楽天サービスで有効活用できます。

保有している楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルなどのサービスで利用してみてください

乗り換えではなく切り替えや2枚持ちの検討

楽天カードからの乗り換えを検討している方は、切り替えや2枚持ちの選択も検討しましょう。

年会費無料の楽天カードを解約せずに手元に残しても、維持費はかかりません。

解約せずに他のクレジットカードに切り替えたり、新たなクレジットカードを発行したりした方が、手間を削減できるためおすすめです

今後サービスが改善される可能性もあるため、年会費がかからない楽天カードの場合は所持し続けることも検討してください。

あわせて読みたい
楽天カードの2枚目を発行するとお得?メリット・デメリットから最新キャンペーンまで徹底解説 記事のまとめ ■楽天カードの2枚目は、さまざまな国際ブランドの利用やポイント合算が便利! ただし、2枚目の場合は新規入会キャンペーン対象外になるなどの注意点も! ...

楽天カードからの乗り換え先におすすめのカード5選

ここでは、楽天カードの解約を検討している方におすすめの乗り換え先を紹介します。

5枚のクレジットカードの特徴を解説するので、自身に最適なクレジットカードに乗り換えて、お得に買い物を楽しみましょう

JCB CARD W

JCBカードW
出典:JCBカードW
こんな方におすすめ!
  • メインカードがほしい
  • Amazonでよく買い物する
  • カードを紛失したことがある
年会費無料
国際ブランドJCB
ポイント還元率1.00%~10.50%
申し込み対象18歳〜39歳
※最大還元率はJCB PREMOに交換した場合
メリット
年会費は永年無料
最大21倍の高還元率
安心のナンバーレス
デメリット
クレカ積立に非対応
ブランドがJCBのみ

40歳以上は申込み不可

JCB CARD Wは、還元率が高く、ポイントの貯めやすさを重視している方に人気のクレジットカードです。

年会費はかからず、無料で発行できます。

基本は1,000円(税込)で1ポイント貯まり、1ポイント約5円の価値があるため、還元率は約0.5%です。

しかし、JCB CARD Wは常にポイントが2倍貯まり、約1.0%の還元率で買い物できます。

さらに、対象のパートナー店で利用する場合は、最大21倍のポイントが付与されるため、非常にお得です。

セブンイレブンやAmazonなどの多くの方が利用する店舗、サービスが対象です。

自身が頻繁に利用する店やサービスが対象の場合は、積極的に発行を検討しましょう

また、JCB CARD Wは番号なしタイプか番号ありタイプを選べる点も特徴です。

ナンバーレスタイプであれば、紛失しても悪用される可能性が低いため、セキュリティを強化したい方はナンバーレスのJCB CARD Wを発行しましょう。

あわせて読みたい
JCBカードWのメリット・デメリットを徹底解説!おすすめの方や申し込み方法も紹介 JCBカードWは、日本発祥のブランドであるJCBが提供するクレジットカードです。 年会費が永年無料で、最短5分でカード発行が可能なだけでなくポイント還元率が高いため人...

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
こんな方におすすめ!
  • コンビニ利用・外食がメイン
  • クレカの不正利用が心配
  • 投資運用でポイントを貯めたい
年会費無料
国際ブランドMastercard
VISA
ポイント還元率0.5%〜7.0%
申し込み対象18歳〜
メリット
対象コンビニ・飲食店は最大7%還元
安心安全のナンバーレス
NISAでVポイント還元
デメリット
基本還元率は0.5%と平均的
旅行保険はカード決済後の利用付帯
スマホアプリが必須

三井住友カード(NL)は、年会費無料で発行できるナンバーレスタイプのクレジットカードです。

券面にカード番号が記載されておらず、第三者に悪用されにくいのみでなく、スタイリッシュな印象も周囲に与えられます。

200円(税込)につき1ポイント付与されるため、基本の還元率は0.5%です。

しかし、スマートフォンのタッチ決済を利用すると最大7.0%還元されます。

キャッシュレス決済に抵抗がない方であれば、効率的にポイントを貯められるでしょう。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯している点も特徴です。

楽天カードと同等の補償内容のため、海外旅行を頻繁に楽しむ方も安心できます。

普段から還元率が高まる店舗で買い物する方や、ポイントを効率的に貯められるクレジットカードを探している方は、三井住友カード(NL)を検討してみてください

三井住友カード(NL) を利用する際は、カードや銀行口座の管理がカンタンになる金融サービス「Olive」への申し込みもおすすめです。

リクルートカード

リクルートカード
こんな方におすすめ!
  • 高還元率のメインカードが欲しい
  • お得に旅行を楽しみたい
  • ポイント利用で悩みがち
年会費無料
国際ブランドJCB
Mastercard
VISA
ポイント還元率1.2%〜4.2%
申し込み対象18歳〜
メリット
いつでも1.2%の高還元率
じゃらんnetで還元率UP
Ponta、dポイントと互換性あり
デメリット
ポイント期限が短め
保険が自動付帯しない
ポイントアップ対象が少ない

リクルートカードは、年会費無料ではあるものの、常に1.2%の高還元率で買い物できるクレジットカードです。

買い物のみでなく、電気やガスなどの公共料金の支払いでも1.2%のポイントが付与されるため、楽天カードを公共料金の支払い先に設定している方は乗り換えが非常にお得です。

また、リクルートカードをリクルートが提供しているポイント参画サービスで利用する場合は、還元率が最大4.2%にアップします。

そのため、ホットペッパービューティーやじゃらんなどをよく利用する方におすすめです。

基本の還元率が高いクレジットカードを探している方は、リクルートカードを選びましょう

ライフカード

ライフカード
こんな方におすすめ!
  • 買い物はネットショッピングが中心
  • 誕生日くらいは贅沢したい
  • 還元ポイントを有効活用したい
年会費無料
国際ブランドJCB
Mastercard
VISA
ポイント還元率0.5%~1.5%
申し込み対象18歳〜
メリット
人気ECショップも最大25倍還元
誕生月はポイント3倍
家電・食品などポイント交換先が充実
デメリット
旅行傷害保険が付帯しない
ポイント交換手続きが必要

通常月の還元率は0.5%

ライフカードは、年会費無料で発行できるクレジットカードです。

ポイントの交換先が幅広く、交換する内容によって還元率は大きく異なります。

初年度はポイントの還元率が1.5倍、、誕生月は3倍になるため、時期によってポイントを貯めやすいクレジットカードです。

また、ステージ制のポイントプログラムを提供している点も特徴です。最初は1倍ですが、利用金額に応じて1.5倍や1.8倍にアップします。

さらに、学生専用カードも発行しています。

海外での利用料金の3.0%をキャッシュバック、海外旅行傷害保険の自動付帯などの特徴があるため、学生の方はぜひ発行してみてください

あわせて読みたい
ライフカードのメリット・デメリットとは?口コミや評判も解説 ライフカードは、年会費無料で利用できるクレジットカードです。 ライフカードの使い勝手やポイントの貯まりやすさ、利用者の評判が気になる方もいるでしょう。 そこで...
あわせて読みたい
ライフカードの審査基準や難易度は?落ちる原因やクレジットカード発行に要する時間を解説 ライフカードは年会費が無料であり、便利で人気のクレジットカードです。 ライフカードの発行を検討している方のなかには「審査に通るためのポイントは何か」「落ちる理...

エポスカード

エポスカード
こんな方におすすめ!
  • 資産形成に興味がある
  • 現金支払いが面倒
  • 家計簿をつけている
年会費無料
国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%
申し込み対象18歳〜
メリット
ポイント投資・カード積み立て対応
8種類のキャッシュレスが設定可能
アプリでカード明細がすぐわかる
デメリット
還元率が低い
ポイントは2年間の有効期限つき
家族カードは作成できない

エポスカードは、年会費無料で最短即日発行できるクレジットカードです。

一般的なクレジットカードは、手元に届くまで早くても数日ほどかかりますが、エポスカードはエポスカードセンターで受け取ると最短即日発行できます。

そのため、急いでクレジットカードを発行したい方におすすめです。

基本のポイント還元率は0.5%に設定されており、200円につき1ポイント貯まります。

しかし、エポスカードが提供しているエポスポイントUPサイトを経由して買い物すると、2〜30倍のポイントが付与され、非常にお得です。

さらに、エポスカードは1万以上の店舗で優待が受けられます。

すぐにクレジットカードを発行したい方や優待を活用したい方などは、エポスカードを利用してみましょう

あわせて読みたい
エポスカードはどんなカード?ポイント還元やメリット・デメリットについて徹底解説 年会費無料のクレジットカードを発行したいものの、クレジットカードの種類が多くどうすればよいか困る方もいる方もいるでしょう。 今回紹介するエポスカードは、年会費...
あわせて読みたい
エポスカードでキャッシングを利用する方法は?限度額の増額や返済方法も解説 マルイの店舗で即日発行ができるエポスカードは、発行後すぐにキャッシング機能を利用できるクレジットカードです。 お金を借りたい方のなかには「エポスカードのキャッ...

楽天カードから他カードへ乗り換える方法

楽天カードから他のクレジットカードに乗り換える手順は、上記のとおりです。

順番に解説します

1:乗り換え先カードの申し込み

まずは、楽天カードから乗り換えるクレジットカードを選びましょう。

還元率や付帯サービス、特典などを比較して、お得に利用できるクレジットカードを選んでみてください。

自身に最適なクレジットカードが見つかったら、公式サイトにアクセスし、申し込みをおこないましょう

2:継続料金支払いの切り替え

申し込みが完了したら、楽天カードで契約しているサービスの支払い方法を、新しいクレジットカードや振込などに変更しましょう。

たとえば、電気やガス、水道、インターネット回線などの料金を楽天カードで支払っている場合です。

そのままにしていると、支払が完了せず料金が未納になり、最悪の場合信用情報に傷がつきます。

信用情報に傷がつくと今後の生活に支障が出るため、確実に切り替えましょう

3:楽天カードの最終請求額を確認

申し込みが完了したら、楽天カードの最終請求額も確認してください。

最終請求額の支払いが完了した時点での解約になります。

4:楽天カードの解約

最後に、楽天カードを解約しましょう。

解約する際は、チャットサポートや楽天カードコンタクトセンターに連絡する必要があります

それぞれの営業時間や電話番号、Webページをまとめると、次のとおりです。

スクロールできます
電話番号、Webページ営業時間
チャットサポート楽天e-NAVI9:30~17:30
(12月31日〜1月3日を除く)
楽天カードコンタクトセンター0570-66-69109:30~17:30

楽天カードコンタクトセンターから解約する際は、10:00〜11:00か15:30〜17:30の時間帯がつながりやすいため、解約時の参考にしてください。

楽天カードの乗り換えに関するよくある質問

ここでは、楽天カードの乗り換えに関するよくある質問に回答します

楽天ポイントは解約した後も利用できる?

楽天ポイントは、楽天カードを解約したあとも利用できます。

ただし楽天会員を解約すると楽天ポイントが失効するため、間違えて解約しないようにしましょう

楽天カードを解約せずに保持するメリットは?

楽天カードを解約せずに保持していると、楽天市場での買い物でいつでもポイントが2倍付与されます。

また、海外旅行保険が無料で付帯しているため、海外旅行する際に利用すると、万が一の際も安心です

あわせて読みたい
PayPay経済圏と楽天経済圏のどっちがいいの?メリットやデメリットを紹介 普段の生活の中でポイントを活用しながらショッピングやレジャーなどを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。 現在、国内ではPayPay経済圏と楽天経済圏が人気です...

まとめ

今回は、楽天カードが改悪といわれている原因や解約する前に確認すべきポイント、乗り換え方法などを解説しました。

楽天カードは、ポイント獲得上限が減少したり、ポイント計算方法が変更されて実質的な還元率の低下につながったりした結果、解約を検討する方が増加すると推測されています。

サービスの変更により楽天カードを解約する予定の方は、お得に利用できるクレジットカードを選び直しましょう。

乗り換えるクレジットカードを選ぶ際は、ポイントの還元率や年会費、付帯サービスなどを比較してください

とくにおすすめなのは、年会費無料でポイント還元率アップの特典があるJCB CARD W、楽天カードと同様に旅行傷害保険が付帯している三井住友カード(NL) などです。

1から選ぶのは面倒と感じる方は、記事内で紹介しているクレジットカードの中から自身に最適なものを選んでみてください。

<参考>
楽天カード
JCB カード W
三井住友カード

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトにはプロモーション広告を含みます。なお、掲載されている広告の概要や評価等は事実に反して優遇されることはありません。
※マネーの庭では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

目次